リビングの汚れは重曹ひとつで掃除ができる!?気になる使い方とは

リビングにはいろいろな汚れが混在しているため、めんどくささから中性洗剤で掃除をしているという方も多いでしょう。

しかし、特にお子さんやペットがいる家庭ではできるだけ安全なものを使用してお掃除したいというところも少なくありません。

そこで大活躍するのが重曹です。

今回はリビングの汚れをあらかた片付けてくれる重曹を使った掃除方法を紹介していきます。

リビングの汚れに重曹をおすすめする3つの理由!

掃除には重曹が最適という話は知っているけど、リビングの汚れに重曹をおすすめする理由ってなに?」と思うかもしれませんね。

重曹をおすすめするのには以下の3つの理由があります。

重曹をおすすめする理由
  1. リビングの汚れの多くは酸性汚れだから
  2. 天然成分だから安全安心
  3. 消臭効果もあるから生活臭予防にも使える!

リビングの多くの汚れが酸性なのは、ドアノブや壁など触ったときの手垢や素足で床を歩いたときにつく皮脂、料理の油はねや食べこぼしがあるからです。

これらの汚れはすべて酸性なので、アルカリ性である重曹が溶け込み落ちやすくしてくれます。

また、重曹は天然成分なので安心ですし、汚れを落とすだけではなく消臭効果もあるためリビングのこもりやすい臭いに対しても最適なのです。

重曹の使い方は2つ!粉末・スプレーの作り方!

重曹をどのように使えばいいの?」という疑問が出てくるかもしれませんが、難しい使い方をする必要はありません。

使い方はたったの2つで、粉末状で使うタイプとスプレーにして使うタイプです。

重曹は粉末で販売されているので、粉末で使う場合はそのまま使います。

スプレーにする場合は、水100mlに対して小さじ1杯の重曹を混ぜ合わせてスプレーボトルに入れれば完了です。

あとは雑巾や歯ブラシ、スポンジなどシーンに合わせて必要な掃除道具を準備しましょう。

ラクカジちゃん

次から重曹の具体的な掃除方法について紹介していくよ!!

粉末で重曹を使うケース:布類の消臭・本格的掃除がメイン!

まずは重曹を粉末で使うケースはどのようなシーンかという点をみていきます。

粉末重曹は布類の消臭のため使うことが多いです。

ソファやカーペット、カーテンに調理やタバコの臭いなどしみついてしまっている場合に重曹粉末を直接振りかけていきます。

30分から1時間ほど放置したあと、粉末が残らないように掃除機ですべて吸うことで消臭完了です。

MEMO
重曹は汚れだけではなく臭い成分も吸着してくれるので、夜寝る前に重曹を振りまいておき朝起きたときに掃除機で吸うなど時間をおけばより効果的なので参考にしてみてください。

コンロの焦げや油汚れなどを取る本格的掃除に重曹を使う場合は、粉末に少しだけ水を混ぜてペースト状にしたものを使います。

重曹をペースト状にしたら気になる汚れに塗りつけて、数分間放置した後に濡らした雑巾で水拭き、仕上げに乾拭きで完了です。

注意
壁紙や床材によっては重曹をしみこませてしまうと変色するものもあります。

使う際は必ず目立たない部分に少量つけて問題ないか確かめてから使うようにしてください。

スプレーで重曹を使うケース:酸性汚れを落とす簡単掃除がメイン!

スプレーで重曹を使う場合は、かなり応用が効くのでさほど難しく捉えることはないでしょう。

酸性汚れは先ほども述べたように「手垢・皮脂・油汚れ」などがあげられるので、気になる部分にスプレーを吹きかけて雑巾で水拭きのあと乾拭きすれば完ペキです。

具体的にどういうところに汚れがつくのかをまとめておきました。

リビングの酸性汚れがある場所
  • キッチンコンロの油はね・調理くず
  • ドアや取っ手
  • 壁・床・窓の手・足が触れる部分
  • テーブル

このように、リビングであればほとんどの場所に重曹が使えるのがわかります。

重曹は100円ショップでも購入することができるので、掃除のお役立ちアイテムとして用意しておくといいでしょう。

ラクカジちゃん

リビング以外にも浴室や洗面台にも使えるから利便性も高いね!

重曹とセスキ炭酸ソーダの違い!掃除に使うのはどっちがいい?

掃除の役に立つアイテムで、重曹のほかにもセスキ炭酸ソーダも一緒にあげられることが多いです。

そこで、重曹とセスキ炭酸ソーダはどのような違いがあるのかをまとめてみました。

重曹 セスキ炭酸ソーダ
アルカリ濃度 比較的濃い
(pH8.2)
濃い
(pH9.8)
溶けやすさ 溶けにくい 溶けやすい
肌への負担 比較的軽い 比較的負担有
安全性 二重丸 三角

セスキ炭酸ソーダの方が酸性に対しての洗浄力は高いものの肌に負担になる、重曹の洗浄力はさほど高くはないものの肌への負担が比較的軽いというところです。

普段のお掃除では重曹でこと足りるのかなぐらいなので、そこまでこだわってセスキ炭酸ソーダを使わなくてもいいのではないでしょうか。

ラクカジちゃん

セスキ炭酸ソーダは洗浄力が強いから素材の変色リスクも高まっちゃうからね!

重曹とクエン酸は性質が違うから使い方に注意!

重曹・セスキ炭酸ソーダの他にもクエン酸が掃除で使われるイメージがあります。

しかし、クエン酸に関しては性質が酸性なので、そもそも効果的な汚れが違うということを理解しておかなくてはいけません。

クエン酸はアルカリ性の汚れに使うと良いので、リビングではキッチンや電気ケトルの底にできる水垢ぐらいでしょう。

ただし、クエン酸は除菌効果があるので、カビや雑菌の繁殖を抑えたいということであれば水100mlに対して小さじ1~2杯混ぜ合わせたものをスプレーするのがおすすめです。

重曹でも落ちない汚れがある場合は○○!

重曹でも汚れが落ちない場合もありますが、あまり強くこすりすぎてしまうと素材が傷んでしまうので困っている方も多いのではないでしょうか。

その場合はプロの力を借りるのが一番なので、思い切ってハウスクリーニング業者に依頼しちゃうのも1つの方法です。

ハウスクリーニングはプロの知識と技術があるので、取り切れない汚れも素材を傷つけずにピカピカに素早く仕上げてくれます。

こちらではおすすめのハウスクリーニング業者をランキングにして紹介しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。