洗面所の排水溝にモノを落としたときに試すべき4つの対処法!

ふとした時にポロッと歯磨き粉のフタや指輪、ピアスなどを洗面所の排水溝に落としてしまったときってありませんでしょうか。

今回は洗面所の排水溝にモノをおとしてしまった際にできる4つの対処法を紹介していきます。

ラクカジちゃん

排水溝に落としたモノが大切であれば絶対取り戻したいよね!諦めないでこれから紹介する対処法を試してみよう!

洗面所にモノを落としたままでいるとつまりの原因に!?

冒頭であげたように洗面所に落とすモノは様々ですが、小さいモノであればあるほど奥に入り込んでしまい諦めてしまうことも多いのではないでしょうか。

その諦めた小さなモノが1つだけではなく数個積み重なってしまうと、いずれつまりの原因になってしまうこともあるので注意が必要です。

なぜかというのは排水管の構造を知っておくと納得がいきます。

洗面所の下の棚を開けてみると、排水管がS字の形をしていることがわかるはずです。

実はこのS字の中に水が溜まっていることによって下水からの臭いや害虫が来るのを防いでいます。

しかし、溜まっている水に流れにくい小さなモノが積み重なってしまった場合、水の流れが悪くなってしまいますよね。

だからこそ、諦めるのではなく今後のことを考えて取り除いてあげるのが大切ということなのです。

ラクカジちゃん

逆を言うと、大切なモノを流してしまった場合でもS字の部分に溜まっていれば取り出せる可能性が高いということだね!

洗面所の排水溝に落としたモノを取る4つの対処法!

どのようにして洗面所の排水溝に落としたモノを取れば良いのかという本題に入っていきましょう。

簡単にまとめると以下の4つの対処法があります。

  1. 綿棒や割り棒などの細い棒をつかって取り出す
  2. 接着剤を使って取る
  3. マジックハンドを使って取る
  4. 排水トラップを外して取る

細かくあげると他にも様々な方法で対処することができますが、以上の方法を使えばモノを取れる可能性が高くなる一例だということを覚えておいてください。

では、それぞれについて詳しく解説をしていきましょう。

1. 綿棒や割り箸などの細い棒をつかって取り出す

落としたところが排水溝のヘアキャッチャー付近だった場合、綿棒や割り箸といった細い棒を使って取ることができます。

その際はかならず2本用意して、落としたモノを挟むような形で取るようにしてください。

MEMO
細い棒が2本はいらないようなサイズの排水溝の場合、先端に両面テープをつけて取るとう方法もあります。

その際は水気がつかないよう十分に注意しながら両面テープと落としたモノをくっつけて取るようにしましょう。

2. 接着剤を使って取る

割と強引な方法ではありますが、接着剤を使って取るという方法も1つです。

なにか細い棒の先端に接着剤をつけて、落としたモノをくっつけて取るという方法になります。

この方法では、接着剤がついても良いものに限られるので、ピアスやアクセサリーなど接着剤を取るのに苦労するものは避けたほうがいいかもしれません。

ラクカジちゃん

意地でも取りたいという気持ちが優先しているならどんなモノでも接着剤はアリかもしれないね!

3. マジックハンドを使って取る

小型のマジックハンドを使って取るという方法もあります。

小型のマジックハンドであれば1,000~2,000円ぐらいが平均価格で販売されているので、近くのお店やネットで取り揃えているのであれば購入してみるといいでしょう。

ただし、お金を極力使いたくないという方は排水溝に落ちてしまったモノを取るためだけに購入するのはもったいないという気になってしまうかもしれません。

メリット・デメリットは人それぞれなので、あくまで対処法の1つとしてあげられるということを覚えておいてください。

4. 排水トラップを外して取る

排水溝に落としてしまったモノがヘアキャッチャーを通り抜けて奥に入ってしまった場合、先ほど少し解説したS字の排水管である排水トラップに溜まっている可能性があります。

実はこの排水トラップは素人でもはずせるような仕様になっているので、排水溝に落としてしまった場合でも取り出せる可能性が高いのです。

外し方は手あるいはナットを使って外せますが、トラップの部分に水が溜まっているので、外す前にバケツを置いておくと洗面所の下の棚が汚れなくて済みます。

簡単に手順をまとめておきましょう。

排水トラップの外し方
  1. 排水トラップの下にバケツを置いておく
  2. S字の始まりと終わりの部分がネジでしまっているので手あるいはナットで外す
  3. 排水トラップ内の水をバケツに入れて出てくるモノも取っておく
  4. 元の位置に合わせてしっかりとネジをしめる

排水トラップの外し方はこれだけです。

また、ついでなので排水トラップを外したら中の掃除もしておくと、汚れを取り除けるので一石二鳥でしょう。

洗面所のつまりはモノだけではなく汚れで起こることもある!

排水溝にモノを落とすと水の出が悪くなることも少なくありませんが、つまりの原因はヘアピン・ピアスなどのモノだけではありません。

髪の毛・ほこり・ぬめりといった汚れが蓄積してつまりを起こしてしまうので、定期的に掃除をしてあげるとモノを落として取り出すときに不快感が減るでしょう。

ラクカジちゃん

せっかくモノをとっても汚れがついていたら気持ち悪くなっちゃうからね!

なかなか排水溝の掃除を毎日行っている方というのは少ないですが、そこまで手間にならない掃除方法もあるので、日常的な掃除習慣を身につけておくと便利です。

洗面所の汚れもついでに取り除こう!簡単・しっかり掃除法を紹介!

掃除というと時間もかかって手間もかかるイメージが強いものですが、洗面所の排水溝まわりに限定するのであれば、かなり簡単に掃除をすることができます。

掃除の方法も「ながら掃除」と「しっかり掃除」の2種類の方法があるので、時間がなく掃除する暇がないという方は前者、時間がある方は後者を選ぶといいでしょう。

では、それぞれの掃除方法について詳しく解説をしていきます。

簡単掃除法はズバリ「ながら掃除」がおすすめ!

簡単に掃除できる「ながら掃除」は手を動かす時間にして1分もかからないので、忙しい朝や掃除をするモチベーションがなくてもできる掃除方法です。

まずは排水溝周りのながら掃除について手順をみていきましょう。

排水溝周りのながら掃除
  1. 洗面所にティッシュとゴミ箱を用意する
  2. 洗面所を使用したあとにティッシュで洗面ボウルをサッと拭き取る
  3. 髪の毛やほこりをティッシュで巻き取って排水溝に落とさないようにする
  4. 一通り汚れを拭いたらティッシュをゴミ箱に捨てる

これは、洗面ボウルの汚れを排水溝に流さないようにする掃除のうち、かなり簡単な掃除法ではないでしょうか。

ササッと拭くだけで終わるので、掃除が苦手な方でもおすすめです。

では、つづいて排水溝のながら掃除についてみていきましょう。

排水溝のながら掃除
  1. アルカリ性洗剤を排水溝に適量流す
  2. 5~10分後水量を強めで水を流す

アルカリ性洗剤は髪の毛やぬめりを溶かすので、放置する時間を除けばほとんど時間はかかりません。

ただし、排水溝の重度のつまりや金属類は溶かすことができないので、つまり予防のための掃除という気持ちで捉えておいてください。

「しっかり掃除」は洗剤&分解掃除がおすすめ!

しっかり掃除をする場合は洗剤を使って洗う、あるいは後述した排水トラップを分解して掃除をするだけなので、時間にすると10~15分くらいでしょう。

洗剤を使う場合は、洗面台周りに置いてあるものをどかしておき、スポンジに洗剤をつけて洗っていくだけです。

排水トラップも分解したらブラシなどで管内をキレイにしてあげれば完了です。

日常的にながら掃除ができていれば、排水トラップの掃除は2~3ヶ月に1回程度で大丈夫でしょう。

ラクカジちゃん

きれいな洗面台は使っていても心地が良いから簡単にできる掃除から続けていこう!

排水溝に落としたモノや汚れが気になるなら業者に掃除依頼もアリ!

洗面所の排水溝に落としたモノが取れない、あるいは汚れが気になるのであれば、ハウスクリーニング業者に一度掃除を依頼してみるのもアリです。

業者を呼ぶ際は、排水トラップにモノがあれば取れますが、下水道へ流れてしまってはいくらプロでも回収しようがないということはおぼえておいてください。