キッチンの換気扇を自力で掃除する方法!必ず守りたい注意点とは!?

キッチンの換気扇は、油の混じった煙などですぐベトベトに汚れます。

長く放置すると汚れが積み重なって頑固になり、手に負えない状況に。

そんな場合でも、正しい方法を知っていれば簡単に掃除することが可能です。ただし注意すべき点を守らないと、逆効果になることも。

今回はキッチンの換気扇を掃除する方法や、注意点、交換する時期などについてご説明しますね。

キッチンの換気扇の掃除方法1:プロペラ型

プロペラが回って空気を入れ替えるタイプの換気扇は、主に一戸建ての住宅に使われます。

少し音が大きくてうるさいですが、その分換気量が多いのがポイントです。

どのように掃除すればよいのか、重曹や中性洗剤を使った方法をご紹介しますね。

重曹を使った方法

アルミなどアルカリ性に弱い素材でなければ、重曹を使った方法で掃除しましょう。

油汚れは酸性の汚れなので、反対のアルカリ性で掃除すればキレイに落とせますよ。

用意するもの
・ゴム手袋
・新聞紙
・重曹
・大きな桶かゴミ袋2枚
・スポンジ
・古歯ブラシ
・ドライヤー
重曹を使ったプロペラ型の換気扇掃除
  1. ゴム手袋をつけ、床に新聞紙を敷く。
  2. 大きな桶かゴミ袋の中に40〜45℃くらいのお湯を入れ、そこに重曹1カップを入れる。
  3. 換気扇の電源を抜くか、ブレーカーを落とす。
  4. カバーやフィルターを取り外して、プロペラをむき出しにする。
  5. プロペラを片手で押さえ、反対の手で中央にあるスピンナーを回して外す。
  6. 取り外したプロペラを、2の重曹水につける。
  7. そのまま汚れが浮いてくるまで15〜30分程度放置する。
  8. 取り出してスポンジや古歯ブラシを使って汚れを落とし、水洗いする。
  9. 乾かしたら元通りに取り付ける。

外れない場合は、ドライヤーでプロペラの中央部分を3分間温めると外しやすくなります。

それでも外せないなら、潤滑油などを使って滑りやすくしましょう。

中性洗剤を使った方法

換気扇の素材がアルミ製などの場合、重曹やアルカリ性の洗剤を使うと黒ずむ恐れがあります。

そうした黒ずみを避けるためにも、中性の台所用洗剤を使って洗いましょう。

取り外すところまでは重曹と同じ手順です。

換気扇に薄めた台所用中性洗剤をかけて、汚れをこすり落とします。

汚れがこびりついている場合は、中性洗剤をつけた上からキッチンペーパーをかぶせます。そのまましばらく放置し、汚れを浮かせましょう。

キッチンの換気扇の掃除方法2:レンジフード型

レンジフード型は中にシロッコファンが入っており、ダクトという円筒を通して外へ空気を吐き出します。

プロペラ型に比べると換気量は少なめですが、その分静かでマンションのキッチンなどでよく使われます。

掃除する方法を、重曹と中性洗剤の2パターンご説明します。

重曹を使った方法

素材がアルミでない場合は、重曹を使って油汚れを落とすのがオススメです。

重曹は食品としても使われる安全性の高い洗剤なので、お子さんがいても安心して掃除できます。弱アルカリ性なので、油汚れが簡単に落とせますよ。

用意するもの
・ゴム手袋
・新聞紙
・ドライバー
・重曹
・大きな桶かゴミ袋2枚
・スポンジ
・古歯ブラシ
重曹を使ったレンジフード型換気扇の掃除
  1. ゴム手袋をつけ、床に新聞紙を敷く。
  2. 大きな桶かゴミ袋の中に40〜45℃くらいのお湯を入れ、そこに重曹1カップを入れる。
  3. 換気扇の電源を抜くか、ブレーカーを落とす。
  4. ドライバーでネジを外してフィルターを取り外す。
  5. シロッコファンの周りにある円盤(ベルマウス)についている、ネジを回して外す。
  6. 円盤の中心あるネジを手で回して外す。
  7. 落とさないようにシロッコファンを取り外す。
  8. パーツを全て2で作った重曹水につける。
  9. フィルターには重曹3:水1で作ったペーストを塗る。
  10. それぞれ汚れが浮くまで15〜30分程度放置し、その後古歯ブラシやスポンジで洗う。
  11. 水洗いしてから乾燥させたら、元通りに取り付ける。

シロッコファンを取り外す時に手を滑らせると、真下にあるコンロの天板が破損する可能性があります。

油汚れで滑りやすいので、慎重に手で支えながら取り外してくださいね。

中性洗剤を使った方法

もしアルミなどアルカリ性に弱い素材の場合、重曹を使うと黒ずみなどの原因になります。

その場合は、台所用の中性洗剤をつけて洗いましょう。

薄めた中性洗剤を塗って、キッチンペーパーなどでパックするとより効果が高まります。

ただしレンジフードはプロペラ型の換気扇に比べると汚れがつきやすく、洗うのが大変です。

中性洗剤では落ちないほど汚れている場合には、業者に掃除を依頼するのもオススメです。

キッチンの換気扇掃除の注意点

キッチンの換気扇を掃除する場合、次のようなことに注意しましょう。

換気扇掃除の注意点
  • 必ず電源を抜くかブレーカーを落とす
  • アルミ素材だと重曹は不向き
  • 金属製の素材に強アルカリ性の住宅用洗剤は使わないこと

電源やブレーカーを落とさないまま掃除すると、感電したり掃除中に換気扇が回ったりして危険です。

必ず事前に電源が入らないようにしてから掃除を始めましょう。

アルミ素材の場合は、重曹でつけおきすると黒く変色する恐れがあります。できれば中性洗剤を使う方が良いでしょう。

また、金属製の素材に対して強アルカリ性の洗剤を使うのもオススメできません。

汚れは落ちやすいですが、金属と反応して変色したりパーツが劣化したりする恐れがあります。

キッチンの換気扇を交換する時期とは

キッチンの換気扇は、10〜15年程度で交換するタイミングが訪れます。

そのくらい使っていると、換気する能力が衰えたり、突然故障して動かなくなったりします。

この頃には汚れもかなり頑固で落ちにくくなるため、交換を検討しましょう。

まとめ:キッチンの換気扇掃除は素材の見極めが重要!

キッチンの換気扇につく汚れは基本的に油汚れなので、アルカリ性の重曹を使うと汚れがよく落とせます。

ただし換気扇がアルミなどアルカリ性に弱い素材でできていると、黒ずみの原因になることも。

余計に汚れて見えることもあるので、まず取扱説明書などで素材をしっかり確認しておきましょう。

失敗するのが怖い場合や、自力で頑張っても汚れが全く落ちない場合には、掃除のプロである業者へ依頼するのもオススメです。