キッチンの油汚れの落とし方をご紹介!場所や素材で方法は変わる!?

調理中に出てくる水蒸気には油が混じるため、キッチンはとても汚れやすい場所です。

特にガスコンロや換気扇、壁、床、電子レンジは油汚れがこびりついて困りますよね。

力を入れてゴシゴシこすり落とすこともできますが、実はもっと簡単に落とせる方法があるんですよ。

今回は油汚れの落とし方や、洗剤としてよく使われる重曹とセスキ炭酸ソーダの違いについてご紹介しますね。

キッチンの油汚れの落とし方1:ついたばかりの油汚れ

ついたばかりの油汚れに対しては、中性洗剤を使うのがオススメです。

どこについたかによって対処方法が違うので、それぞれご説明しますね。

1.ガスコンロの五徳や鍋、換気扇のパーツなど小さなもの

ガスコンロのごとくや換気扇のパーツなど、簡単に取り外しができるもの。また、鍋ややかんのように小さいものは、中性洗剤をつけたスポンジで丸洗いしましょう。

お皿を洗うのと同じようにシンクで洗えば問題ありません。その後、水洗いしてからしっかり乾かします。

落ちにくい場合は、熱湯につけて汚れをふやかすのもオススメです。

2.壁

ついたばかりの油汚れなら、水と少しの中性洗剤を混ぜて固く絞った布で拭き取れば十分です。

それで効果がなければ、キッチンペーパーに薄めた台所用中性洗剤をつけてパックをしましょう。

中性洗剤でパックする方法
  1. 200mlの水に台所用中性洗剤を1滴混ぜる。
  2. キッチンペーパーに1をつけて汚れたところに貼り付ける。
  3. 5分ほど放置する。
  4. 汚れを歯ブラシやスポンジなどでこする。
  5. 水拭きして洗剤を落としたら、乾拭きして仕上げる。

中性洗剤の量を増やすと泡立ちが良くなりすぎて、かえって掃除が大変になるので注意しましょう。

壁の素材がアルミや光沢があるステンレス以外なら、メラミンスポンジでこすり落とすこともできますよ。

3.床

無垢フローリングやコルクの床の場合は、水洗いや中性洗剤の使用はあまりオススメできません。

なるべく乾拭きだけで済ませましょう。

複合フローリングやタイル、フロアタイルなどの場合は、薄めた中性洗剤を固く絞った布で掃除できます。

仕上げに水拭きと乾拭きをして、床に洗剤を残さないようにしてくださいね。

4.電子レンジ

電子レンジのような家電の場合、水で濡らしすぎると故障しますよね。

使い終わったら毎回、乾いた布で水滴を拭き取りましょう。油汚れが気になったら、中性洗剤を薄めて固く絞った布を使ってください。

それでもキレイにならない場合、重曹の蒸気を使った掃除方法がオススメです。

重曹の蒸気を使った掃除方法
  1. レンジで使用できる容器に水200mlと重曹小さじ2を入れて混ぜる。
  2. 600Wで2〜3分加熱して、水蒸気を出す。
  3. そのまま1時間待つ。
  4. 1時間たったら1の水を布にひたして固く絞り、レンジの中を拭く。
  5. 水拭きをして仕上げる。

油汚れは基本的に酸性の汚れです。アルカリ性の性質を持つ重曹を使うことで反応が起こり、石けんができるためキレイになります。

キッチンの油汚れの落とし方2:ガンコにこびりついている場合

中性洗剤では取れないほどガンコにこびりついた油汚れは、どうやって落とせば良いのでしょうか。

それぞれ場所ごとに分かりやすくご紹介しますね。

1.ガスコンロの五徳や鍋、換気扇のパーツなど小さなもの

アルミ製や銅製以外の小さなパーツ類は、重曹水に漬け込むのが効果的です。

重曹水を使った掃除方法
  1. 大きな桶かビニール袋の中に、40℃程度のぬるま湯を入れる。
  2. ぬるま湯1リットルあたり、重曹を大さじ3入れる。
  3. キレイにしたいパーツを入れて、30分放置する。
  4. 古歯ブラシやスポンジでこすり落としたら、水拭きして乾かす。

これでも落とせない場合は、水と重曹を大きな鍋に入れて10分間煮込むのも効果的です。

高温にすることでアルカリ性が強くなり、炭酸ガスの泡が激しく発生します。

2つの効果で汚れを落とす力が増加するため、よりキレイにすることができます。

2.壁・レンジフード・電子レンジ

壁やレンジフードのように傾斜がある場所や、電子レンジなどあまり濡らしたくない場所には、重曹ペーストを使った方法がオススメです。

重曹ペーストを使った掃除方法
  1. 重曹3:水1の割合で混ぜて、ドロドロのペーストを作る。
  2. 壁やレンジフードの汚れが気になるところに塗って、5分おく。
  3. やわらかい布やスポンジ、歯ブラシなどでこする。
  4. 水拭きをしてペーストを落とす。
  5. 乾拭きをして仕上げる。

ペーストなら傾斜があっても貼りつくので、しっかり汚れを浮かせることができます。

重曹には軽い研磨効果もあるので、油分が固まっていてもこすり落とすことが可能です。

3.床

複合フローリングやタイルなどの場合、重曹スプレーを使った拭き掃除ができます。

水200mlに対して、重曹小さじ0.5の割合がオススメです。

サッとスプレーを吹きかけてから、雑巾で拭きましょう。その後スプレーが残らないように水拭きしてから、乾拭きして仕上げれば完了です。

複合フローリングの場合、これ以上重曹を増やすとワックスが剥がれやすくなります。ワックスが剥がれると塗り直すことになるので注意しましょう。

耐久性の高いタイルなら、スチームクリーナーや重曹ペーストを使った掃除も可能です。

キッチンの油汚れの落とし方3:アルミ・人工大理石などの素材

アルミや大理石などの素材を掃除する場合、重曹は使用できません。

アルミの場合は黒ずみが発生します。人工大理石の場合、酸やアルカリに弱いため素材が痛む可能性があります。

水拭きや中性洗剤で汚れを落としましょう。

キッチンの油汚れに重曹・セスキ炭酸ソーダどちらを使う?

重曹もセスキ炭酸ソーダも同じアルカリ性の性質を持っています。つまり、酸性の性質がある油汚れにはどちらも効果的です。

それぞれの違いは次のようなものです。

重曹 セスキ炭酸ソーダ
アルカリ性 弱め 強め
研磨効果 あり なし

重曹はアルカリ性は弱めですが、研磨効果があります。

そのため、レンジフードや五徳にこびりついた油汚れも落としやすいです。

セスキ炭酸ソーダはアルカリ性が強いので、油汚れを浮かせる力は強いです。しかし研磨効果はないのでこすり落とすことはできません。

水に溶けやすいため、電子レンジやコンロなどにスプレーして使いやすいです。手荒れしやすいので、使うときは必ずゴム手袋をつけてくださいね。

まとめ:キッチンの油汚れは中性洗剤や重曹で落とす!

キッチンには油汚れがつきやすい場所がいくつもあります。場所によってそれぞれ適切な掃除方法が違うので、前もって知っておくことが重要です。

基本的には簡単に落ちそうなら中性洗剤、ガンコな汚れには重曹がオススメです。

ただしアルミや人工大理石には重曹は使えないので注意しましょう。

セスキ炭酸ソーダを使っても同様の効果がありますが、研磨効果がないことと、アルカリ性が強い点は覚えておいてくださいね。