キッチンの汚れは重曹で落とせる!どうやって使うの?注意点は?

キッチンの掃除には重曹を使うのがとても便利です。

ぬめりや焦げつき、油汚れ、においとりなど、さまざまな用途で使えます。

料理の材料として使われるものなので、万が一口に入っても安心です。小さな子どもがいる場合など、強力な洗剤を使いたくない時にも便利ですね。

今回は重曹を使った掃除方法や、注意点についてご説明します。

キッチン掃除での重曹の使い方1:排水溝のぬめり取り

重曹とお酢を一緒に使うと、シンクの排水溝のぬめり取りができます。

排水溝のぬめりの掃除方法
  1. 排水溝のゴミ受けに溜まった野菜クズなどを捨てる。
  2. 重曹を粉のまま1カップ振りかける。
  3. そのまま30分放置して、油汚れを落としやすくする。
  4. お酢を200mlかけると、しゅわしゅわと泡が出る。しばらく待って汚れを浮かせる。
  5. 流水で洗い流して仕上げる。

重曹のアルカリ性とお酢の酸性が反応することで、二酸化炭素の泡が発生します。

この泡が汚れを持ち上げて、落としやすくしてくれるのです。

ただしこのように性質の異なるもの同士を混ぜる行為は、他の洗剤では絶対に行ってはいけません。

場合によっては塩素ガスなど、人体に悪影響がある刺激臭のガスが発生します。吸い込んで事故になるケースも多いため、注意してくださいね。

キッチン掃除での重曹の使い方2:ごとくや鍋の焦げつきを落とす

ガスコンロで直火に接するごとくや鍋は、使っているうちに焦げつくこともありますよね。

洗剤をつけてこするだけでは全く歯が立たない強力な焦げつきも、簡単な方法で落とすことができます。

焦げつきを落とす方法
  1. 大きな鍋に水1リットルあたり大さじ3〜5の重曹を溶かす。
  2. 鍋に焦げを落としたいものを入れる。
  3. そのまま火にかけてしばらく煮る。
  4. 10〜20分経ったら火を消して、冷めるのを待つ。
  5. 冷めたら取り出して、スポンジや歯ブラシでこする。

重曹は加熱されると泡が出ます。この泡が焦げつきを浮かせて落としやすくしてくれます。

また、加熱されることによって炭酸ソーダというよりアルカリ性の強い物質に変わります。

この炭酸ソーダがこびりついた焦げを剥がしやすくするので、うまく洗うことができるんですね。

キッチン掃除での重曹の使い方3:レンジフードの油汚れを落とす

レンジフードの表面など、ベタついたところにも効果的です。

油汚れを落とす方法
  1. 100mlの水に小さじ1の重曹を溶かして、スプレーボトルに入れる。
  2. 洗いたいところに直接スプレーをふりかける。
  3. キッチンペーパーで拭く。
  4. 仕上げに水拭きをする。

重曹は弱いアルカリ性の性質を持っています。油汚れなど酸性のものと結びつくと、中和されて石けんができます。

この石けんが頑固なベタつきをするする落としてくれるんです。

これでは落ちないほど頑固な汚れになった場合は、ペーストにして貼りつける方法がオススメです。

頑固な油汚れをペーストで落とす方法
  1. 重曹3:水1の割合で混ぜて、ペーストを作る。
  2. キレイにしたいところへ直接塗る。
  3. 上からラップをして、しばらく放置する。
  4. やわらかいスポンジなどでこすり落とす。

スプレーでは効果がなかったら、こちらも試してみてくださいね。

キッチン掃除での重曹の使い方4:クレンザーとして使える

汚れが気になるところに直接ふりかけてスポンジでこするだけで、クレンザーの代わりとしても使えます。

クレンザーに比べるとやわらかいため、洗った後に傷が入りにくいという特徴があります。

とはいえ研磨剤であることには変わりありません。やわらかい素材だと傷が入るので注意が必要です。

キッチン掃除での重曹の使い方5:臭い取りの効果がある

重曹は嫌な臭いを吸収する効果があります。

空き瓶に粉のまま入れて、フタをせずに置くだけで消臭剤の代わりになります。

例えばシンク下や冷蔵庫の中など、臭いが気になるところに置きましょう。

効果は2〜3ヶ月続きます。臭い取りとしての効果が切れても掃除には使えるので、捨てずに取っておきましょう。

キッチン掃除に重曹を使う場合の注意点

キッチンの掃除には重曹が便利ですが、何に対してでも使えるわけではありません。

次のような製品に使うのはやめましょう。

使ってはいけない場合
  • アルミ製品
  • 銅の製品
  • 真鍮の製品
  • 大理石
  • コーティングされたもの

こうした使用禁止の素材に対して使うと、変色や劣化の原因になります。

例えばアルミ製の換気扇フィルターを重曹水に漬け込んで長時間放置した場合、黒く変色することがあります。

確かに汚れは落ちますが、その分見た目が悪くなってしまいますよね。

使用禁止の場合は取扱説明書に書いてあることも多いので、一度目を通しておきましょう。

まとめ:キッチン掃除には重曹が大活躍!持っておくと便利!

キッチンを掃除するときには重曹が大活躍します。

弱アルカリ性の性質と、中和したときに発砲する効果で汚れを落としてくれます。

  • 排水溝などのぬめり
  • 焦げつき
  • ベタベタの油汚れ
  • クレンザーの代わりとして
  • 臭い取り

このようにさまざまな用途で使うことができますよ。

100円均一やドラッグストアで簡単に手に入れられるので、ひとつは持っておくと便利ですね。