撥水加工可能でおすすめの宅配クリーニング業者ランキング!

衣類に撥水加工を施しておく、水分だけではなく、汚れを弾くこともできるので、衣類を美しいまま保つことができます。

特に、コートやスーツ、制服などに撥水加工を施しておくと、ワンシーズンは綺麗なままで着用できて便利です。

防水加工と撥水加工を混同する人が多いですが、実は別物です。

衣類の水や汚れなどを弾く対策をしたいのであれば、通気性が損なわれない宅配クリーニング業者の撥水加工がおすすめです。

今回は、撥水加工可能な宅配クリーニング業者選びのポイントや撥水加工サービスのメリットとデメリットをご紹介します。

撥水加工可能な宅配クリーニング業者選びのポイント!

コートやダウンなどに撥水加工を施しておくと、雨や雪などを弾いてくれるので、いざというときに助かります。

宅配クリーニング業者では、オプションメニューの中に撥水加工が用意されており、それぞれに料金が違います。

もしくは、撥水加工メニューがないい宅配クリーニング業者もあるので、それも踏まえながら、次の3つのポイントをもとに業者選びをしていきましょう。

  1. 撥水加工を行なっている業者
  2. 撥水加工の料金が安い業者
  3. 納期が早い業者

まずは、撥水加工メニューがあるかを確認し、次に料金を確認してから、なおかつ納期が早い業者を選ぶと、安心してクリーニングを依頼することができます。

それでは、3つのポイントをそれぞれに詳しく説明していきます。

撥水加工を行なっている

撥水加工メニューがない宅配クリーニング業者もあるので、まずは公式サイトをチェックしましょう。

宅配クリーニング業者が行っている撥水加工は、衣類にシリコンやフッ素などの樹脂を浸透させ、急速に乾燥させる方法で加工されています。

この加工方法によって、衣類の生地の表面に膜を張ることができるので、水や泥などを弾いてくれるのですね。

しかし、防水スプレーのように通気性が損われる事は無いので、これまで通り、快適に着こなせます。

例えば、次のような衣類に撥水加工を施すことが多いです。

  • ワイシャツ
  • コート
  • ダウン
  • スーツ
  • 制服
  • 礼服

これらのクリーニング料金が表示されている項目に撥水加工も掲載されていることが多いです。

撥水加工メニューの有無を確かめるためには、まずオプションメニューの項目を見てから、もし載っていなければ、これらのアイテムのクリーニング料金を中心にチェックしてみるとよいでしょう。

撥水加工の料金が安い

撥水加工はオプションメニューなので、必ず料金がかかります。

しかし、宅配クリーニング業者によって撥水加工料金の安い高いがあるので、なるべく安い料金の業者を選ぶことで、今後もお得に利用できます。

宅配クリーニング業者の撥水加工の料金の相場は、500円〜1500円程度なので、約1000円もの幅があります。

撥水加工の技術を確かめながら、できるだけ安い料金設定の業者を選べば、安価でも安心して依頼することができます。

注意
撥水加工をオプションで注文すると、衣類によっては納期が長くなるケースがあるので、急ぎの場合は先に納期を確認しておくと良いでしょう。また、コートなどの物の面積が広いものやデリケートな素材が使われた衣類については、通常の撥水加工料金よりも高くなる可能性があるので、依頼の際に確認しておきましょう。

納期が早い

撥水加工を注文すると、業者によっては通常よりもかなり納期が伸びる可能性があります。

納期は、衣類によっても左右されますが、業者がもともと設定している納期も関係してきます。

できるだけ早く衣類を受け取るためにも、撥水加工可能な業者の中でも、なるべく納期が早い業者を選んでおくのがおすすめです。

しかし、どこの業者も確実な納期日数を記載しているわけではなく、記載方法もバラバラなので見分けにくいです。

だからこそ、宅配クリーニング業者の納期の記載方法をある程度理解しておくと便利です。

よくある納期の記載方法は、次の3つです。

  • 最短◯日
    1番多いのが「最短◯日」の記載です。
    これは、一番短い日数が◯日と言う意味です。
  • ◯日以内
    これは、最長で◯日かかりますと言う意味の表記です。
    7日なら、最長でも1週間以内にはお届けできると言う意味になります。
  • ◯日後~
    これは、最低でも◯日はかかると言う意味の表示です。
    3日であれば、早い仕上がりでも3日は必要だと言う意味になります。

この中で1番わかりにくいのが、「◯日〜」の記載です。

依頼するアイテムによっても納期の延長や分かりにくい場合があるので、できるだけ早い納期を望んでいるのなら、前もって業者に確認しておきましょう。

撥水加工可能な宅配クリーニング業者を比較!

撥水加工可能な宅配クリーニング業者の選び方を説明したところで、そのポイントをもとにいくつかの宅配クリーニング業者を比較していきます。

【撥水加工が可能】 【撥水加工料金が安い】 【納期が早い】
リネット 二重丸 二重丸 二重丸
クリラボ 丸 丸 丸
リナビス 二重丸 丸 二重丸
せんたく便 二重丸 丸 二重丸
白洋舎 らくらく宅配便 二重丸 丸 丸
デリウォッシュ バツ バツ 三角
クリーニングラボ 丸 丸 三角
クリコム 丸 三角 三角
美服パック 丸 丸 三角
ココデカウ バツ バツ 三角

比較表を通して見てみると、撥水加工が可能で、なおかつ料金で安い業者が意外に少ないです。

クリーニング料金にも同じことが言えますが、クリーニングの質と料金のバランスが取れた業者選ぶ方が、安心して依頼できます。

撥水加工可能な業者を選ぶときにも、撥水加工やクリーニングの技術と料金のバランスが取れた業者を選ぶのがおすすめです。

それでは、比較表の中で評価が良かった3つの宅配クリーニング業者の特徴を詳しくお話ししていきますので

撥水加工可能な宅配クリーニングおすすめ業者ランキング!

1位:リネット

リネット
ポイント
  1. シミ抜き無料で撥水加工はオプションで600円
  2. 素材別のオプション料金が明確に記載されている
  3. 単品制の料金システムでクリーニング代がわかりやすい
  4. プレミアム会員なら1着1400円〜最大8ヶ月の保管サービス利用可能
  5. 一流のアパレルブランドに選ばれるほど品質が高い
CHECK
リネットは、単品制の料金システムでクリーニング代がわかりやすく、素材別のオプション料金が明確に記載されている業者です。撥水加工はオプションで600円とリーズナブルな料金設定で、プレミアム会員なら1着1400円〜最大8ヶ月の保管サービス利用可能です。
リネットの評価
撥水加工が可能
(5.0)
撥水加工料金が安い
(5.0)
納期が早い
(5.0)
総合評価
(5.0)

2位:せんたく便


ポイント
  1. 撥水加工や花粉防止加工などのオプションが充実
  2. 送料やシミ抜き、再仕上げが無料
  3. 最短5営業日でお届けでスピーディー
  4. webや電話の申し込みでコンビニ発送と受取が可能
  5. 高級クリーニングが得意で仕上がりの質が高い
CHECK
せんたく便は、撥水加工や花粉防止加工などのオプションが充実しており、最短5営業日でお届けでスピーディーな対応が評判の業者です。さらに、webや電話の申し込みでコンビニ発送と受取が可能で高級クリーニングが得意で仕上がりの質が高いので、安心して快適に利用できます。
せんたく便の評価
撥水加工が可能
(5.0)
撥水加工料金が安い
(4.5)
納期が早い
(5.0)
総合評価
(4.5)

3位:リナビス

リナビス
ポイント
  1. 撥水加工はオプションで980円
  2. シミ抜きや再仕上げ、ボタン修理などの無料サービスが充実
  3. 生地への負担を減らす自然乾燥方法などのこだわりがある
  4. 最大9ヶ月無料の保管サービスがついている
  5. パック料金制なので依頼点数が多いほど安くなる
CHECK
リナビスは撥水加工を980円で提供しており、シミ抜きや再仕上げ、ボタン修理などの無料サービスが充実した業者です。生地への負担を減らす自然乾燥方法や20種類の洗浄方法などのこだわりがあり、洗濯の質が高いのに、パック料金でリーズナブルに利用できます。
リナビスの評価
撥水加工が可能
(5.0)
撥水加工料金が安い
(4.0)
納期が早い
(4.5)
総合評価
(4.5)

撥水加工サービスのメリット・デメリット!

衣類の汚れの防止に役立つ撥水加工はメリットが多いですが、その反面、デメリットもあります。

ここで、撥水加工サービスのメリットとデメリットを解説していきます。

撥水加工サービスのメリット

撥水加工サービスのメリットは、3つあります。

  • 雨や雪、泥などを弾く
  • 汚れを防ぐ
  • 衣類が長持ちする

それぞれのメリットを説明していきます。

雨や雪、泥などを弾く

コートやスーツ、制服などを着ていると、天候によっては雨や雪、泥などによって汚れが付きやすくなります。

撥水加工を施しておくことで、天候が悪い日でも、雨や雪、泥などを弾いてくれるので、衣類の汚れを防ぐことができます。

また冬のコートの場合は、雨や雪が染み込むことで体が冷えるのを防ぐ効果もあるので、防寒作用もキープできます。

ただし、かなり大量の雨や雪、泥などがついた場合は、生地染み込んでしまうケースがあります。

撥水加工をしていれば、どんな状況でも、雨や雪、泥などを弾いてくれるわけではないことを頭に入れておきましょう。

汚れを防ぐ

撥水加工は、雨や雪、泥だけではなく、あらゆる汚れを弾く効果もあります。

例えば、次のような汚れです。

  • 汗や皮脂
  • 食べ物のシミ
  • 飲み物のシミ

ワイシャツやブラウスなどに、このような汚れがついてしまうと、シミになります。

すぐにシミを取り除けば問題はありませんが、時間が経つほどに取れにくくなるので要注意です。

しかし、撥水加工を施しておけば、生地に汚れが染み込む前に弾いてくれるので、シミのリスクが大幅に軽減されます。

衣類が長持ちする

撥水加工は衣類の表面をコーティングしてくれます。

それによって、衣類の生地を保護するので、摩擦などからのダメージを軽減することができるのです。

よく着用する衣類は、無意識のうちにどこかにこすれて摩擦が起こっているかもしれません。

その頻度が上がるごとに、生地が傷みやすくなり、衣類の劣化につながります。

撥水加工しているからといって、必ずしも生地が傷まないわけではありませんが、傷みや色あせの予防にはなります。

撥水加工サービスのデメリット

撥水加工サービスのデメリットは、3つあります。

  • 時間が経つと効果が薄れてくる
  • 撥水加工料金がかかる
  • 納期が遅くなることがある

それぞれのデメリットを詳しく説明していきます。

時間が経つと効果が薄れてくる

一度撥水加工を施せば、効果がずっと持続するわけではありません。

時間とともに、洗濯や日常での摩擦により撥水加工のコーティングが剥がれてくるので、定期的に加工をする必要があります。

かなり質が良い撥水加工でも、時間の経過とともに効果が薄れてくるので、次第に水分などが染み込みやすくなります。

最適な撥水加工の頻度は、ワンシーズン毎です。

しかし、着用頻度が高いほどに効果が薄れる確率が高いので、着用頻度に合わせて撥水加工ペースを調整していくとよいでしょう。

撥水加工料金がかかる

撥水加工はオプションメニューになるので、追加料金がかかります。

中には、1500円ほどの料金がかかる業者もあるので、複数の衣類を依頼する場合は、費用がかかります。

ただし、なるべく撥水加工料金が安い業者を選ぶ費用の負担が軽減できます。

また、撥水加工単体でのメニューとしての扱いは無いので、クリーニングの依頼とともに撥水加工を注文しましょう。

納期が遅くなることがある

撥水加工をオプションにつけることで、通常よりも納期が長くなることがあります。

特に、コートなどの大きな衣類や特別な素材が使われたアイテムに撥水加工施す場合は、納期が伸びる可能性が高いです。

通常は、5日程度で撥水加工が完了しますが、それ以上になりそうな場合は、確認しておくとよいでしょう。

撥水加工可能の宅配クリーニングのQA!

撥水加工した後の衣類は、あまり洗濯しない方がいいのですか?

汚れの度合いによっては洗濯した方が良いですが、なるべく回数を減らしたほうが撥水加工を長持ちさせられます。

エプロンに撥水加工すると、汚れを予防できますか?

エプロンに食べ物や飲み物がついても、ある程度は弾いてくれるので汚れを予防できます。

スキーウェアに撥水加工をしましたが、雪が染み込みました。効果が薄かったのでしょうか?

雪の量が多買った、何度もウェアについてしまったなどの場合は、染み込む恐れがあります。

撥水加工を頼むと、仕上がりまでかなり時間がかかりますか?

衣類の大きさや素材にもよりますが、だいたいは5日程度で仕上がります。

撥水加工をすると、成分によって肌荒れしませんか?肌が弱いので心配です。

宅配クリーニング業者の撥水加工では、人体に悪影響を及ぼさない成分が使われています。ただし肌質と合わなかった場合は、肌荒れが起こる可能性があります。