学生服の洗濯におすすめの宅配クリーニング業者ランキング&洗濯のコツ!

スーツよりも汚れやすい学生服。

汚れは、皮脂、食べ物などの飛び跳ねだけではなく、泥汚れもあります。

雨の日の通学途中に、学生服のズボンやスカートの裾に泥が飛ぶことがよくありますね。

学生服の家での洗濯は、かなり難しいわけではありませんが、正しく洗濯しなければ生地が傷む恐れがあります。

また、干し方によってシワができるかもしれないので、注意が必要です。

そのような手間を考えて、最近は宅配クリーニング業者に学生服の洗濯を頼む家が増えてきています。

ここでは、学生服の宅配クリーニング業者選びのコツや家での洗濯方法、干し方の注意点などをご紹介します。

学生服の宅配クリーニング業者選びのポイント!

大切に着用し続けたい学生服だからこそ、宅配クリーニング業者選びを間違えないようにしたいですね。

学生服におすすめな宅配クリーニング業者選びの3つのポイントは、次のとおりです。

  1. 洗濯の質が高い
  2. オプション加工内容が充実した業者
  3. 賠償基準がわかりやすい業者

学生服の質を保つためには洗濯の技術はもちろんのこと、撥水加工などのオプション加工内容が充実した業者を選ぶことです。

また、大切な学生服に何かあった場合にどのような対処をしてもらえるのか?の基準になる賠償基準のチェックも必要です。
次からは、3つのポイントをそれぞれに詳しく説明していきます。

洗濯の質が高い

洗濯の質は、洗濯に入る前にの職人の丁寧なチェックによって、ほぼ決まります。
学生服の特徴や素材の特性を掴んだ上で、適切な洗濯方法を見出し、できるだけ生地に負担を与えない乾燥方法で仕上げるべきです。

学生服の特徴や素材の特性を見極めるのは、機械ではなく職人です。
職人の目が確かであれば、洗濯の質は高く、満足度が高い仕上がりになります。

MEMO
洗濯だけではなく、乾燥方法にもこだわっている業者があります。洗濯も質が良くても乾かし方に問題があると、生地に負担をかけて仕上がりの質が下がるケースがあります。気になる人は洗濯だけではなく、乾燥の技術も確かめておくとよいでしょう。

オプションサービス内容が充実している

学生服におすすめのオプションサービスは、撥水加工と花粉防止加工、折り目加工です。

それぞれのオプションサービス内容について、説明していきます。

撥水加工

撥水加工とは、撥水効果があるフッ素樹脂やシリコン樹脂を衣類に付着させて、水を弾くようにする効果です。

撥水効果がある成分は衣類に付着すると水滴よりも小さなトゲ状になって、付着した水分を弾いてくれます。

MEMO
宅配クリーニング業者によって、撥水加工の方法が多少異なります。主にスプレータイプと浸け込むタイプの2つに分かれます。いずれにせよ、市販の撥水スプレーと比較して、分子が細い成分が使われているので、効果が高いです。

花粉防止加工

宅配クリーニング業者が行なっている花粉防止加工は、ナノレベルの特殊加工を生地の繊維の表面に施すことで静電気を防止し、花粉を寄せ付けない加工です。

静電気防止加工とよく似ていますが、ほこりなどよりも花粉を寄せ付けない加工になっているので、花粉症の人におすすめなメニューです。

折り目加工

折り目加工は、学生服のズボンやスカートの折り目を美しく保つためのアイロン方法です。
学生服を購入した当初は、まっすぐな線をキープしていた折り目でも、着用しているうちに折り目があまくなってきます。

通常のアイロン仕上げでも折り目をシャープにできますが、さらにくっきりと折り目を出したい場合は、オプションの折り目加工がおすすめです。

賠償基準がわかりやすい

クリーニングの段階で大切な学生服に何かあった場合に、どこまでの賠償をしてくれるのか?を示しているのが賠償基準です。

クリーニング業界では賠償基準が定められており、それに基づいて、それぞれの宅配クリーニング業者は事故の際に対処をしています。

どこの宅配クリーニング業者でも公式サイトに賠償基準が記載されていますが、分かりにくい内容で記載されていることもあります。
できるだけ、わかりやすく賠償基準を記載している業者を選ぶことで、安心してクリーニング依頼できます。

注意
賠償基準の効力がある日数や条件などが細かく定められているので、 依頼前に必ずチェックしておくことです。 また、 学生服の購入日からの日数によっても賠償額が変わってくるので、必ずしも全額の賠償ではないことを頭に入れておきましょう。

学生服の宅配クリーニング業者を比較!

学生服の宅配クリーニング業者選びの三つのポイントを踏まえた上で、実際に人気の宅配クリーニング業者を比較していきます。

宅配クリーニング業者は年々増えているので、ここ!という業者を選ぶのが大変です。

だからこそ、次の比較表を参考にしていただきたいです。

【洗濯の質が高い】 【オプション加工内容の充実】 【賠償基準が明確】
リネット 二重丸 二重丸 二重丸
クリラボ 二重丸 丸 二重丸
リナビス 二重丸 二重丸 丸
せんたく便 丸 二重丸 二重丸
白洋舎 らくらく宅配便 丸 丸 丸
デリウォッシュ 三角 三角 丸
クリーニングラボ 丸 丸 丸
クリコム 二重丸 丸 丸
美服パック 丸 丸 丸
ココデカウ 丸 三角 不明

こうやって比較表で見てみると、学生服におすすめな宅配クリーニング業者選びがスムーズになります。

次からは、この中でも特に評判が良かった3つの宅配クリーニング業者の特徴やメリットを詳しくお話ししていきます。

学生の宅配クリーニングおすすめ業者ランキング!

1位:リナビス

リナビス
ポイント
  1. 衣類に合わせた20種類の洗浄方法がある
  2. 高級ブランド品のクリーニングに対応している
  3. 撥水加工はオプションで980円
  4. 賠償基準がわかりやすい
  5. シミ抜きや送料、ボタン修理など8つの無料サービスが充実
CHECK
リナビスはシミ抜きや送料、ボタン修理などの無料サービスが充実している上に、撥水加工メニューも豊富に用意しています。高級ブランド品のクリーニングに対応していることもあり、選択の質が高く、賠償基準が分かりやすいので安心して依頼できます。
リナビスの評価
洗濯の質が高い
(5.0)
オプション加工内容の充実
(4.5)
賠償基準が明確
(5.0)
総合評価
(5.0)

2位:リネット

リネット
ポイント
  1. プレミアム会員で最短2日受取やプレミアム仕上げが可能
  2. 素材別や装飾別のクリーニングも得意
  3. 1点ずつの料金と素材別料金がわかりやすい
  4. 一流のアパレルブランドに選ばれるほど品質が高い
  5. 賠償基準がわかりやすい
CHECK
リネットは、一流のアパレルブランドのクリーニングに選ばれるほど品質が高く、プレミアム買いになることで、さらに高品質な仕上げのクリーニングサービスを受けることができます。素材別や装飾別の料金がわかりやすく、いってんずつの料金設定なので、少ない点数の依頼におすすめです。
リネットの評価
洗濯の質が高い
(5.0)
オプション加工内容の充実
(4.5)
賠償基準が明確
(5.0)
総合評価
(4.5)

3位:せんたく便


ポイント
  1. パック料金+オプション料金のシンプルな料金設定
  2. 高級クリーニングが得意
  3. リピート依頼するほど料金が割引でお得になる
  4. 撥水加工や花粉防止加工などのオプションが充実
  5. 送料やシミ抜き、再仕上げが無料
CHECK
せんたく便は、撥水加工などのオプションメニューがかなり充実しており、基本的なパック料金にオプション料金をプラスするだけのシンプルな料金設定でわかりやすいです。シミ抜き再仕上げ、送料などが無料なので、リーズナブルな料金で高品質なクリーニングサービスを受けられます。
せんたく便の評価
洗濯の質が高い
(4.5)
オプション加工内容の充実
(4.5)
賠償基準が明確
(5.0)
総合評価
(4.5)

学生服の宅配クリーニング業者の料金相場!

学生服の宅配クリーニング料金は、比較的料金相場が分かりやすいですが、業者の料金形態やオプション加工の料金によって、 多少幅が出てきます 。

ここで、先ほどご紹介した3つの宅配クリーニング業者の学生服のクリーニング料金を提示した上で、料金相場の目安を見ていきましょう。

料金
リネット 学ラン / ブレザー 男子学生服(上) 1,010円〜、セーラー服 / ブレザー 女子学生服(上) 1,010円〜、男子学生服(下) 670円〜、スカート 女子学生服(下) 670円〜
リナビス 5点 7,800円、10点 10,800円、20点 18,800円
せんたく便 最速10パック料金6,980円、最速5パック料金4,980円
最速10リピート料金6,680円、最速5リピート料金4,680円

高評価3社の宅配クリーニング業者の学生服のクリーニング料金を並べてみた結果、料金相場は2000円〜3000円程度になりました。

オプション加工をつけると、1000円〜1500円程度高くなるので、料金相場は3000円〜4500円程度になります。

学生服を洗濯するコツ!宅配クリーニングと比較すると?

学生服を家で洗濯する時は、いくつかのコツと注意点を押さえておく必要があります。
洗濯方法を間違えると、せっかくの学生服が台無しになってしまうので十分に注意しましょう。

ここで学生服を自宅で洗濯する時のコツと注意点、宅配クリーニングへの依頼と比較した時のメリットをご紹介します。

学生服の洗濯頻度は?

学生服の洗濯頻度は、1ヶ月に1回程度です。

過剰に洗濯しすぎても型崩れの原因になり、洗濯の間隔が空きすぎても取れない汚れが発生する恐れがあるので、1ヵ月に1回程度を目安に洗濯をしましょう。

1ヵ月もたたないうちに、食べ物や飲み物、泥汚れなどがついてしまった場合は、中性洗剤を染み込ませた布で拭いたり、部分洗いをしたりなどのお手入れがおすすめです。

学生服の洗濯方法

学生服を家で洗濯する場合は、まず洗濯表示のチェックをします。
その後、洗濯表示に従って、洗濯機洗いか手洗いで洗濯をしていきます。

洗濯だけではなく、干す時にもコツが必要です。

ここで、家で学生服を洗濯する方法をご紹介します。

洗濯表示のチェック

学生服についているラベルに洗濯表示が記載されています。

洗濯表示の見方は、次のとおりです。

  • 洗濯おけのマーク
  • 洗濯機で洗浄可能なマークなので、家で洗えます。

  • 洗濯おけに手がついたマーク
  • 手洗いを意味するマークなので、洗面器などで洗えます。

  • 洗濯おけの下の線
  • 線の本数が多いほど弱モードで洗います。

  • 洗濯おけの中の数字
  • 数字の水温で洗濯をします。

  • バツ印がついたマーク
  • 洗濯機でも手洗いでも洗濯が不可能なマークです。家では洗えないので、クリーニング業者に依頼しましょう。

洗濯表示だけではなく、素材からもお手入れ方法が分かります。

  • ウール50%〜
  • ドライクリーニングで洗いましょう。

  • ウール50%まで、綿やポリエステル
  • 家庭の洗濯機洗いか手洗いで洗濯しましょう。(洗濯機洗いか手洗いは洗濯表示に従う)

洗濯前の準備方法

学生服の洗濯に入る前に、洗濯中の事故を防ぐための準備を行います。

準備としてのチェックポイントは、次の通りです。

  • ボタンが取れかかっていないかを確認
  • ほつれがないかを確認
  • 襟や袖口にひどい汚れがないかを確認
  • ポケットに何か入っていないかを確認

この4点を確認したら、洗濯作業に移っていきましょう。

襟や袖口にひどい汚れがある場合は、直接中性洗剤をつけて、揉み洗いをしておきましょう。

ただし、こすり過ぎると生地を傷める原因になるので、優しくもみ洗いをするのがコツです。

学生服を洗濯機で洗う方法

学生服を洗濯機で洗う方法は、次のとおりです。

  1. .学生服の上着のボタン、ズボンやスカートのファスナーを閉めて軽くたたみます。それぞれ、一つずつを洗濯ネットに入れましょう。
  2. 洗濯機の「手洗いコース」または「ドライコース」を選んでスタートボタンをしたら、おしゃれ着用洗剤を適量入れます。生地への負担を減らすために、脱水は1分以内に設定しましょう。
  3. 水がたまったら、洗濯ネットに入れた学生服を漬け込みます。
  4. 洗濯機洗いが終わったら、素早く取り出してシワを伸ばすします。ハンガーにつるして風通しの良い日陰で干しましょう。

学生服を手洗いで洗う方法

洗濯表示に手洗いマークがある場合は、なるべく手洗いで学生服を洗いましょう。

学生服の手洗い方法は、次の通りです。

  1. 学生服のボタンやファスナーを全て閉めて、軽く畳んでおきます。
  2. 30度までの水を洗面器に入れてから、適量のおしゃれ着用洗剤を溶かします。
  3. 学生服をしっかりと漬け込んでから、丁寧に押し洗いをします。押し洗いの回数は30回程度です。この時に、なるべく生地を摩擦させないように気をつけましょう。生地の摩擦により縮みが発生して、シワの原因になる恐れがあります。
  4. 洗面器の水を入れ替えて、すすぎ洗いを繰り返します。完全に洗剤がなくなるまで、すすぎ洗いを続けます。
  5. 洗濯機の脱水モードを1分以内に設定して、学生服を入れたら脱水をします。脱水後は素早く取り出して、シワを伸ばしてから風通しの良い日陰で乾かしましょう。

学生服を干す時のポイント

学生服を干す時には、いくつかのポイントがあります。
ポイントを押さえて、シワなどを腰しましょう。

学生服を干すときのポイントは、次のとおりです。

  • 上着
  • 脱水が終わったら素早くシワを伸ばします。シワは、肩の部分を持って振りさばいて伸ばします。

    なるべく厚みがあるハンガーにつるして、しっかり固定させます。
    ハンガーに吊るしたら、ボタンを外して、風通しを良くしましょう。

    襟の部分も整えておくと、型崩れを防げます。

  • ズボンやスカート
  • 脱水が終わったズボンやスカートは、ウェストの部分と裾を手でもって、縦に引っ張ることでシワを伸ばします。

    強く引っ張りすぎると、生地の傷みの原因やほつれを発生させる恐れがあるので気をつけましょう。

    干すときは、普通のハンガーではなく洗濯バサミがたくさんついた小物干しハンガーがおすすめです。

    ウェストの部分を筒状にして、洗濯バサミで挟んで吊るして乾かしましょう。

  • セーラー服
  • セーラー服の襟部分は、もっとシワになりやすいため、脱水後はすぐに伸ばすのがポイントです。
    襟の部分の端から端をそれぞれ持ち、引っ張って伸ばしながら形を整えたら、厚みのあるハンガーにかけましょう。

このように、家で学生服を洗濯したり乾燥させたりするのは、簡単なようで難しいです。
学生生活の中で大切な存在の学生服だからこそ、確実な方法でお手入れするべきです。

そこでおすすめなのが、宅配クリーニングの利用です。

宅配クリーニングなら、手間をかけずにリーズナブルな料金で大切な学生が美しいまま保つことができるので、絶対におすすめですよ!

学生服の宅配クリーニングのQA!

学生服の上着に食べ物のシミがあります。クリーニングで落とせますか?

基本的にはどこの業者でもクリーニング前のシミ抜きで落とせます。かなりシミ込んでいない間にでは、落とせます。

雨に濡れると、シミができるので、撥水加工をお願いしたいです。

多くの業者はオプションになりますが、もちろん撥水加工も受け付けております。撥水加工は、雨の他に飲み物などの音汚れを防げるのでおすすめです。

息子が花粉症なので、花粉防止加工をお願いしたいです。効果はありますか?

花粉症自体を治すのは不可能ですが、防止加工で予防することができます。受付を行っている業者があるので確認しましょう。

学生服のズボンの折り目加工はしてもらえますか?

基本的には可能です。オプション加工のところが多いので料金が少し高くなります。

クリーニングをすると、スカートのプリーツがもっとくっきりしますか?

程度によりますが購入時のようなプリーツにすることが可能です。仕上げのアイロン作業で、プリーツを美しく仕上げています。