お風呂の椅子の掃除方法は?2種類の汚れと5つの洗い方

お風呂の椅子につきやすい汚れは、水垢や黒ずみなどです。
いつの間にか、白いカスが付いて取れなかったり、黒ずみがこびりついてブラシでこすっても消えなかったりなどで、苦労したことがありませんか?

水垢や黒ずみが椅子にこびりついてしまうと、普通の中性洗剤だけでは落ちなくなってしまいます。

そうなる前に、定期的に正しい方法で掃除をしておきましょう。

今回は、お風呂の椅子の水垢や黒ずみなどを落とす5つの方法をご紹介します。

お風呂の椅子の掃除の前に!汚れの2種類を知っておこう

お風呂の椅子にこびりついている白いカスや茶色、黒いシミなどの汚れには、2つの種類があります。

お風呂の椅子の汚れの2種類を詳しく説明していきます。

お風呂の椅子の汚れ:水垢

お風呂の椅子の汚れで最も多いのが、水垢です。

水垢とは、名前の通り、水道水が原因で発生する垢です。

水道水の中には、カリウムやカルシウムなどのミネラル成分が含まれています。

入浴の後に水が蒸発しても、水道水の中の成分だけは残り、白いカスとなってこびりついてしまうのです。

水道水からミネラル成分を取り除くことができないので、こまめに掃除をする習慣をつけるしかありません。

お風呂の椅子の汚れ:黒ずみ・カビ

水垢からさらに進行すると、黒ずみやカビに変わっていきます。

黒ずみは皮脂汚れ、石鹸カスの汚れの可能性が高く、シャンプーや体を洗ったときにシャワーの水に含まれて付着して発生します。

カビは、高温多湿な環境で繁殖しやすいので、水垢を取り除かずに放置しておいたことでカビになるケースが多いです。

これらの汚れはすべて、アルカリ性なので、酸性の洗剤や成分で掃除すると、すぐに落ちます。

それでは次からは、椅子の汚れ別に具体的な掃除方法を説明していきます。

水垢がついたお風呂の椅子の掃除方法

水垢の段階でしっかり汚れを落としておくと、黒ずみやカビを防げます。

お風呂の椅子の水垢を落とすには、クエン酸やオキシクリーンがおすすめです。

それぞれの掃除方法を説明していきます。

お風呂の椅子をクエン酸スプレーで掃除!

少し水垢がついている程度なら、クエン酸スプレーだけできれいに落とせるはずです。

クエン酸スプレーでお風呂の椅子の水垢を掃除するときは、次のようなものを用意しましょう。

用意するもの
  • クエン酸
  • スプレーボトル
  • スポンジやブラシ
  • サランラップ
  • キッチンペーパー

それでは、具体的な掃除方法を説明していきます。

クエン酸スプレーで掃除する方法
  1. 水1カップにクエン酸小さじ1を混ぜ合わせて、スプレーボトルに入れます。
  2. お風呂の椅子の水垢がついているところに、クエン酸スプレーを吹きかけます。
  3. クエン酸スプレーを吹きかけたところにキッチンペーパーとサランラップをかぶせて、約1時間くらい放置します。
  4. キッチンペーパーとラップをはがした後に、スポンジやブラシで擦ります。
  5. シャワーできれいに洗い流して、終了です。

お風呂の椅子をクエン酸スプレーで掃除する時は、次のような注意点があるので、しっかりチェックしておきましょう!

注意
スポンジやブラシでお風呂の椅子をこすり過ぎると、傷がついてしまう恐れがあります。傷がついたところが溝となって、水が溜まりやすくなり、水垢発生の原因にもなるので、優しく擦りりましょう。

お風呂の椅子をオキシクリーンで掃除!

かなりしつこい水垢には、オキシクリーンがおすすめです。

オキシクリーンは、世界で有名な酵素系洗剤で、洗濯漂白剤としてよく知られています。

特に人間の皮脂や石鹸カスなどに効果を発揮するので、黒ずみになりかけている水垢を取り除くのに適しています。

オキシクリーンを使ったお風呂の椅子の清掃方法は、次のとおりです。

  1. 10Lのお湯に対してスプーン1杯のオキシクリーンを目安に、バスタブの中にオキシクリーン水を作ります。お湯の温度は、40度以上にしましょう。
  2.  水垢がついた椅子をバスタブの中のオキシクリーン水に投入します。他にも水垢が気になるものがあれば、一緒に入れておきましょう。
  3.  そのまま、5時間以上放置します。
  4. バスタブの中のオキシクリーン水を排水した後に、椅子をシャワーなどで軽く流して終了です。それでも、水垢が取れない場合は、スポンジで軽く擦りましょう。
MEMO
オキシクリーンのつけ置きは、6時間で効果がなくなります。そのため、つけ置き時間は6時間以内にしておきましょう。

黒ずみ・カビがついたお風呂の椅子の掃除方法

黒ずみやカビの除去には、さらに強力な酸性の成分や洗剤がおすすめです。

水垢の状態から、石鹸カスや皮脂汚れなどが原因で黒ずんでいたり、カビが発生している可能性が高いので、除菌効果も必要です。

そこでおすすめしたいのが、重曹ペーストとカビキラーです。

ここで、お風呂の椅子の黒ずみやカビを落とす方法を2つご紹介します。

お風呂の椅子を重曹ペーストで掃除!

重曹には、殺菌効果もあるので今後のカビを予防する効果も期待できます。

お風呂の椅子の黒ずみを重曹ペーストで掃除するときに、必要なものは、次のとおりです。

  • 重曹
  • スポンジやブラシ
  • サランラップか、キッチンペーパー

それでは、具体的な掃除方法を説明していきます。

お風呂の椅子を重曹ペーストで掃除する方法
  1. 水1に対して重曹3を加えて、重曹ペーストをつくります。容器の中でしっかり混ぜておきましょう。
  2. お風呂の椅子の黒ずみやカビの部分に、重曹ペーストを塗ります。
  3. 重曹ペーストを塗った上から、キッチンペーパーか、サランラップで密閉しておきます。その後、30分程度放置します。
  4. 密閉していたキッチンペーパーやサランラップを剥がしてから、シャワーでしっかりと洗い流します。その時に、汚れがまだ落ちない場合は、スポンジなどを使って擦ってあげましょう。

お風呂の椅子を重曹水で掃除!

お風呂の椅子をこすらずに、黒ずみやカビをすっきり落としたい場合は、重曹水を使った掃除方法がおすすめです。

重曹水にお風呂の椅子をつけ置きして、黒ずみやカビを除去する方法は、次のとおりです。

  1. バスタブの残り湯が完全に冷めてしまわないうちに、重曹を大さじ1カップ入れて溶かします。
  2.  バスタブの重曹水の中にお風呂の椅子を入れて浸け置きします。約半日程度、放置しておきます。
  3.  重曹水から椅子を引き上げて、黒ずみやカビの部分をスポンジなどで擦ります。細かいところは、スポンジで擦り切れないので、ブラシなどを使って擦りましょう。
  4. シャワーなどで、椅子を磨磨いたら終了です。
MEMO
重曹だけで黒ずみが落ちなかった場合は、重曹水に1カップ程度のクエン酸を加えると、取れやすくなります。

お風呂の椅子をカビキラーで掃除!

さらにしつこい黒ずみやカビには、カビキラーでの掃除がおすすめです。

カビキラーは、ご存知の通り、カビ除去専用のスプレータイプの洗剤。

赤いスプレーボトルが目印のジョンソンから販売されている強力な塩素系漂白剤です。

カビキラーの主な成分は、次亜塩素酸塩と水酸化ナトリウム。

2つの成分がカビや雑菌の細胞内部までに浸透して、根から除去してくれるのです。

そのため、カビキラーで掃除するごとにカビが発生しにくくなり、カビ予防にもなります。

カビキラーを使ったお風呂の椅子の掃除方法を説明していきます。

カビキラーを使ったお風呂の椅子の掃除方法
  1. お風呂の椅子の表面をシャワーで洗い流して、軽くすすぎます。表面には、皮脂や石鹸カスなどが付いているので、シャワーで洗い流しておくことで、カビキラーの効果が上がります。
  2.  お風呂の椅子の黒ずみやカビが気になるところに、10cm離れたところから、カビキラーを吹き付けます。近くからカビキラーを吹きつけてしまうと、跳ね返ってくる恐れがあるので注意しましょう。また、手荒れ防止のためにゴム手袋の着用もおすすめします。
  3. そのまま、10分以上放置しておきます。かなり汚れがひどい場合は、30分以上放置しましょう。
  4. 放置時間が終了したら、シャワーでカビキラーをしっかりと洗い流しておきます。椅子はもちろんのこと、床や壁などにカビキラーが残らないように、よく確認しながらシャワーで洗い流しておきます。

また、カビキラーを使用する時は、他の成分や洗剤を使わないように気をつけましょう。

注意点
カビキラーに、クエン酸や重曹、オキシクリーンなどの酸性洗剤を混ぜると、有害ガスが発生するので要注意です。また、除菌用のアルコールも禁物です。安全確保のためにカビキラー単体で使うことをおすすめします。

まとめ:お風呂の椅子は正しく掃除すれば綺麗に保てる!

お風呂の椅子の汚れが落ちないからといって、買い換える必要はありません。
かなり古い椅子であれば、買い替えても良いのかもしれませんが、まだ新しい場合は、お手入れをしながら、できるだけ、長く使い続けたいものですね。

お風呂の椅子の汚れには、水垢や黒ずみ、カビなどがあります。
それぞれの汚れの度合いによって、掃除方法や使う道具などが違いますので、ご紹介した手順を参考にしていただけると、嬉しいです。