キッチンの蛇口の掃除方法3つとは?重曹やクエン酸が効果的!!

キッチンの蛇口は掃除をしないままだと、水垢や黒カビで汚れます。

外見だけでなく、水が出る部分をくるっと回すか下からのぞき込んで、汚れ具合にびっくりしたことがある人も多いのでは。

とはいえ飲み水を扱うところですから、強すぎる漂白剤などを使うのは気が進みませんよね。

そこで今回は、重曹・クエン酸を使ったキッチンの蛇口の掃除方法3種類についてご説明しますね。

キッチンの蛇口掃除方法1:水垢の落とし方

キッチンの蛇口にはよく白っぽくガサガサした汚れがつきます。これは水道水のミネラルが結晶化したもの。

中性洗剤は皮脂汚れや油汚れを浮かせやすくする効果がありますが、残念ながらミネラルに対しては効果がありません。

つまり普通の台所用の中性洗剤でこすったとしても、ほとんど落とせません。

洗剤の代わりに用意したいのがクエン酸です。

クエン酸を使った掃除方法
  1. 水200mlにクエン酸小さじ1を混ぜる。
  2. 蛇口に1をつけてキッチンペーパーを巻く。さらにラップを巻く。
  3. そのまま30分ほど待つ。
  4. メラミンスポンジでこする。
  5. 水ですすいだ後に、乾拭きをして仕上げる。

クエン酸は酸性の性質を持っています。

ミネラルはアルカリ性の性質を持っているため、反対の性質である酸性を使うとよく落とせます。

ただし酸性の洗剤を使うと、効果が強すぎてステンレスが腐食し黒ずんでしまう可能性が。強すぎる漂白剤を使うのはやめておきましょう。

ちなみに緑青という、蛇口によくできる青さびに対してもクエン酸が効果を発揮します。

緑青も水垢も人体に影響があるわけではありません。とはいえ、見た目が悪いので気になるならしっかり落としておきましょう。

キッチンの蛇口掃除方法2:吐水口の洗い方

蛇口自体は普段から掃除していても、水が出てくる吐水口は見えにくいためつい忘れてしまいがちです。

のぞき込んでみると、水垢や黒カビ、ぬめりなどの汚れがびっしりついているかもしれません。

まっすぐ水が落ちるタイプの一般的な吐水口と、シャワーヘッドに分けてご説明します。

一般的な吐水口の場合

まっすぐ水が落ちる金属製の吐水口は、銅にメッキがされているものがほとんどです。

黒いカビが見えると漂白剤を使いたくなりますが、腐食する可能性があるためオススメできません。

腐食しなかったとしても、飲み水として使われるものに対して漂白剤はあまり使いたくないと思う人も多いのでは。

そこでオススメなのは、重曹とクエン酸を使った掃除です。

吐水口の掃除方法
  1. 水で濡らした新品の歯ブラシに重曹を粉のままつけ、吐水口をこする。
  2. 水200mlにクエン酸小さじ1を混ぜ、吐水口にかける。
  3. 泡が出たら歯ブラシでこする。
  4. 水ですすいで乾拭きをしたら、キッチン用アルコール除菌スプレーをかける。

重曹やクエン酸は元々料理にも使われる素材なので、万が一洗い残してしまい口に入っても問題ありません。

飲み水にする場合でも安心して使えますね。

シャワーヘッドの場合

シャワーヘッドの掃除も、重曹とクエン酸を使うのがオススメです。

パーツを分解できるので、取扱説明書などを見ながら取り外してつけおき掃除をしましょう。

シャワーヘッドの掃除方法
  1. シャワーヘッドをパーツごとに分解する。
  2. 桶などに重曹とクエン酸を大さじ1ずつ入れて、そこに水を入れる。
  3. 泡が出ている2の中にパーツを入れる。
  4. 汚れが浮いてくるまでしばらく待つ。
  5. 取り出して流水ですすぐ。
  6. まだ汚れが気になる場合は、歯ブラシに台所用中性洗剤をつけてこすってから水ですすぐ。
  7. パーツを元に戻す。

しゅわしゅわと出てくる泡が汚れを浮かすため、細かい部分もキレイにしやすいです。

キッチンの蛇口掃除方法3:浄水器がついている場合

浄水器がついたタイプの蛇口の掃除に洗剤を使うと、水質が悪化したり本体が壊れたりする可能性があるのでやめましょう。

基本的には拭き掃除でキレイにします。

パーツごとに分解して、やわらかい布や新しい歯ブラシを使ってこすりましょう。

蛇口掃除に古い歯ブラシを使うのはやめたほうが良いです。雑菌がついているため、余計蛇口についた菌を広げてしまいます。

新品か、もしくは煮沸消毒したものを使ってくださいね。

どうしても落ちにくい水垢などの汚れは、使い終わったクレジットカードでこすると落としやすいですよ。

キッチンの蛇口の汚れ予防方法

最も重要な汚れ予防方法は、水がついたらすぐ拭き取ることです。

基本的に蛇口につきやすい汚れは水垢です。また、水気があると黒カビが繁殖しやすくなります。

吐水口に料理中汚れが飛んだら、すぐ拭き取っておきましょう。

少し汚れたなと思ったら、なるべく早めにクエン酸を使って掃除しておくとこびりつきの予防になります。

蛇口によく発生するカビの影響とは?

蛇口など水気の多いところには、よく黒カビが発生します。

一見体に悪そうに見えますが、蛇口についた黒カビが原因でお腹を壊すなどの影響はありません。

しかし長期間放置してしまい水の中に混じりはじめると、カビアレルギーの原因になることも。

ただちに悪影響はないとはいえ、やはり見つけたらすぐに対処しておくことが重要ですね。

まとめ:キッチンの蛇口はクエン酸や重曹を使った掃除がオススメ

キッチンの蛇口は風呂場などと違い、直接口にする水を扱う場所です。

強力すぎる洗剤を使ってすすぎ残しがあると、少し心配ですよね。

素材も銅などで作られているため、漂白剤を使うと腐食する可能性も。

できればクエン酸や重曹など、万が一口に入っても問題ないものを使って掃除してくださいね。