お風呂の鏡の曇りや水垢の掃除方法は?100円グッズや賢いやり方をご紹介!

何度磨いても、曇ったままのお風呂の鏡。

あんなにきれいだったのに、いつの間にか取れない曇りがついて、どうやって落とせばいいのか…と悩んでいる人が多いのかもしれません。

お風呂の鏡の曇りの原因や種類を理解した上で、それぞれの原因や種類に合わせた方法で掃除をすれば、簡単に曇りが取れてしまいます。

今回は、お風呂の鏡の曇りの原因や種類、掃除方法について詳しく解説していきます。

お風呂の鏡の曇りをなくす掃除方法を解説!

お風呂の鏡が曇っていると、自分の姿が映らないから不便ですよね。
洗っても洗っても曇ってしまうのは、汚れが原因で曇っているからです。

つまり、汚れを取り除かなければ、曇りをなくすことはできません。

そこで、お風呂の鏡の曇りをなくすための基礎知識として汚れの種類や仕組みについて、説明していきます。

お風呂の鏡の曇りの原因は水垢

お風呂の鏡の曇りの原因のほとんどが、水垢です。

水垢は、水道水の中に含まれるカルシウム、マグネシウムなどのミネラル成分が固まったもの。

シャワーなどで鏡に水道水が付着すると、水分が蒸発した後にミネラル成分だけが残ります。

そのミネラル成分が蓄積すると、塊となって水垢になるのです。

お風呂のお湯の水蒸気で一時的に曇っているのであれば、シャワーで洗い流すだけで、すぐに解消されるはず。

しかし、鏡の曇りの正体が水垢の場合は、洗っただけでは曇りが解消しないのです。

つまり、水垢が原因の鏡の曇りを完全に解消したければ、水垢を取り除くしかありません。

お風呂の鏡のうろこ状の汚れの仕組み

お風呂の鏡の曇りの原因は、水垢だけではありません。

もしも、うろこ状の汚れが付いている場合は、石鹸カスが原因なケースもあります。

石鹸カスは、水垢と石鹸の脂肪酸が結合して白く固まったもの。

水垢よりも落ちにくくて、うろこ状に広がるのが特徴です。

石鹸カスには、金属石鹸と酸性石鹸の2つの種類があり、それぞれに性質が違います。

金属石鹸

金属石鹸は、先ほど説明した通り、水垢と石鹸の成分が混ざり合ってできたアルカリ性の石鹸カスです。

厳密には、水道水に含まれているカルシウムやマグネシウムなどのミネラル成分と石鹸に含まれている脂肪酸マグネシウムなどが結合してできたカスで、白くうろこ状に広がるのが特徴です。

酸性石鹸

酸性石鹸とは、石鹸の成分と皮脂汚れが混ざり合ってできた酸性の石鹸カスです。

白くてうろこ状に広がる金属石鹸とは対照的に、灰色でベタベタした性質を持っています。

MEMO
汚れが酸性の場合は、アルカリ性の洗剤か成分、汚れがアルカリ性の場合は、酸性の洗剤か成分で掃除をすると、中和されてしっかり落とすことができます。

お風呂の鏡の水垢を100均グッズで落とす方法

お風呂の鏡の水垢は、100円グッズで簡単に落とすことができます。

例えば、洗剤なしでシンクなどをピカピカにするメラミンスポンジ。

100円ショップに行くと、食器洗剤やキッチン用品のコーナーに、メラミンスポンジが陳列されていますよね。

メラミンスポンジは、優しく汚れを削り落とす性質を持っており、それによって水垢をすっきり落とすことができるのです。

お風呂の鏡の掃除におすすめな激落ちくんとは?

お風呂の鏡の掃除アイテムに最適なメラミンスポンジは、各100円ショップにて販売されています。

中でも有名なのが、激落ちくん。

その他にはダイソーの水垢消しゴムやセリアのウロコ取りなどがあります。

これらの商品は、名前は違っても、すべてメラミンスポンジ。

メラミンスポンジとは、硬い性質を持つメラミン樹脂が原料のメラミンフォームと言う材質でできたスポンジ。

白くてふわふわしたスポンジで、好きな大きさにカットして使う仕様になっています。

洗剤をつけなくても、水垢や汚れが気になるところをこするだけで、汚れが削れて落ちていきます。

まるで、汚れ専用の消しゴムのように、汚れを剥がして消してくれるのです。

もちろん、こびりついた水垢や石鹸カスも、メラミンスポンジでこすれば、スッキリきれいに落とせますよ。

お風呂の鏡の水垢を100均グッズでピカピカにする方法

お風呂の鏡にこびりついた水垢を100均グッズのメラミンスポンジで落とすのは、すごく簡単です。

ピカピカにする方法がシンプルなのに、驚くほど汚れが落ちるので、感激することでしょう。

洗剤を使わずに、手軽に水垢を落としたい人に特におすすめしたいです。

100均グッズのメラミンスポンジでお風呂の鏡の水垢をピカピカにする方法を説明していきます。

  1. メラミンスポンジを好みのサイズに切ってから、水を含ませます。
  2. 鏡の水垢部分をメラミンスポンジで擦ります。こするときは広い範囲で動かすのではなく、狭い範囲で小刻みに動かすと水垢が落ちやすいです。
  3. 水垢が取れたら、シャワーで洗い流します。
  4. 渇いた布で水気をとって、磨き上げたら終了です。

最後の仕上げに使う乾いた布は、拭いた後が残りにくいマイクロファイバークロスがおすすめです。

鏡に繊維も残りにくく、吸水性も高いので、お風呂の鏡をピカピカに磨き上げるアイテムに最適です。

注意
メラミンスポンジで鏡の汚れを磨く前に「くもり止め加工」「汚れ防止加工」などのマークがついていないかをチェックしましょう。ついている場合は、メラミンスポンジの使用を控えるべきです。メラミンスポンジでこすることによって、表面のコーティングまで剥がれてしまう恐れがあります。

頑固なお風呂の鏡の水垢の落とし方

お風呂の鏡の水垢は、水道水のミネラル成分が蓄積されて発生します。

時間が経つごとに、ミネラル成分が鏡にこびりついて頑固な汚れとなっていき、落とすのが大変になってきます。

そんな頑固な水垢掃除におすすめなのが、重曹パックです。

ここで、頑固な水垢掃除におすすめな重曹パックについて、説明していきます。

お風呂の鏡の頑固な水垢掃除に重曹パックがおすすめ

重曹は、皮脂汚れや石鹸カスなどが混じった頑固な水垢を取るのに最適です。

特に、タンパク質でできた汚れを分解する力に長けているため、皮脂汚れや石鹸カスが結合した水垢取りに適しているのです。

それでは、重曹パックで頑固なお風呂の鏡の水垢を取る方法説明していきます。

  1. 40度以上のお湯100mlに、小さじ1杯程度の重曹を加えて、重曹水をつくります。作った重曹水をスプレーボトルに入れましょう。
  2. 鏡の汚れが気になるところに、重曹スプレーで重曹水を吹きかけます。その後、ラップやキッチンペーパーでパックして、1時間程度放置しましょう。
  3. 放置した後に、ラップやキッチンペーパーを剥がしてから、スポンジやブラシでこすって掃除します。
  4. 汚れを全て取り除いたら、シャワーで洗い流して終了です。

重曹パックだけで汚れが落ちない場合は、クエン酸水をプラスするのもおすすめです。
クエン酸水は、水100mlに対して小さじ半分のクエン酸を加えて作ります。

クエン酸水ができたら、スプレーボトルに入れて、重曹水を吹きかけた後に、プラスして吹きかけましょう。

注意
基本的に、アルカリ性と酸性の洗剤のミックスは、有毒ガスが発生する恐れがあるので禁物です。しかし、アルカリ性の重曹と酸性のクエン酸をミックスしても、それぞれにアルカリ性、酸性が比較的弱いため、大量に使用しない限りは、有毒ガスが発生しないため、ミックスは禁止されていません。ミックスすることで効果が上がるので、重曹とクエン酸のミックスをぜひ活用していただきたいです。

お風呂の鏡の頑固な水垢は酢で落とす!

クエン酸を酢に変えて、頑固な水垢を落とす方法もオススメです。

お風呂の鏡にこびりついた頑固な水垢は、アルカリ性。

だから、酸性の成分や洗剤に弱いのです。

クエン酸は、酸性の成分ですね。

刺激が強い賛成の洗剤の使用に抵抗があるのなら、酢を代用してみてはいかがでしょうか?

お風呂の鏡の頑固な水垢を酢で落とすときに必要なものは、次のとおりです。

必要なもの
  • 穀物酢100ml
  • 水100ml
  • スプレーボトル

それでは、方法を説明していきます。

  1. スプレーボトルに水を入れて、穀物酢を加えます。スプレーボトルをよく振って混ぜ合わせます。
  2. お風呂の鏡の頑固な水垢が気になるところに、たっぷりとスプレーします。
  3. スプレーした上からキッチンペーパーをかぶせて、ラップします。その状態のまま、30分以上放置しておきましょう。
  4. 30分が経過したら、キッチンペーパーを外して、スポンジなどで水垢部分を擦ります。その後、シャワーでしっかり洗い流しておきましょう。

かなり汚れがひどい場合は、キッチンペーパーをかぶせた後にラップで大のもおすすめです。

放置時間も長めにすると、汚れが落ちやすくなります。

お風呂の鏡の頑固な水垢に歯磨き粉もおすすめ

黄ばんだを真っ白にしてくれる歯磨き粉。
また、虫歯予防のために汚れもしっかり落としてくれますよね。

それは、研磨剤が配合されているからこそ、発揮される効果なのです。

そんな歯磨き粉は、お風呂の鏡の頑固な水垢掃除にも役立ちます。

必要なアイテムは、歯磨き粉と布だけ。

具体的な掃除方法を説明していきますね。

  1. 布に適量の歯磨き粉をつけます。目安的には歯磨き粉1cm程度です。
  2. 歯磨き粉がついている目を鏡の水垢部分に当てて、円を描くようにしながら擦っていきます。
  3. 水垢が取れているのを確認してから、シャワーで歯磨き粉を洗い流します。
  4. 洗い流した後は、少し時間が経ってから、もう一度水垢がついていないかを確認してみましょう。まだ水垢が残っている場合は、再度、布に歯磨き粉をつけて、磨いていきましょう。

このように、布に歯磨き粉をつけて磨くだけのすごくシンプルな掃除方法です。

お風呂に入ったついでに掃除ができるくらい簡単なので、ぜひ実践してみてくださいね。

注意
歯磨き粉はつぶつぶタイプではなく、普通のタイプを選びましょう。粒子があらめのつぶつぶが配合されている歯磨き粉で磨くと、鏡が傷ついてしまう恐れがあります。

まとめ

お風呂の鏡の曇りに気づいたら、すぐにでも掃除を始めるべきです。

1日も早く適切な方法で掃除をすれば、曇りが蓄積する前に取りのぞけるので、今後の対策も楽になります。

特に、水垢が蓄積されると、うろこ状になったり、硬くなったりしてしまうので、掃除が大変です。

お風呂の中でも快適に鏡を使えるように、正しい磨き方でピカピカの鏡を保っていきましょう。