ダウンの洗濯におすすめの宅配クリーニング業者ランキング&洗濯のコツ!

例えば、ビジネスシーンなどで頻繁に着用するワイシャツのクリーニングは、洗濯の質とスピードが重要ですね。

しかし、ダウンは季節ものなので丁寧な洗濯と長期間の保管を重視したいところです。

特にダウンの場合は、素材や付属品に様々な種類があるので、洗濯方法や保管方法にこだわるべきです。

今回は、ダウンの洗濯におすすめな宅配クリーニング業者をランキング形式でご紹介し、家での洗濯のコツも解説していきます。

ダウンの宅配クリーニング業者選びのポイント!

ダウンジャケットやコートは、付属品がついていたりデリケートな素材で作られていたりするので、信頼できる宅配クリーニング業者に依頼した方が良いでしょう。

ダウンの宅配クリーニング業者選びをするときに押さえておきたい3つのポイントをご紹介します。

3つのポイント
  • ダウンクリーニングの料金が明確な業者
  • ダウンの洗濯方法にもこだわっている業者
  • 保管サービスが充実している業者

ダウンジャケットやコートには、ベルトやフード、ファーなどがついていたり、特別な方法で選択しなければいけない素材が使用していたりします。

だからこそ、この3点を押さえた業者を選ぶべきなのです。

ここで、それぞれのポイントを詳しく解説していきます。

ダウンのクリーニング料金が明確

ダウンジャケットなどにはカシミヤやレザーの使用や取り外せるフードやファーなど、素材や付属品が少々複雑です。
素材や付属品に対してオプション料金がかかる業者もあれば、かからない業者もあります。

どのアイテムにオプション料金が加算されるかも、業者によって違います。
クリーニングに出してから、業者よりオプション料金の加算の連絡がくるケースが多いですが、クリーニングに出す前にある程度の料金は知っておきたいものです。

ダウンの素材や付属品のクリーニング料金をしっかり表示している業者を選びましょう。

注意
中には、ファーなどの毛皮製品のクリーニングが受付不可になっている業者もあります。依頼したい業者のサイトに付属品などの料金が表示されていない場合は、クリーニングに出す前の電話確認をおすすめします。

ダウンの洗濯方法にもこだわっている

ダウンのクリーニング料金を明確に表示している業者は、ダウンの素材や付属品に対しての洗濯にもこだわりを持ち、クリーニングや乾燥方法について詳しく明記しています。
家で洗濯するとよくわかりますが、ダウンは素材に合わせて正しくクリーニングしなければ、傷んでしまったり、ボリュームがなくなってしまったりします。

だからこそ、ダウンのクリーニングや乾燥方法をちゃんと明記している業者を選びましょう。

ダウンクリーニング方法のチェックポイント
  • ダウンの素材に対しての洗濯方法やオプション料金が明記されているか
  • ダウンの付属品に対しての洗濯方法が明記されているか
  • ダウンの乾燥方法が説明されているか

保管サービスが充実している

どこの宅配クリーニング業者でも保管サービスは提供されていますが、保管期間や料金についてはばらつきがあります。
宅配クリーニング業者の会員登録で保管サービスを受けられたり、無料で保管期間が決まっていたり、有料で保管サービスを利用できたりなど様々です。

ダウンは、秋冬専用のファッションアイテムなのと、ボリュームがある分、家で保管しておくとスペースを取ってしまいます。
宅配クリーニング業者の保管サービスを利用すれば、クリーニング後の状態のままで保管できる上に、家での保管スペースの確保の手間が省けます。

保管サービスの確認ポイント
  • 保管サービスは有料か?無料か?
  • 無料の場合の保管期間はどれくらいか?
  • 有料の場合の料金形態はどんな内容か?
  • 有料の場合の料金はどれくらいか?

ダウンの宅配クリーニング業者を比較!

ダウンの宅配クリーニング料金は、業者によって分かりにくく、幅もかなりあるので、比較した方が選びやすいです。
ダウンの宅配クリーニングで評判が良い業者を10社セレクトしましたので、先ほどお話しした3つのポイントで、評価しながら比較していきます。

【料金の明確さ】 【洗濯方法へのこだわり】 【保管サービスの内容】
リネット 二重丸 二重丸 丸
クリラボ 丸 二重丸 二重丸
リナビス 丸 二重丸 二重丸
せんたく便 丸 丸 二重丸
白洋舎 らくらく宅配便 丸 丸 三角
デリウォッシュ 丸 三角 三角
クリーニングラボ 三角 丸 三角
クリコム 丸 丸 丸
美服パック 丸 丸 丸
ココデカウ 三角 丸 三角

このように比較してみると、保管サービスの内容が充実していない、料金が高いなどのデメリットがある業者が多いので、ダウンを保管して欲しい場合は、保管サービスのチェックをしっかりしておきましょう。

ダウンの宅配クリーニングおすすめ業者ランキング!

ダウンの洗濯におすすめの宅配クリーニング業者の中でも、特におすすめな3つの業者の特徴やメリットを見ていきましょう。

1位:リネット


ポイント
  1. 一点ずつのクリーニング料金になっている
  2. ダウンのクリーニング料金がわかりやすい
  3. ジャケットとコートの丈についても明記されている
  4. ダウンの付属品や素材の料金も明記されている
  5. 保管サービスの内容がわかりやすい
CHECK
リネットはダウンのクリーニング料金を細かく表示している業者です。一点ずつのクリーニング料金なのでダウン1点・2点というような少ない依頼をしたい人におすすめです。

素材や付属品別でオプション料金が発生しますが、丁寧に洗濯してくれるので安心できます。

リネットの評価
料金の明確さ
(5.0)
洗濯方法へのこだわり
(5.0)
保管サービスの内容
(4.5)
総合評価
(5.0)

2位:リナビス


ポイント
  1. 無料サービスが充実している
  2. フェイクファーやベルトなどが一点に含まれている
  3. カシミヤなどの上質素材のオプション料金が発生しない
  4. 無料で最大9ヶ月の保管サービスがついている
  5. 基本的な洗濯方法が明確に説明されている
CHECK
リナビスはダウンのクリーニングをはじめ、全般的に無料サービスが充実している業者です。すべての洗濯物に対して無料で最大9ヶ月の保管サービス付きで、ダウンの付属品や素材に対しての料金設定も良心的です。取り外せない付属品の点数はカウントされず、カシミヤやアンゴラシルクなどの上質素材もオプション料金なしなので高級ブランドを依頼するのにおすすめです。
リナビスの評価
料金の明確さ
(4.5)
洗濯方法へのこだわり
(4.5)
保管サービスの内容
(5.0)
総合評価
(5.0)

3位:せんたく便


ポイント
  1. 有料の保管サービスが充実している
  2. リピートするほど料金が安くなる
  3. コートやダウンの高級クリーニングが得意
  4. クリーニングのパック料金が安い
  5. 送料とシミ抜き、再仕上げが無料
CHECK
せんたく便は、有料の保管サービスの充実や(リピートバッグを利用して)リピートするほどに料金が安くなるのが魅力です。また、基本的なクリーニングのパック料金も相場の半分の価格で利用できます。リピート料金は300円程度安いので、初回だけではなく続けて利用した方がお得です。ダウンだけでなく継続的に日用品を依頼したい人におすすめです。
せんたく便の評価
料金の明確さ
(4.0)
洗濯方法へのこだわり
(4.5)
保管サービスの内容
(4.5)
総合評価
(4.5)

ダウンの宅配クリーニング業者の料金相場!

ダウンの宅配クリーニング料金は、オプション料金が発生したりなどで業者によって幅があります。
オプション料金が加算されると合計がかなり高くなることもあるので、まずは相場を知っておきましょう。

ここで、ダウンの宅配クリーニング料金の相場を見ていきます。

料金
リネット

ダウンベスト2,280円~、ダウンジャケット2,850円~、ダウンコート3,150円~

カシミヤ、アンゴラ、モヘア、シルク(絹)、麻、合皮、ベロア、アルパカなどのデリケート素材は+200円

一部革製品、ライナーは+200、ダウンライナー、一部ファー/ボア、全面ファー/ボアは+1,000円

リナビス

5点コース7,800円、10点コース10,800円、20点コース18,800円

取り外せる付属品は1点としてカウント

せんたく便 最速10パック料金6,980円、最速5パック料金4,980円

最速10リピート料金6,680円、最速5リピート料金4,680円

宅配クリーニングの3社の料金を比較してみると、オプション料金を省いたダウンの料金相場は、1,500円〜2,200円程度です。
付属品や素材によってオプション料金が大きく変わるので、クリーニング業者選びで料金をポイントにする場合は、しっかり確認しておく必要があります。

ダウンを洗濯するコツ!宅配クリーニングと比較すると?

ダウンを家で洗濯する場合は、洗濯方法だけではなく乾燥方法にも気を使わなければ、ダウンのふわふわ感がなくなってしまうなどのトラブルが起こる可能性が高いです。

できれば、正しい洗濯と乾燥方法でお気に入りのダウンジャケットやコートを長持ちさせたいですね。

ここで、家でダウンを洗濯するときのコツをご紹介します。

ダウンの洗濯マークをチェック

ダウンの素材によっては家で洗えないものもあるので、まずは洗濯マークをチェックしましょう。

ダウンについている洗濯マークの見方は、次の通りです。

洗濯マークの見方
  • 洗面器にバツ印が付いている・・・洗濯不可
  • 洗面器に手のマークがついている・・・手洗いならOK
  • 洗面器に数字が書かれている・・・表示されている数字の温度で洗う
  • 数字が書かれている洗面器の下に一本線がある・・・表示されている数字の温度で洗う&弱めで洗濯
  • 数字が書かれている洗面器の下に二本線がある・・・表示されている数字の温度で洗う&かなり弱めで洗濯

ダウンの基本的な洗濯方法

家の洗濯機でダウンを洗う場合の基本的な方法は、次の通りです。

  1. フードなどの付属品はすべて外します。襟元や袖口に汚れがついている場合は、おしゃれ着用洗剤で先に洗っておきましょう。ファスナーは閉めておきます。
  2. 大きめの洗濯ネットに折りたたんだダウンを入れます。
  3. 洗濯マークに表示されている温度の水を洗濯槽に張ってから、おしゃれ着用洗剤を適量を入れて溶かします。洗濯ネットに入れたダウンを水の中に押し込みます。
  4. 脱水まですべて完了したら、日当たりや風通しの良いところに干して乾かします。
  5. 手洗いのドライモードで、脱水は1分以内に設定したら、洗濯機のスタートボタンを押します。
  6. 脱水まで完了したら、ダウンを取り出して羽毛が均等になるように形を整えます。
  7. 太めのハンガーにダウンをかけてから、風通しの良い日陰に干しておきましょう。

洗濯したダウンを乾燥機で乾かしてもいい?

洗濯したダウンは、乾燥機で乾かすことも可能ですが、温度設定に気をつけましょう。

ダウンを自宅の乾燥機で乾かす場合は、温度設定を低温にして10分ごとに乾き具合を見ながら、羽毛に偏りがないかチェックして、均等に整えましょう。

低温に設定して乾燥機をかけたとしても、途中で様子を見なければ羽毛に偏りが出て、形が崩れてしまう恐れがあります。

こうして見てみると、家でダウンを洗濯する場合は、かなり手間がかかります。
また、洗濯のコツを押さえているからといって必ずしも良い状態でダウンを仕上げられるとは限りません。

宅配クリーニングなら絶対に満足がいく仕上がりになるので、お気に入りのダウンを長持ちさせるためにも、宅配クリーニングを利用するべきです。

ダウンの宅配クリーニングのQA!

ドライクリーニングできるならダウンコートも注文できますか?

多くの業者で可能です。ただしダウンコートには素材の違いがあるので、正式には見てからの判断になる場合もあります。

フード周りのリアルファーは洗濯できないのでしょうか?

リアルファーの種類によっては洗濯できないこともありますが、基本的には可能です。

注文するときにどのオプションを選べばいいのかがわかりません。

業者によりオプションは異なりますが分からない場合は、電話するか、そのまま注文しても、実物を見たうえでオプション料金をお知らせしてくれるところも多いです。
基本的には了承を得てからクリーニングを始めますのでご安心下さい。

はっ水加工はするべきでしょうか?

お客様のご希望によります。また、ダウン素材にもよるので業者側に相談することも可能です。

クリーニング後のダウンにシミがありました。再仕上げは可能でしょうか?

再仕上げは可能ですが必ずしもシミが落ちない場合もあります。