ファーの洗濯におすすめの宅配クリーニング業者ランキング&洗濯のコツ!

コートやダウンは、ファーがついているだけで高級に見えておしゃれですね。
しかし意外に、家でのファーのお手入れは難しく、宅配クリーニング業者などに依頼する人が多いことでしょう。

宅配クリーニング業者によっては、ファーのクリーニングの受付不可なケースがあります。

だからこそ、宅配クリーニング業者選びのコツを知っておくと便利です。

ここでは、ファーのクリーニングにおすすめな宅配クリーニング業者選びのポイントや自宅で洗濯する時のコツなどをご紹介します。

ファーの宅配クリーニング業者選びのポイント!

ファーだけではなく、レーザーやムートン、毛皮などはクリーニング店に依頼しても断られることが多かったです。
しかし最近は、ファーなどの受付もできる宅配クリーニング業者が増えています。

大切なファーのクリーニングを安心して依頼できる宅配クリーニング業者を選ぶときの3つのポイントは、次の通りです。

  1. ファーのクリーニング料金が明確な業者
  2. 洗濯の質にこだわっている業者
  3. 賠償基準を記載している業者

ファーのクリーニング自体を受け付けていなかったり、ファーの種類によってはクリーニングを受け付けていたりなど、宅配クリーニング業者によって様々です。

そのため、他の衣類と比べるとファーのクリーニング料金が業者によっては分かりにくいので、明確に記載されている宅配クリーニング業者を選ぶことです。

また高級でデリケートなファーなので洗濯の質にこだわっており、なおかつ、賠償基準も分かりやすく記載している業者を選ぶべきです。

そうしたことを踏まえて、次の項目からは道のポイントを詳しく説明していきます。

ファーのクリーニング料金が明確

ファーには、リアルファーとフェイクファーがあり、宅配クリーニング業者によってクリーニングの受付方が違います。

取り外しができるフェイクファーのみ受け付けている業者もあれば、取り外しができないリアルファーでも衣類とセットで1点としてカウントして、クリーニングを受け付けている業者もあります。

リアルファーとフェイクファーの違いは?
リアルファーは、動物の毛皮が素材の本物の天然素材です。フェイクファーはタオル地やベロア素材と似た構造で作られた人工的な毛皮です。

フェイクファーよりもリアルファーの方がデリケートなので、クリーニングを受け付けていない業者が多かったのですが、最近はリアルファーのクリーニング受付可能な業者が増えています。

そうした状況を踏まえながら、ファーのクリーニング料金を明確に記載している業者を見極めるための3ステップを押さえておきましょう。

ファーのクリーニング料金確認の3ステップ
  1. リアルファーとフェイクファーのクリーニングの受付方法や受付条件を調べる
  2. パック料金で受付ている場合は、1点のカウント方法を調べた後にオプション料金が発生しないかを確かめる
  3. 単品料金で受け付けている場合は、リアルファーとフェイクファーそれぞれに該当する料金を確かめる

この3ステップから、依頼したいファーの種類に該当した料金を確かめることができます。
しかし、このような手段を使っても腹の依頼料金が分かりにくい業者はなるべく選ばない方が良いでしょう。

洗濯の質にこだわっている

リアルファーはフェイクファーもデリケートな素材なので、洗濯の質にこだわりを持つ業者を選ぶべきです。
宅配クリーニング業者を選ぶとき料金に目が行ってしまいがちですが、ファーのクリーニングを依頼する場合は、料金よりも洗濯の質に注目しましょう。

ファーのクリーニング料金を分かりやすく記載している業者は、特別な素材に対しての洗濯方法を提供しており、高級クリーニングなどにも対応している業者が多いです。

そのため、洗濯の質にこだわっている業者を選ぶ時の判断材料として、ファーのクリーニング料金のわかりやすい記載がポイントになります。

MEMO
有料のプレミアム会員などに登録することで洗濯の質をアップしている業者もあります。有料会員の内容などを調べて、納得できる範囲の料金であれば有料会員の検討もおすすめです。洗濯の質が上がるだけではなく、様々なサービスを受けられるので逆にお得なケースが多いです。

賠償基準を記載している

素材の質がデリケートなそうだからこそ信頼できる宅配クリーニング業者に依頼しても何かのトラブルが起こる可能性が高いです。

もしも、クリーニングの際に依頼していたファーが傷んだりなどのトラブルがあった場合に、どのような対処をしてくれるか?の判断材料として、賠償基準を確認しておくべきです。

宅配クリーニング業者の公式サイトには賠償基準を記載しているページがあるので内容をしっかり確認しておきましょう。
その中で、賠償基準の記載が明確ではない業者は、あまりおすすめできません。

注意
賠償基準の範囲や内容は宅配クリーニング業者によって違うので、細かく確認しておく必要があります。もしも不明な点がある場合は、クリーニング依頼の前に問い合わせて確かめておきましょう。

ファーの宅配クリーニング業者を比較!

ファーの宅配クリーニング業者の選び方をご紹介したところで、三つのポイントを基準にして人気の何社かの宅配クリーニング業者を比較していきます。

比較した上で、評判の良い宅配クリーニング業者を見極めていきましょう。

【クリーニング料金が明確】 【洗濯の質】 【賠償基準の記載】
リネット 二重丸 丸 二重丸
クリラボ 丸 二重丸 丸
リナビス 二重丸 二重丸 二重丸
せんたく便 二重丸 丸 二重丸
白洋舎 らくらく宅配便 二重丸 二重丸 丸
デリウォッシュ 二重丸 三角 丸
クリーニングラボ 三角 丸 丸
クリコム 三角 丸 丸
美服パック 三角 丸 二重丸
ココデカウ 三角 丸 不明

3つのポイントを基準に、何社かの宅配クリーニング業者を比較してみると、評判の良い業者が一目瞭然ですね。

次からは、評判が良かった3つの業者の特徴とメリットを詳しく分析しながら、ランキング形式で評価していきます。

ファーの宅配クリーニングおすすめ業者ランキング!

1位:リナビス

リナビス
ポイント
  1. 衣類や素材に合わせた20種類の洗浄方法を用意
  2. リアルファーとフェイクファーのクリーニング料金が明確
  3. 最大9ヶ月無料の保管サービスがついている
  4. 生地への負担を減らす自然乾燥を実施
  5. 賠償基準の内容がわかりやすい
CHECK
リナビスは、パック料金での受付を行っている中で、リアルファーとフェイクファー、取り外しが可能なファーなどわかりやすくクリーニング料金を記載している業者です。パック料金制では珍しく、細かくクリーニング料金が記載されているので安心して依頼できます。無料で最大9ヶ月の保管サービスなど良心的なシステムも評判です。
リナビスの評価
クリーニング料金が明確
(5.0)
洗濯の質
(4.5)
賠償基準の記載
(5.0)
総合評価
(5.0)

2位:リネット

リネット
ポイント
  1. 一部ファーやファーコートなどの料金が明確
  2. 一流のアパレルブランドに選ばれるレベルの上質なクリーニング
  3. 月額300円程度のプレミアム会員でさらに洗濯の質が上がる
  4. 有料で保管サービスも提供している
  5. 賠償基準が分かりやすく記載されている
CHECK
リネットは、ファー1点などの少ない点数での依頼に最適な宅配クリーニング業者です。基本的な単品料金の他に素材別などのオプション料金がわかりやすく記載されているので、料金の比較がスムーズです。また、リピーターには、サービス内容が充実した有料のプレミアム会員制度が評判です。
リネットの評価
クリーニング料金が明確
(5.0)
洗濯の質
(4.5)
賠償基準の記載
(4.5)
総合評価
(4.5)

3位:白洋舎 らくらく宅配便


ポイント
  1. 毛皮製品やファーのクリーニング料金がわかりやすい
  2. 水洗いやドライクリーニングの他にも様々な洗濯方法を提供
  3. 高級ブランドクリーニングや素材別クリーニングも充実
  4. 賠償基準が明確に記載されている
  5. オプションで保管サービスの利用が可能
CHECK
白洋舎らくらく宅配便は、水洗いやドライクリーニングの他にも高級ブランドや素材別、ローヤルクリーニングなど様々な洗濯方法を用意しています。創業1906年の老舗クリーニング業者で、実績とともに種類豊富な洗濯方法や料金システムなど信頼できる業者です。
白洋舎 らくらく宅配便の評価
クリーニング料金が明確
(4.5)
洗濯の質
(5.0)
賠償基準の記載
(4.5)
総合評価
(4.5)

ファーの宅配クリーニング業者の料金相場!

評判が良かった3つの宅配クリーニング業者の特徴やメリットを把握した上で、ファーのクリーニング料金の相場を検証していきましょう。

ファーの種類によって料金が大きく違うので、相場を知っておく方が高いクリーニング業者選びがスムーズです 。

料金
リネット 毛皮ショートコート12,000円〜、毛皮ハーフコート13,000円〜、毛皮コート15,000円〜、毛皮ボア・帽子・ストール・ボレロ6000円〜、毛皮ベスト8000円〜、毛皮ワンピース12,000円〜、一部毛皮2000円〜
リナビス 5点 7,800円、10点 10,800円、20点 18,800円
白洋舎 らくらく宅配便 毛皮コート9300円〜、毛皮ハーフコート8200円〜、毛皮ジャケット5500円〜

ファーの宅配クリーニング料金は3社で比較してみると、料金相場は次のようになります。

  • ファーコート類 8000円〜12000円程度
  • ファー小物類 5000円〜6000円程度
  • 一部ファー 1000円〜2000円程度

パック料金と単品料金、オプション料金などで1点あたりの料金が大きく変わるので、トータルの料金を出してから比較するとわかりやすいです。

ファーを洗濯するコツ!宅配クリーニングと比較すると?

宅配クリーニング業者でも慎重に扱っているファーですから、家での洗濯にもそれなりにコツが必要です。

洗い方によって仕上がりがかなり違うので、家でお手入れをするなら、正しい洗い方をマスターしておきましょう。

ここで、ファーを家で洗濯するときのコツを説明した上で、手間や仕上がりの観点から宅配クリーニング業者との比較をします。

ファーを洗濯するコツ!宅配クリーニングと比較すると?

ファーは、洗い方によって仕上がりがかなり違うので、家でお手入れをするなら、正しい洗い方をマスターしておきましょう。
ここで、ファーを家で洗濯するときのコツを説明した上で、手間や仕上がりの観点から宅配クリーニング業者との比較をします。

ファーのお手入れ&洗濯方法

ファーにはリアルファーとフェイクファーがあり、リアルファーの方がデリケートなので取り扱いに注意しなければいけません。

そうしたことを踏まえた上で、ファーのお手入れと洗濯方法をご紹介します。

ファーは洗濯できる?

ファーを洗濯すると毛が抜けてしまいそう、型が崩れそう…と不安になる人が多いことでしょう。

確かに、かなり優しく扱わなければ、毛が抜けたり、型が崩れてしまう恐れがあります。

しかし、ファーは洗濯できないわけではありません。

正しいお手入れ方法を基本にした上で、必要に応じて洗濯も可能です。

注意
ファー付きコートなどを洗濯する場合は、コートの素材や洗濯表示もしっかり確認しましょう。特に革製のコートは色落ちのリスクがあるので、色落ち確認をしておくべきです。

ファーのお手入れ方法

ファーの普段のお手入れ方法は、次の通りです。

  • ブラッシングで埃を取り除いて毛並みを整えておく
  • 襟口や袖口などは特に汚れをチェックしておく
  • 気になる汚れがあるときは、おしゃれ着用洗剤を溶かした水にタオルを浸して、固く絞ってから汚れの部分を拭き、その後、乾いたタオルで水分を拭き取る

ファーの洗濯方法

基本的にはお手入れで管理し、必要に応じてファーの洗濯可能です。

ファーの洗濯方法は、次の通りです。

  1. ファーのぱさつきを防止するために羊毛脂のラノリンオイルとおしゃれ着用洗剤を混ぜた専用のオイルを作ります。洗面器に水かぬるま湯を入れたら、ラノリンオイル5cc程度におしゃれ着用洗剤を2滴程度入れます。ラノリンオイルがない人は、ヘアコンディショナーなどでも大丈夫です。
  2. 洗面器の中にファーを入れて、優しく振り洗いをします。ゆっくりと何回も振るのがポイントです。
  3. 洗面器の中の水を入れ替えて、洗剤が落ちるまで何度もすすぎ洗いをします。
  4. すすぎ洗いが終わったら、軽く絞って、乾いたタオルで水分を取り除きます。
  5. ハンガーにかけたファーを、風通しの良い日陰で乾かします。

ファー付き手袋や帽子の洗濯方法

ファー付きの手袋や帽子などの小物を洗濯は、ファー単体での洗濯方法と少し異なるので気をつけましょう。

ファー付きの小物の洗濯方法は、次の通りです。

  1. 洗濯表示を確認しましょう。洗濯表示に×が付いている場合は、家では洗えません。ファーが洗濯可能であっても、手袋や帽子の素材によっては洗濯不可能なケースがあります。
  2. 洗面器などに30度くらいまでのぬるま湯を入れます。適量のおしゃれ着洗剤を加えて溶かします。
  3. 優しく押し洗いをします。強く押したり、揉んだりしないように気をつけましょう。長時間のつけこみ洗いもありますが、素材によって傷んでしまう可能性が高いので、おすすめできません。
  4. 洗面器の中のぬるま湯を入れ替えて、すすぎ洗いをします。
  5. すすぎが終わったら、軽く絞って洗濯機のソフト脱水コースで1分程度の脱水をします
  6. 風通しの良い日陰で乾かしましょう。ファーにボリュームがなくなっていたら、ドライヤーの冷風でブラッシングしながら乾かすと、ボリュームが戻ります。

ファー付きモッズコートなどのお手入れ方法

ファー付きのモッズコートなどは、基本的に洗わずにお手入れするのがおすすめです。

ファー付きのモッズコートのお手入れ方法は次の通りです。

モッズコートのお手入れ方法
  • 普段は、ファーをブラッシングして埃を取ったり、毛並みを揃えたりしておく。
  • ファーの部分にボリュームがなくなった場合は、リンスを溶かした水に浸したタオルを固く絞って毛先を中心に拭いたあと、ドライヤーの冷風で乾かす。
  • 襟口や袖口に汚れがある場合は、おしゃれ着洗剤を溶かした水を染み込ませてから固く絞ったタオルで早めに拭き取る。

このように、ファーには普段のお手入れ方法と特別な汚れがあるときの洗濯方法があり、どちらも手間と時間がかかります。

宅配クリーニング業者に依頼すれば、リーズナブルな料金で高級クリーニング並みのクリーニングが叶います。

ファーのクリーニングに対応した宅配クリーニング業者が増えてきているので、絶対に利用してみるべきです。

ファーの宅配クリーニングのQA!

コートのフード周りについているリアルファーはクリーニング可能ですか?

基本的にコートの素材がクリーニング可能であれば、受付可能となっていますが、現物を見てから判断するので相談しましょう。

取り外せるファーは1点として、カウントされますか?

パック料金の場合は、1点としてカウントされることが多いです。

リアルファーとフェイクファーでは、クリーニング料金が違うのでしょうか?

ファーの素材によって洗濯方法が変わるので、料金が異なるところが多く、リアルファーの方が少し料金が上がる傾向にあります。

ジャケットのファーが取り外せないのですが、そのままクリーニングに出してもいいでしょうか?

クリーニング可能なジャケットであれば出していただいても構いません。ただし、基本的には現物を見てからクリーニングの可否が決まります。

ファー付きの革製の手袋のクリーニングは可能でしょうか?

革製の手袋がクリーニング可能であれば、基本的には受付可能ですが、現物を見てからの判断になります。