革靴の洗濯におすすめの宅配クリーニング業者ランキング&洗濯のコツ!

あまり知られていないのかもしれませんが、意外と革靴のクリーニングのニーズが高いです。

家で革靴を洗うと色落ちや型崩れの恐れがあるので、お手入れの時は、注意しなければいけません。

お気に入りの革靴をできるだけ長く履き続けていきたいからこそ、クリーニングを利用する人が多いのですね。

だからなのか、宅配クリーニングの中にも、靴専門コースを用意している業者が増えています。

しかし、気になるのが費用やクリーニングの質ですね。

そこで今回は、革靴の宅配クリーニング業者を選ぶポイントと家での洗い方やお手入れのコツなどをご紹介します。

革靴の宅配クリーニング業者選びのポイント!

せっかくの革靴も、汚れが目立ってくると汚らしく見えてしまうので台無しです。
価値があるデリケートな革靴だからこそ、プロの手で美しく仕上げてくれる宅配クリーニングを利用するべきです。

革靴の宅配クリーニング業者を選ぶときのポイントは、3つあります。

  1. 靴のクリーニングがある業者
  2. オプションサービスが充実した業者
  3. 保管サービスが充実している業者

革靴のクリーニングを頼む場合は、靴専門のクリーニングを行っている宅配クリーニング業者の方がおすすめです。

また、革靴には撥水加工などのオプション加工がおすすめなので、オプションサービスのチェックしておきましょう。

さらに、革靴を保管したい場合は保管サービスのチェックしておくとよいですね。

それでは、3つのポイントを詳しくお話ししていきます。

靴のクリーニングがある

宅配クリーニング業者の公式サイトを見ると、靴のクリーニングの受付をしている業者が意外に少ないことに気づくでしょう。

革靴や靴のクリーニングの利用者が増えているものの、一般の衣類と比較すると利用者が少ないので、現状としては靴専門のクリーニングがまだまだ少ないです。

そのため、革靴の宅配クリーニング業者選びをするときは、まず、靴のクリーニングコースがあるかを確認する必要があります。

靴専門のクリーニングコースを用意している宅配クリーニング業者では、次のようなこだわりを持って、革靴のクリーニングを行っています。

  • これまでの靴磨きのように布で汚れを拭き取るだけのクリーニングではない
  • 天然水と同じくらい、もしくはそれよりもきれいな水を使ってクリーニングを実施
  • 革専用の洗剤を使って革靴を美しく蘇らせるクリーニング
  • 通常のクリーニングよりも時間をかけてじっくり磨き上げる
  • カビや雑菌対策も万全

革靴のクリーニングは通常のクリーニングよりも料金が高めですが、このようなこだわりを持って行われているため、仕上がりのクオリティーがかなり高いです。

オプションサービス内容が充実している

例えば、次のようなオプション加工を革靴に施すことで、さらに美しさを保つことができます。

革靴のクリーニングにおすすめなオプション加工は、次の3つです。

撥水加工

革靴に撥水加工をしておくと、傷みを防止できます。
革靴は、水濡れや泥などによってシミがつきやすいです。
それを防いでくれるのが、撥水加工なのですね。

宅配クリーニング業者の撥水加工は、革靴の表面に水を弾く成分でコーティングする方法で行われます。

注意
撥水加工の効果の持続期間は半年程度です。使用しているうちに少しずつ効果が落ちてくるので、定期的に撥水加工をするのがおすすめです。また、防水ではないので、例えば大雨の日に履いていると、革靴に水が染み込んでくることがあります。

除菌・消臭加工

雑菌は、湿度と温度が高いところに繁殖しやすいです。
家の中は汗で蒸れやすく、体温によって温度も上がるので雑菌が繁殖しやすいです。
だからこそ、宅配クリーニング業者の除菌・消臭加工がおすすめです。

業者それぞれに除菌や消臭加工方法が違い、こだわりを持って行われています。

例えば、特殊室で24時間程度かけて、除菌をする業者もあります。

雑菌の繁殖率が高くなってくると臭いも発生するので、除菌・消臭加工は臭い防止にも最適です。

防カビ加工

革靴は、雑菌だけではなくカビにも気をつけなければいけません。

カビが好むのは、高温で多湿、汚れが多い場所なので、革靴をはじめ、靴にはカビが生えやすいのです。

靴を収納している下駄箱も、高温で多湿、汚れが多い場所なのでカビが発生しやすいです。

そのため、カビを防止するためには、除湿剤を置いたりなどの対策をしなければいけません。

宅配クリーニング業者の防カビ加工を利用すれば、いつも通り、下駄箱に革靴を置いておいても、カビが生えにくくなります。

保管サービス内容が充実している

ほとんどの宅配クリーニング業者には、保管サービスが用意されています。

革靴を家で保管すると、カビや雑菌の繁殖に気を使わなければいけないので大変です。

また、保管方法によっては型崩れすることもあるので、それなりにコツも必要なのです。

宅配クリーニング業者の保管サービスを利用すれば、お気に入りの革靴を美しいままで保管してもらえるから便利ですよ!

もちろん、雑菌やカビの繁殖、型崩れの心配もありません。

革靴の宅配クリーニング業者選びの際には、ぜひ、保管サービスの有無や内容をチェックしてみてくださいね。

MEMO
月額300円程度の会員になることで、リーズナブルな料金による保管サービス利用ができる宅配クリーニング業者もあります。それぞれの利用方法に合わせてお得な保管サービスを選びましょう。

革靴の宅配クリーニング業者を比較!

宅配クリーニング業者は年々増えているので、選ぶのが大変ですね。

そこで、先程ご紹介した3つのポイントを基準に、人気の宅配クリーニング業者を比較してみたいと思います。

【靴のクリーニングがある】 【オプションサービスが充実】 【保管サービスの充実】
リネット 二重丸 二重丸 丸
クリラボ 丸 丸 二重丸
リナビス 二重丸 丸 二重丸
せんたく便 二重丸 丸 丸
白洋舎 らくらく宅配便 丸 二重丸 丸
デリウォッシュ バツ 丸 三角
クリーニングラボ バツ 丸 丸
クリコム バツ 三角 丸
美服パック 三角 丸 丸
ココデカウ バツ 丸 三角

このように比較表で見てみると、靴のクリーニングを受け付けている業者がまだまだ少ないことに気づくでしょう。

また、オプション加工メニューの充実や保管サービスの内容もポイントなので、この比較表を参考にしていただけるとうれしいです。

それでは次からは、この比較表で評価が高かった3つの宅配クリーニング業者の特徴やメリットを詳しくご紹介していきます。

革靴の宅配クリーニングおすすめ業者ランキング!

1位:リネット

リネット
ポイント
  1. 革に栄養を与える革専用洗剤での徹底クリーニング
  2. 1点ずつ手洗いで職人が優しく丁寧に洗いあげる
  3. 天然水よりもキレイな水で丸洗い
  4. 消臭、除菌、汚れ落ち率96%以上の評価
  5. 特殊室で時間をかけて除菌、消臭
CHECK
リネットは、革に栄養を与える革専用洗剤の使用や天然水よりもキレイな水で丸洗いなど、革靴に適したクリーニングを徹底しています。公的機関からも消臭、除菌、汚れ落ち率96%以上と評価されるほど、クリーニングの質が高い業者です。
リネットの評価
靴のクリーニングがある
(5.0)
オプションサービスの充実
(4.5)
保管サービスの充実
(5.0)
総合評価
(5.0)

2位:せんたく便


ポイント
  1. 靴専用のクリーニングありで保管サービス付き
  2. 革に十分な栄養を与える洗剤でダメージを軽減
  3. 職人が1点ずつチェックをしながら革靴に最適な方法を見出す
  4. 革靴以外にもビジネスシューズ、パンプスなどの靴クリーニングに対応
  5. 最短5営業日で仕上がり、指定の専用ボックスに届く
CHECK
せんたく便は、靴専用のクリーニングコースや保管サービスなどが充実しています。革靴以外にもビジネスシューズ、パンプスなどの靴クリーニングに対応しており、仕上がりは最短5営業日とスピーディーなのも魅力です。
せんたく便の評価
靴のクリーニングがある
(5.0)
オプションサービスの充実
(4.5)
保管サービスの充実
(4.5)
総合評価
(4.5)

3位:リナビス

リナビス
ポイント
  1. 1ヶ月程度かけて丁寧にクリーニング
  2. ブランド物の靴のクリーニングも可能
  3. 会員対象の靴クリーニングコースを実施
  4. リピート割引で利用するほど料金が安い
  5. 送料無料でクリーニング料金のみ
CHECK
リナビスは、会員対象の靴クリーニングコースで1ヶ月程度かけて洗い上げるなど、革靴のクリーニングにこだわりを持つ業者です。受付数も限定しており、ブランド物の靴のクリーニングも行っているので、上質な靴クリーニングに自信を持っています。
リナビスの評価
靴のクリーニングがある
(5.0)
オプションサービスの充実
(4.5)
保管サービスの充実
(4.5)
総合評価
(4.5)

革靴の宅配クリーニング業者の料金相場!

革靴の洗濯を宅配クリーニングで行う際にの料金相場を知っておくと、宅配クリーニング業者選びがスムーズになります。

そこで参考のために、まずは先ほどご紹介した3つの業者の革靴のクリーニング料金を見ていきます。

料金
リネット 2足パックで1足あたり6480円〜、3足パックで1足あたり5980円〜、4足パック以上で1足あたり4980円〜、1足のみは6980円〜
せんたく便 2足パック料金(初回)12,800円、+1足追加パック5,600円
リナビス 1足17000円

革靴の宅配クリーニングの料金を3社で比較してみると、革靴のクリーニング料金の相場は、10000円〜15000円程度です。
革靴なだけに、料金相場は少し高くなりますが、それだけ価値があるクリーニングです。
じっくり時間をかけてクリーニングを行う業者もあるため、期間なども確かめておくとよいでしょう。

革靴を洗濯するコツ!宅配クリーニングと比較すると?

革靴を洗わずに放置しておくと、独特の臭いが漂ってきませんか?

革靴を履く頻度によって、汚れの速度が違いますが、やはり定期的にお手入れをする必要があります。
しかし、革靴のクリーニングの料金は高めなので、気になるのが費用だと思います。

そこで革靴の家でのクリーニングをおすすめしたいところですが、家での洗濯にも、それなりにデメリットがあります。

ここでは、革靴を自宅で洗濯するコツをご紹介した上で、手間や仕上がりを宅配クリーニングと比較します。

革靴の手入れ方法は?

革靴は、素材自体のデリケートですが、様々なパーツが集まっているので、破損しないように注意しながら、お手入れしなければいけません。

革靴の普段のお手入れ方法は、次のとおりです。

  1. ラッシングで汚れを落とす
  2. 革靴の表面をブラッシングしてほこりや汚れを取ります。縫い目やシワの部分も丁寧にブラッシングしておきましょう。

  3. 靴専用のクリーナーを塗る
  4. 靴専用のクリーナーを専用の布に取ってから、革靴の表面に伸ばします。

  5. 布で汚れを拭き取る
  6. 布できれいに革靴の表面の汚れを取っていきます。布についた汚れが再び革靴につかないように気をつけながら、きれいな部分で汚れを落としていきましょう。

  7. シューラスタークリームを塗る
  8. 革靴と同系色のシューラスタークリームを革靴の表面に薄く伸ばします。シューラスタークリームは、革を保湿して、ひび割れなどを防ぐ光沢あるクリームです。

  9. 余分なクリームを落とす
  10. 革靴の表面をブラッシングして、余分なクリームを落とします。クリーナー専用のもので軽く磨いておくと、さらに余分なクリームを落とすことができます。

  11. 仕上げに磨きをかける
  12. 仕上げは、ナイロンストッキングなどを使って磨くと、さらに光沢が出て美しく輝きます。

革靴におすすめの洗剤と洗い方

革靴のお手入れではなく、実際に洗濯するときのおすすめの洗剤と洗い方を説明していきます。

革靴の洗濯におすすめの洗剤

革靴の洗濯におすすめの洗剤が3つあります。
求める仕上がりによって、洗剤を使い分けるとよいですね。

  • 基本は中性洗剤
  • 基本的には衣類用の中性洗剤が最適です。アルカリ性の洗剤を使うと、革が傷むので絶対に使わないようにしましょう。

  • 革靴専用の洗剤
  • 革靴を洗濯する際に心配される色落ちや伸縮を防止する成分や保湿成分が配合された革専用の洗剤もあります。
    革靴についた汚れやカビも落ちやすくなるので、洗濯が楽になります。

  • 革に栄養を与えるレザーウォッシュ
  • 革が長持ちするように栄養を与えながら洗い上げるレザーウォッシュもあります。
    除菌や消臭効果もあり、革靴を徹底的にお手入れしたい人に選ばれています。

革靴の洗い方

革靴の洗い方は、次のとおりです。

  1. 靴ひもを外して汚れを取りましょう。汚れは布やブラシで取り除きます。触ってみてベタつかない程度になったらOKです。
  2. バケツなどに40度位までのぬるま湯を張ってから、革靴を漬け込みます。長時間つけると型崩れや色落ちの原因になるので、すぐに引き上げます。
  3. 柔らかいスポンジに革靴専用の洗剤をつけて、革靴の表面と中も丁寧に洗っていきます。
  4. 洗い終わったらきれいに革靴をすすいでから、キッチンペーパーや雑巾などを使って水分を吸い取っていきます。革靴の中の水分もしっかり取り除きましょう。
  5. 革靴の水分吸収と型崩れ防止のために、丸めた新聞紙を革靴の中に入れていきます。形を整えながら入れましょう。
  6. 革靴を風通しの良い日陰で3日間程度、乾かします。新聞紙は1日に一回交換します。革靴が完全に乾いたら終了です。

革靴を重曹で水洗いして臭い対策!

掃除アイテムでもよく知られている重曹は、除菌や消臭効果もあります。

革靴の臭いが気になりだしたら、重曹を使った洗濯ですっきり洗い上げましょう。

革靴を重曹で水洗いするときに必要なアイテムは、6つあります。

用意するもの
  • 重曹
  • 洗濯洗剤
  • 革靴専用の洗剤
  • バケツ
  • スポンジ

革靴を重曹で水洗いする方法は、次の通りです。

  1. ブラシや布を使って、革靴の表面の汚れを取り除きます。
  2. バケツなどの容器で40度位までぬるま湯を入れます。重曹と洗剤を一対1の分量で入れて溶かしましょう。そこに革靴を漬け込みます。
  3. 革靴の臭いが取れたら、バケツから取り出します。スポンジを濡らして革靴専用の洗剤をつけて泡立てます。革靴の表面や中をスポンジで洗っていきましょう。
  4. 革靴についた泡が取れるまでしっかりすすぎます。
  5. 基本の洗い方と同様に、すすぎの後は新聞紙を使って乾かします。

家で革靴をお手入れしたり、洗濯したりするのは、想像以上に手間がかかります。

それだけではなく、型崩れや色落ち、カビなどにも気をつけなければいけないので、かなり大変です。

お気に入りの革靴を長持ちさせたいのなら、絶対に宅配クリーニングの利用がおすすめです。

確かに費用がかかりますが、確実に美しく仕上げてくれるので、安心できますよ。

さらに、宅配を利用したクリーニングなので、店舗クリーニングのようにお店に持っていく必要がありません。

お店への持ち込みや受け取りの手間も省けるので、そういう面でも宅配クリーニングの利用の方がメリットがあります。

革靴の宅配クリーニングのQA!

革靴を水洗いしても大丈夫ですか?

水洗いしても大丈夫ですが、長時間、水につけておくと、色落ちや型崩れの原因になります。水洗いするのなら、宅配クリーニングの利用がおすすめです。

型崩れした革靴をクリーニングに出したら、元に戻りますか?

かなりひどい型崩れでなければ、多くの両社で元通りの形にできるはずです。

革靴のクリーニングは、何日位で仕上がりますか?

業者によって違いますが、最短では5日程度、最長では1ヶ月程度が目安です。

クリーニングで革靴のカビは取れますか?

カビの度合いによります。たいていのカビはどこの業者でも落とせますが、革にかなり染み込んでいるカビは、難しいかもしれません。

革靴に撥水加工はできますか?

できます。革靴の撥水加工を依頼する人が多いです。