キッチンの排水溝の掃除方法!ぬめり・カビ・詰まりは自力で解消!

キッチンの排水溝は、うっかり数日間放置するだけでも汚れますよね。

見えにくいところなので忘れがちですし、正直あまり開けて掃除したくない人も多いのでは。

しかし汚れが積み重なると見た目が悪くなるだけでなく、詰まったり臭ったりするので要注意です。この際覚悟を決めて、徹底的にキレイにしてしまいましょう。

今回はキッチンの排水溝の掃除方法、ぬめり・カビ・詰まり・臭い対策についてご紹介しますね。

キッチンの排水溝掃除方法1:毎日行いたい方法

毎日サッとお手入れするだけで、ぬめりや臭いの発生を抑えることができますよ。

食器を洗うついでに次のようにしておきましょう。

普段から行いたい方法
  1. フタを開けてゴミ受けを取り出す。
  2. 溜まっている中身を捨てる。
  3. ゴミ受けとフタを、台所用中性洗剤をつけた歯ブラシやスポンジで洗う。
  4. 排水溝に直接42℃くらいのお湯を流して油汚れを落とす。
  5. 外していた部品を元に戻す。

この他にも、ゴミ受けにアルミホイルを丸めて入れておくのも効果的です。

アルミは水につけると金属イオンを放出します。これには殺菌効果があるため、ぬめりを出す菌がつきにくくなります。

キッチンの排水溝掃除方法2:ぬめり対策

カビや細菌・バクテリアが増えるときに出す粘着物質が、ぬめりの原因です。

これ以上増やさないためには、油汚れなどの栄養分を残さず掃除する必要があります。

ぬめり対策方法
  1. ゴム手袋をはめてから、ゴミ受けとワントラップを外す。
  2. 台所用中性洗剤を歯ブラシにつけ、外した1をこすってキレイにする。
  3. 排水溝の中に重曹を粉のまま1カップふりかけて30分おく。
  4. その後、お酢を200mlかける。泡が出てくるのでしばらく待つ。
  5. 水で洗い流し、ゴミ受けとワントラップを元に戻す。

重曹はアルカリ性の性質を持っています。

カビや細菌が好む油汚れは酸性の性質を持っているため、重曹をかけると化学反応が起きて石けんができます。

これがぬめりをスッキリ落としてくれるんですね。

その後にお酢をかけると、一気に反応が進んで二酸化炭素の泡が発生します。

泡がこびりついた汚れを浮かせてくれるため、最後に水を流すだけでキレイになります。

キッチンの排水溝掃除方法3:カビ退治

カビが繁殖したら、中性洗剤で洗うだけでは退治できません。

泡タイプの漂白剤で徹底的にキレイにするのがオススメです。

カビ退治の方法
  1. ゴミ受けとワントラップを取り外す。ゴミが溜まっていたら捨てる。
  2. 外した1をポリ袋に入れ、漂白剤をかける。
  3. 排水溝にも直接漂白剤をかける。
  4. 5分ほど置いてなじませる。
  5. 歯ブラシなどでこすって汚れを落とす。
  6. 流水ですすいでから、部品を全て元に戻す。

漂白剤を使うとカビも殺菌・漂白できるのでピカピカな状態に戻せます。

ただし次のような注意点を守ってください。

漂白剤を使うときの注意点
  • ゴム手袋を着用する
  • 換気する
  • 絶対に他の洗剤と混ぜない

薬剤が手につくと荒れるので必ずゴム手袋を着用してください。

また、気分が悪くなる可能性があるので換気をしてから行いましょう。

できれば換気扇を回しながら、もうひとつ窓を開けておくと効率よく空気が入れ替わるので安心です。

最も注意したいのが、他の洗剤と混ぜないという点です。特に酸性とアルカリ性の洗剤を混ぜると、体に悪いガスが発生します。

死亡事故も起きており非常に危険です。気づかないうちに混ざるのを防止するため、掃除が終わったら水で洗い流すことも重要です。

キッチンの排水溝掃除方法4:つまり対策

キッチンの排水溝が詰まった場合、何が原因かによって対策の仕方が違います。

それぞれ詳しくご紹介しますね。

1.油汚れが積み重なっている

油汚れが少しずつ蓄積して排水管を塞ぎ、やがて水が通るスペースがなくなると詰まります。

野菜クズや物を落とした覚えがない場合、このパターンが多いです。

これにはタオルを使った方法が効果的です。

タオルを使った方法
  1. ゴミ受けとワントラップを外し、排水溝をむき出しにする。
  2. 排水管にタオルをつめてフタをする。
  3. シンクにためられるだけお湯を入れる。
  4. たまったらタオルを一気に引き抜く。

引き抜いた瞬間に水圧がかかることで、詰まりが改善します。

ただし物が詰まった時にこれをすると、むしろ押し込んでしまって逆効果になるので注意してください。

2.野菜クズなど食材が詰まった

野菜クズなどや皮など食材が詰まったなら、パイプクリーナーを使うのがオススメです。

ゴミ受けやワントラップなどの部品を外して薬剤を注ぎ、決められた時間置くだけです。

全く流れないほど悪化するとパイプクリーナーでは対処不能なので、業者に依頼する必要があります。

3.フォークなど溶けないものを落とした

ゴミ受けとワントラップを外して、見えるところに落ちていないかチェックしましょう。

ここで見つかったら、手で取り除くだけでつまりが改善します。

しかし見当たらないようなら無理に取り出そうとするのはやめて、業者に依頼しましょう。

素人が無理に取り出そうとすると奥まで入り込んでしまい、業者へ依頼する時に価格が高くなる可能性があります。

キッチンの排水溝掃除方法5:臭い対策

基本的にはこれまでにお伝えした対策を行えば、同時に臭い対策になります。

しかしそれでも臭いが消えない場合、シンク下の排水ホースが原因かもしれません。

シンクの収納開けて排水ホースを確認しましょう。シンクや床の間に隙間があると、そこから下水の臭いがあがってきます。

隙間を専用のパテで埋めるか、防臭キャップを購入して交換するなどの作業が必要になります。

排水ホース自体が劣化している場合は、ホースごと取り替えるのも効果的です。

自力での作業が難しい場合は、業者への依頼も検討しましょう。

まとめ:キッチンの排水溝の掃除方法は悩みごとに違う!

キッチンの排水溝を掃除するときは、どういった悩みがあるかでやり方が変わります。

ちょっとぬめりが気になる程度なら重曹とお酢を。カビや頑固な汚れには漂白剤を使用するとうまく行きます。

詰まった場合、何が詰まったかによって自力で対処できるかできないかが変わります。原因を突き止めてから対処しましょう。

どうしても難しい場合は、業者に依頼すると完璧に仕上げてもらえます。排水溝のお手入れは難しいので、無理せずプロの力を借りるのもオススメです。