キッチンの掃除にキッチンハイターを使ってもいいの?注意点もご紹介

「中性洗剤や重曹を使って掃除しても、黒いカビやしつこい汚れが全然落ちない……」なんてこともありますよね。

特に汚れがひどくなりやすい排水溝やシンクなどの掃除には、苦労している人も多いのでは。

どうしても落とせないカビや汚れには、キッチンハイターを使ってみましょう。ただし、どこにでも使えるわけではないので注意が必要です。

今回はキッチンハイターでの掃除方法や、使う場合の注意点についてご説明しますね。

キッチンハイターでのキッチン掃除方法1:排水溝

排水溝があまりにも汚れていると、よく紹介される重曹やクエン酸を使ったナチュラルな掃除方法では手に負えないこともありますよね。

そういった場合にはキッチンハイターを使いましょう。

殺菌消毒する力がとても強いため、ぬめりを出す雑菌やカビを根こそぎ退治することができますよ。

排水溝の掃除方法
  1. ゴム手袋をつける。
  2. 排水溝のフタをあけて、ゴミ受けに入っているものを捨てる。
  3. ゴミ受け、ワントラップを外してビニール袋などに入れる。
  4. 泡タイプのキッチンハイターを3にかける。
  5. 排水溝にもキッチンハイターをまんべんなく吹きかけておく。
  6. 5分放置する。
  7. 水でしっかりすすぎ、汚れが気になるところはスポンジや古歯ブラシでこすり落とす。
  8. パーツを元に戻して完了。

三角コーナーがある場合は、3の中に一緒に入れて掃除することも可能です。

これ以上長い時間放置すると、金属が変色することもあるので注意してください。

キッチンハイターでのキッチン掃除方法2:シンク

シンクの掃除にもキッチンハイターを使うことができます。

使い方はとても簡単。泡タイプのキッチンハイターをシンクへ吹きつけたら、5分間おいて洗い流すだけです。

特に他の洗剤ではなかなか落とせない、黒カビが発生した場合などにオススメです。

ただし強力なアルカリ性の漂白剤なので、気をつけたい点もあります。

注意点
  • 泡タイプを使うこと
  • アルミ製の場合は絶対に使わない
  • 長時間放置しすぎないこと

泡タイプのキッチンハイターはシンクへ使うことを前提に作られていますが、液体タイプは想定されていません。

成分は同じですが、濃度などが違うと考えられます。ステンレスが変色するリスクを考えると泡タイプがオススメです。

また、アルミ製のシンクに使うと黒ずんで汚くなります。

ステンレス製に対して使う場合でも、つけ置きする時間を守らないと変色する可能性が。

つい、「長時間置いたほうがキレイになるのでは?」と数時間放置したくなりますが、むしろ逆効果になるので絶対にやめましょう。

キッチンハイターでのキッチン掃除方法3:換気扇

キッチンハイターを使うと、換気扇の油汚れも落とすことができます。取り外せるパーツに泡タイプをスプレーして使いましょう。

ただし、換気扇のパーツがステンレス製以外の場合には使えません。

特に換気扇のフィルターはアルミ素材で作られていることが多いです。知らずにかけてしまうと、黒く変色してしまいます。

中性洗剤や、弱アルカリ性の重曹を使って掃除する方が安心です。

どうしてもキッチンハイターを使いたい場合は、取扱説明書で素材を確認するか、目立たない場所で試してから使うと良いでしょう。

キッチンハイターでのキッチン掃除方法4:ゴムパッキン

ゴムパッキンにカビが生えた場合、キッチンハイターと片栗粉を使った掃除方法がオススメです。

ゴムパッキンの掃除方法
  1. ゴム手袋をつける。
  2. 片栗粉とキッチンハイターを同じ量ずつ混ぜてペーストを作る。
  3. わりばしでペーストを取って、ゴムパッキンの上に乗せる。
  4. 5分経過したら水でしっかり洗い流す。

ペースト状にすることで、狙った場所だけに効果を出すことができます。

もし余ったら、キッチンだけでなく浴室などのゴムパッキンにも使えます。

キッチンハイターを使う注意点とは

キッチンハイターを使う場合は、次のようなことに気をつけてください。

注意点
  • 絶対に他の洗剤(特に酸性の洗剤)と混ぜない
  • ゴム手袋をつけてから使う
  • ステンレス以外の金属に対して使わない
  • 長時間放置しない
  • 窓を開けるか換気扇を回しておく

アルカリ性の漂白剤なので、酸性の洗剤と混ぜると有害なガスが発生します。

混ぜるつもりがなくても、すすぎ残しがあると知らないうちに混ざる可能性があるので危険です。死亡事故も起きているので、注意してくださいね。

また、キッチンハイターは非常に強いアルカリ性の性質を持っています。ゴム手袋をつけないと手荒れしますし、素材によっては使用できないことも多いです。

しつこい汚れを落とす場合でも、決められた時間以上放置すると素材が劣化しやすいです。

刺激臭があるため、使用時には窓を開けないと気分が悪くなることがあります。換気扇を回しながら反対側にある窓を開けると、空気がうまく循環するのでオススメです。

まとめ:キッチンハイターはキッチン掃除の最終兵器として使える!

例えばカビが生えた排水溝やシンクを掃除する場合には、キッチンハイターを使うのが便利です。

ただしステンレス製以外の金属に使うと、黒ずみが発生するなどむしろ逆効果になることも。

また、長時間放置しすぎると素材が劣化したり、変色したりする可能性が高いです。

使える素材かどうかを確認して決められた時間を守って使えば、他の洗剤では歯が立たないような汚れもキレイに落とせます。上手に活用してくださいね。