お風呂の換気扇の掃除のやり方は?準備から汚れ別に落とし方をご紹介!

お風呂に立ち込める湯気や湿気などをしっかり排出してくれる換気扇。

空気を循環することで、湿気をためないようにしてくれるからこそ、いつも快適に入浴できるのですね。

そんな換気扇も稼働しているからこそ、汚れが溜まりやすく、定期的な掃除が必要なのです。

換気扇の掃除を怠っていると、ひどい場合はカビが発生して、バスルームがカビ臭くなってしまいます。

そこで今回は、お風呂の換気扇の汚れの種類やそれぞれの掃除方法などを解説していきます。

お風呂の換気扇の掃除方法と汚れの種類を解説!

お風呂の換気扇を定期的に掃除しなければ、汚れが溜まって、カビ臭くなることがあります。

換気扇自体ではなく、フィルターにカビが発生しやすいのですね。

お風呂の換気扇の構造は、少し複雑なので、掃除の際には正しい方法で取り外しをしなければいけません。

取り外しをせずに、表面だけを掃除しても、知らない間にフィルターにカビが発生して、フィルター交換をしなければいけなくなるケースがあります。

そうなってしまう前に、換気扇の汚れの特徴を知った上で、正しい掃除方法により、お手入れをしていきましょう。

お風呂の換気扇の汚れはホコリとカビ!

お風呂の換気扇の汚れのほとんどが、ホコリとカビです。

キッチンの換気扇もホコリ汚れが多いことで知られていますが、カビはお風呂の換気扇に見られる汚れなので、あまり知られていないのかもしれません。

キッチンも湿度や室温が高ければ、換気扇にカビが生えるケースがあります。

しかし、キッチンとお風呂を比較すると、明らかにお風呂の方が湿度が高いので、カビのリスクも高いのです。

お風呂の換気扇に、ホコリやカビの汚れが溜まると、次のような事態が発生します。

  • お風呂がカビ臭くなる
  • 換気扇を回した時に音がする
  • 換気扇が回りにくくなり、故障する
  • 浴室全体にカビが充満して、他の場所にもカビが生えやすくなる

毎日、お風呂の掃除をしていても、このような状態でカビが広がったり、換気扇が故障したりするケースもあるので、早めに対策をするべきなのです。

お風呂の換気扇の基本的な掃除方法〜準備編〜

お風呂の換気扇を掃除するときは、まず、換気扇を取り外さなければいけません。

お風呂のタイプによって換気扇のタイプも多少違いますが、基本的な取り外し方法は、同じです。

お風呂の換気扇の取り外し方法を説明していきます。

  1. まず、換気扇の電源を完全にオフにします。電源がついていると、取り外しの際に感電や怪我をする恐れがあるので、必ず電源を切っておきましょう。
  2.  お風呂の換気扇についている化粧パネルを下に引っ張ってから、中にあるV字の針金を縮めて、さらに化粧パネルを下に引っ張ると取り外せます。
  3.  化粧パネルを外すと、中にはカバーやシロッコファンが取り付けられているものもあります。その場合は、取扱説明書を見ながら、ドライバー等で取り外していきましょう。

お風呂の換気扇の取り外しの中では、次のような注意点もあるので、取り外し前にチェックしておきましょう。

注意
換気扇によっては、化粧パネルが外れないタイプもあります。その場合は、化粧パネルを外さずにフィルターだけ掃除する方法でのお手入れになります。取扱説明書に掃除方法が書いてありますので、そちらを参考にしながらお手入れを進めていきましょう。

お風呂の換気扇の基本的な掃除方法〜掃除編〜

お風呂の換気扇を分解したら、次は本格的な掃除に取り掛かっていきます。

まずは、お風呂の換気扇の基本的な掃除に必要な掃除アイテムは、次のとおりです。

準備するもの
  • ゴム手袋
  • スポンジ
  • 歯ブラシ
  • 浴室用中性洗剤

掃除は、次の手順で行っていきます。

  1. ゴム手袋を装着してから、取り外した部品を水で濡らします。シャワーのお湯ですすぐような感覚でならしていきましょう。
  2.  いつもお風呂を清掃するときに使っている中性洗剤を、各部品に吹き付けます。スプレータイプの中性洗剤なら、泡上になっているので、吹き付けやすいですね。中性洗剤を拭きつけたら、5分程度放置しておきましょう。シロッコファンは、汚れが溜まりやすいので、汚れが目立つ場合は、30分程度放置するのがおすすめです。
  3.  細かいところは歯ブラシ、広い面積のところはスポンジを使って、こすっていきます。こすり過ぎると傷がついてしまうので、力を入れすぎないように気をつけましょう。
  4. すべての部品を磨いたら、シャワーですすいで洗剤を落とします。洗剤が残らないように、よく確認しながら洗い流していきましょう。
  5. 各部品を布で乾拭きして水分を取り除きます。その後、しっかりと乾燥させていきます。ちゃんと乾燥したら、換気扇を装着しましょう。

最後に各部品を乾燥させるときは、浴室乾燥や除湿機などを使うのもおすすめです。

完全に乾燥していないうちに装着をすると、カビが生えたり、最悪の場合は故障したりするケースもあるので、湿気には充分気をつけましょう。

お風呂の換気扇がカビ臭い時の対策方法

お風呂の換気扇を回すと、カビ臭いときは、フィルターをチェックすると良いでしょう。

スポンジ状のフィルターには、水分が溜まりやすく、お風呂の室温の上昇もあり、カビが生えやすくなります。

そのため、お風呂の換気扇がカビ臭い時は、フィルターを重点的に掃除するのがおすすめです。

また、カビをもとから撃退するために、カビキラーを使うと良いでしょう。

準備するものは、次のとおりです。

準備するもの
  • バケツ
  • カビキラー
  • スポンジ
  • 歯ブラシ

それでは、具体的な掃除方法を説明していきます。

  1. バケツの中に50度以上のお湯を入れてから、キッチン洗剤を数滴垂らして溶かします。よくかき混ぜておきましょう。
  2.  お風呂の換気扇のフィルターやパンなどの各部品も、バケツの中に漬け込みます。そのままの状態で、30分程度置いておきましょう。
  3.  30分が経過したら、各部品を取り出して、スポンジや歯ブラシなどで汚れを落としていきます。磨いた後は、シャワーでしっかり洗い流しておきましょう。
  4. バケツの中のお湯を入れ替えて、次はカビキラーを適量入れてかき混ぜます。その中に、換気扇の各部品を入れます。10分程度放置しましょう。
  5. バケツの中から換気扇の各部品を取り出してから、50度以上の熱いお湯ですすぎます。その後、しっかり乾燥させてから、換気扇を装着します。

お風呂の換気扇のカビ臭いを防ぐ対策に重曹がおすすめ!

お風呂の換気扇がカビ臭くなってしまうのは、カビが生えやすい環境になっているからです。

つまり、浴室の中の湿度と室温が高く、乾燥などができていないからですね。

そして、もう一つ。

カビ予防のお手入れが足りないのかもしれません。

カビ予防のためのお手入れには、重曹がおすすめです。

重曹を使ったカビ予防のための換気扇の掃除方法を説明していきますね。

まず、用意するものは、次のとおりです。

  • ごみ袋
  • 重曹(粉末)
  • お湯(40度前後)
  • ゴム手袋
  • 掃除機
  • タオル
  • スポンジまたは、ブラシ

具体的な掃除方法を説明していきます。

  1. お風呂の換気扇の電源を完全に切ります。事故を防ぐためにも、完全に電源オフになったことを確認してから、掃除を始めましょう。
  2. お風呂の換気扇の取扱説明書を確認しながら、すべての部品を取り外していきましょう。取扱説明書が手元にない場合は、換気扇の型番でネット検索をすれば、取扱説明書が出てきます。
  3.  重曹1に対して、2の分量の水を加えて、重曹水をつくります。取り外した換気扇の部品をゴミ袋に入れたら、重曹水を加えましょう。そのまま、30分程度、つけ置きをします。
  4. 換気扇の本体の部分にほこりやゴミが溜まっている場合は、掃除機で吸い取っておきます。汚れがこびりついている場合は、固く絞った雑巾で取り除いておきましょう。
  5. つけ置きしておいた換気扇の各部品を取り出して、熱いお湯ですすぎます。汚れが付いている場合は、スポンジやブラシで磨いて取り除いておきましょう。洗剤が必要な場合は、お風呂の中性洗剤を使うのがおすすめです。
  6. 換気扇の各部品の水分を、乾いた布で拭き取っていきます。その後、しっかりと乾かしておきましょう。完全に乾いたら、換気扇の各パーツを取り付けていきます。

換気扇の各パーツを装着したら、電源を入れて、ちゃんと作動するかを確認しておきましょう。

お風呂の換気扇のカビ取りにカビキラーがおすすめな理由と注意点

お風呂の換気扇にこびりついた頑固なカビ取りには、カビキラーがおすすめです。

特に頑固なカビに効果的なので、それなりに威力があり、それだけに利用するときは注意も必要です。

頑固なカビ取りにカビキラーがおすすめな理由と使用するときの注意点を説明していきます。

お風呂の換気扇の頑固なカビにはカビキラーがおすすめな理由

カビキラーには、頑固なカビに力を発揮する成分だけが配合されています。

重曹やクエン酸など使っても、カビが落ちない場合は、最終手段としてカビキラーがおすすめです。

特に、カビを分解する力が優れているので、フィルターにこびりついた頑固なカビに、強力な効果を発揮します。

カビキラーがカビをしっかり分解するのは、水酸化ナトリウムと次亜塩素酸、独自の浸透性が配合されているからです。

カビにカビキラーを吹きつけると、水酸化ナトリウムがカビ細胞を壊してくれます。

その後、次亜塩素酸と独自の浸透成分が細胞の中に入り込んで、本格的に分解をしてくれるのです。

お風呂の換気扇を回すと、カビ臭い匂いが浴室の中に充満するのなら、すぐにでもカビキラーで対策をしていきましょう。

たった1回の掃除だけで、カビ臭さがかなり軽減されるはずです。

MEMO
カビキラー以外にも、強力なカビ取り剤が多数販売されていますが、カビキラーは一般的なカビ取りの3倍もの威力があり、カビを分解するスピードも早いのが特徴です。

お風呂の換気扇掃除にカビキラーを使うときの注意点

強力なカビ取り効果を発揮するカビキラーだからこそ、使用するときには2つの注意点があります。

1つ目は、掃除の時に換気をすることです。

しかし、換気扇の掃除中は換気扇が使えないので、窓を開けて換気をしましょう。

マンションなどで窓がない場合は、お風呂の扉を開けて、部屋の中の換気扇をつけると、換気が可能です。

そして、2つ目は酸性の洗剤と混ぜて使わないことです。

酸性の洗剤と混ぜてしまうと、化学反応で有毒ガスが発生する可能性があります。

酸性でなくても、カビキラーと他の洗剤を混ぜることによってトラブルが起こる可能性もあるので、基本的にはカビキラー単体で使うようにしましょう。

MEMO
必須ではありませんが、掃除の際には、マスクやゴム手袋を着用すると、アレルギーや肌荒れを防ぐことができます。特にデリケートな人は、マスクやゴム手袋の着用をおすすめします。

まとめ

お風呂の換気扇に発生しやすい汚れは、ホコリとカビです。

埃に湿気が混ざると、換気扇にへばりついて取れにくくなり、やがてカビになることもあります。

そうなる前に、定期的な掃除で対策しておけば、いつでも快適なバスルームで入浴タイムを満喫できます。

換気扇の取り外し方などを正しく理解して、汚れに合わせた掃除方法を実践していきましょう。