洗面所がカビ臭い・・・効果的な掃除方法でばっちりカビ対策!

朝の身支度をしていると、なんだかカビの臭いがする・・・

ここ最近嫌な臭いがするけど、どこかわからない・・・

カビ臭い元をたどっていくと、予想外に洗面所だったという体験をしている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、洗面所のカビ対策のための効果的な掃除方法について紹介していきます。

洗面所はカビができやすい条件が揃っている!?

そもそも洗面所はカビができやすい条件が揃っているので、放置しているとカビがどんどん繁殖してしまうので気をつけなくてはいけません。

カビが繁殖する条件は以下のとおりです。

  • 湿度が高い
  • 栄養が豊富にある
  • 20~40℃の環境下

お風呂や洗濯機と隣接していることが多い洗面所は湿気も多くなりますし、身支度によって髪の毛や皮脂などカビ菌の栄養となる汚れも申し分なく整っています。

となると、自然とカビが増えてしまうのも納得ですよね。

知らないうちに洗面所がカビ臭くなってしまった、というのはカビ対策を怠っている証拠といえるでしょう。

カビができやすいからこそこまめな掃除で対策をしていこう!

カビができる前からこまめに掃除をすることで、カビができにくく清潔な状態をキープすることができます。

カビができてしまった場合は、正直簡単に取り除くことはできないものの、効果的な掃除法を実践してキレイにしていきましょう。

洗面所の壁紙にできたカビを掃除する方法!

洗面所と言ってもカビができる場所は壁・床と分けられるので、まずは壁紙にできたカビの掃除方法について解説していきます。

まず用意するものは以下を参考にしてください。

用意する道具
  • アルコールスプレー
  • クエン酸水(クエン酸5g・水200ml、クエン酸がなければ酢と水を4:1で割ったもの)
  • 重曹
  • 塩素系漂白剤
  • 雑巾
  • 歯ブラシ

掃除方法はいたって簡単で、アルコールスプレー・クエン酸水・重曹・塩素系漂白剤のどれかを気になる部分に吹きかけて、歯ブラシでこするあるいは雑巾で拭くだけです。

汚れを落とす強さが弱い順から上に並んでいるので、カビが取れないと思ったら下の方法を試していけばいいでしょう。

ただ一点、注意してほしいのが塩素系漂白剤を使う場合です。

塩素系漂白剤は壁紙が防水性ビニールの場合のみで、水をかけたときに吸い込んでしまう壁紙はビニールではないので塩素系漂白剤は使わないようにしましょう。

ラクカジちゃん

壁紙のカビがなかなか取れないならハウスクリーニング業者に依頼するのが無難だね!

洗面所の床にできたカビを掃除する方法!

洗面所の床にできたカビも壁紙同様の方法で掃除をすることができます。

ただし、樹脂でできたメラミンスポンジを使って掃除をするという方法もあるので活用してみてください。

洗面所の床カビ掃除方法
  • メラミンスポンジに水をつけ、カビをこする
  • 雑巾で軽く汚れを拭き取る
  • カビがまだ残っているようであれば、クエン酸水・あるいは重曹水を吹きかけて雑巾で拭き取る
  • カビが取れない場合は、重曹を粉ごと適量ふりかけて、水につけた歯ブラシでこする
  • 水につけて絞った雑巾で重曹がなくなるまでキレイに拭き取る
  • 最後に乾拭きあるいは十分に換気をして床を乾かす

カビは放置すればするほど根を伸ばしてしまい、なかなか取り切れるものではなくなってしまうので、掃除が面倒だという気持ちはわかりますがこまめにカビ対策をしていきましょう。

洗面所のカビ掃除の最適な頻度は?理想は1週間に1回のペース!

洗面所のカビ掃除はどのぐらいの頻度でおこなえばいいの?」という疑問が浮かんでくるはずですよね。

できれば毎日掃除をするのがカビができない方法ですが、現実的にはそうはいきません。

そのため、今回紹介した掃除であれば1週間に1回くらいのペースを守っていれば、効果的にカビの発生を予防することができるでしょう。

予防としての掃除であれば、アルコールスプレーやクエン酸水の拭き掃除で問題ないです。

10分あればササッとできる掃除なので、カビ臭さで不快にならないためにも掃除を習慣化していきましょう。

カビ予防のために大切な3つのポイント

普段の掃除だけではなく意識するとより効率よくカビの発生を抑えることができる3つのポイントについて紹介していきます。

まずは3つのポイントについてみていきましょう。

  1. 適度に換気をして湿気がこもらないようにする
  2. カビの栄養となる皮脂・垢・髪の毛などの汚れはこまめに拭き取る
  3. カビが発生しやすい箇所(ゴムパッキン・サッシ・壁と床の角)は特に湿気・汚れを取り除くようにする

まとめると、カビの発生原因を作らないということ、カビができやすい箇所を知っておくことです。

特に2番目のポイントは、知らずしらずのうちに汚れが溜まってしまうものなので、常日頃の掃除習慣を身に付けておく必要があります。

できれば、掃除をすると決めたのであれば、壁や床にプラスして洗面所周りの汚れもキレイにしておけるとなおよしですね。

ともあれ、まずは壁・床のカビを取り除いてカビができにくい快適な空間を作り上げていきましょう。

自分では取り切れないカビはプロの手でキレイにしてもらおう!

まだカビが目立たない軽度な状態であれば、自分の手で掃除して取り除く可能性は高いものの、カビの範囲が広く掃除をしても取り除けない状態になっている方もいるでしょう。

その場合、いくら掃除をしても取りきれるものではないので、プロのハウスクリーニング業者に依頼してしまうのが一番です。

プロの手とはいえ取り切れない場合もありますが、素人では取り切れない頑固な汚れを適切な掃除方法で取り除いてくれます。

また、業者によってはカビができにくくする・汚れにくくするためのコツなども教えてくれるので、まずはプロの力を借りて、その後は自分の手でキレイをキープするのもいいでしょう。

当サイトでは洗面所の掃除におすすめのハウスクリーニング業者のランキングを紹介しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。