ブラウスの洗濯におすすめの宅配クリーニング業者ランキング&洗濯のコツ!

ブラウスは、春夏秋と着られるものが多いので着用頻度が高く、家で洗濯する人が多いはずです。

しかし、ブラウスの中には、家の洗濯機で洗えないものやデリケートな素材もあるので要注意です。

色落ちやシワなどを考えると、やはり宅配クリーニング業者に依頼したほうがいいですね。

ここでは、ブラウスにおすすめの宅配クリーニング業者の選び方や料金相場、家での洗濯方法などをご紹介します。

ブラウスの宅配クリーニング業者選びのポイント!

ブラウスには様々な素材があり、汗抜きや撥水の加工が必要なケースもあります。

また、デリケートな素材が使われている場合は特に、素材に合わせた洗濯方法で管理する必要があります。

そうしたことを踏まえると、宅配クリーニング業者を選ぶとき、次の3点が重要なポイントになります。

  1. 料金がわかりやすい業者
  2. クリーニングの質が高い業者
  3. 汗抜き加工などのサービスが充実している業者

料金のわかりやすさとは、素材別や装飾別の料金が記載されており、合計金額が出しやすいと言う意味でのわかりやすさです。

リーディングの質は、素材に合わせた洗濯をしているか?加工メニューのサービスについては、汗拭きや撥水、シミ抜き等があるか?が重要ポイントになります。

それでは、3つのポイントを具体的に説明していきます。

料金がわかりやすい

宅配クリーニングの料金表を見てみると、ワンピースのクリーニング料金の合計がわかりにくい業者が多いです。

ワンピースのクリーニング料金には、基本的な料金のほかに、次のようなメニューの加算が考えられます。

加算される料金でチェックしたい3つのポイント
  1. 素材別のクリーニング料金
  2. 装飾品のクリーニング料金
  3. ブラウス丈によるクリーニング料

3つの加算料金について、解説していきます。

素材別のクリーニング料金

ブラウスは、次のような上質素材で作られているものもあります。

  • シルク
  • カシミヤ
  • リネン

ブラウスのラベルに使われている状態が表示されているので、クリーニングに出す前に確認しましょう。

上質素材が使われている場合は、宅配クリーニング業者の素材別料金を確認した上で、クリーニングの合計料金を計算すると、予算が分かりやすいです。

注意
宅配クリーニング業者によっては、上質素材が何%含まれているか?によって追加料金の金額が変わるケースがあります。上質素材の割合が低ければ追加料金がかからず、割合が高ければ追加料金が発生したりなど、様々です。料金表だけで確認できない時は、問い合わせてみるのもいいでしょう。

装飾品別のクリーニング料金

ブラウスには、次のような装飾品が施されていることがあります。

  • プリーツ
  • レース
  • フリル
  • ビーズ
  • スパンコール

このような装飾品がある場合は、オプション料金が発生します。

おすすめの宅配クリーニング業者には装飾品別の料金が記載されていますが、実際には記載されていない業者があります。

装飾品がついたブラウスをクリーニングに出すのなら、素材別のクリーニング料金を記載している宅配クリーニング業者を選ぶべきです。

丈の長さによるクリーニング料金

ブラウスは、丈の長さによってチュニックになったり、ワンピースになったりしますね。

最近は着回ししやすい衣類が増えているので、ブラウス扱いにはならない衣類もあります。

ブラウスの丈の長さによってクリーニング料金を決めている業者もあるので、料金をしっかりチェックしておきましょう。

クリーニングの質が高い

各宅配クリーニング業者の公式サイトには、洗濯方法や乾燥方法へのこだわりや取り組みについて記載されているページがあります。

まれに、簡単にしか記載されていないケースもありますが、ほとんどの場合は、わかりやすく記載されています。

クリーニング方法が記載されたページを確認して、質の高さを確かめておきましょう。

質の高さを確かめるポイントとして、

  • 高級クリーニングを受け付けているか
  • ブランドクリーニングを受け付けているか
  • 洗濯方法の種類が多いか

が挙げられます。

ブラウスは素材によって洗浄方法を変える必要があるので、できるだけクリーニングの質が高い業者を選びましょう。

MEMO
プレミアム会員などの特別な会員になることで、質が高いクリーニングを依頼できる業者もあります。リピートでの利用を考えているのであれば、プレミアム会員なども検討してみるといいでしょう。

汗抜き加工などのサービスが充実している

ブラウスにおすすめなオプション加工は、

  • 汗ぬき加工
  • 抗菌・防臭加工
  • 花粉防止加工

です。

汗抜き加工は、脇や襟元などに染み込んだ汗をしっかり落とす加工で、黄ばみを防止します。

汗が入る位に染み込んだままで、落としきれずに放置しておくと、酸化しての原因になる恐れがあります。

普通にクリーニングしただけでは、染み込んだ汗や臭いなどが取れないケースもあります。
そんな時のために抗菌・防臭加工もおすすめです。

また、花粉症がある人には、花粉防止加工もおすすめです。
特に春先にブラウスを着る場合は、花粉防止加工を依頼しておくといいでしょう。

ブラウスの宅配クリーニング業者を比較!

それでは、「料金がわかりやすい」「クリーニングの質が高い」「シミ抜きなどのサービスが充実」の3つのポイントで、人気の宅配クリーニング業者を比較してみます。

【料金がわかりやすい】 【クリーニングの質が高い】 【シミ抜きなどのサービスが充実】
リネット 二重丸 二重丸 丸
クリラボ 丸 二重丸 丸
リナビス 丸 二重丸 二重丸
せんたく便 丸 丸 二重丸
白洋舎 らくらく宅配便 丸 丸 丸
デリウォッシュ 丸 三角 丸
クリーニングラボ 三角 丸 丸
クリコム 二重丸 二重丸 丸
美服パック 三角 丸 丸
ココデカウ 丸 丸 三角

この比較表で見てみると、評価が高い業者とあまり評価が良くない業者が一目瞭然ですね。

次からは、特に評判が良かった3つのお宅へグリーニング業者の特徴やメリットをご紹介していきます。

ブラウスの宅配クリーニングおすすめ業者ランキング!

料金がわかりやすい
クリーニングの質が高い
汗ぬき加工などのサービスが充実

1位:リネット

リネット
ポイント
  1. 1点ずつの料金設定で少量の依頼に最適
  2. 素材別、装飾品、丈の長さの料金がわかりやすく記載されている
  3. 一流のアパレルブランドに選ばれるほど品質が高い
  4. 撥水加工や花粉防止加工などが充実している
  5. プレミアム会員は最短2日で受け取れる
CHECK
リネットは、1点ずつのクリーニング料金や素材別、装飾品別に細かく料金が記載されており、クリーニング料金が分かりやすい業者です。プレミアム会員になると、プレミアム加工や送料無料など、充実したサービスを受けられます。
リネットの評価
料金がわかりやすい
(5.0)
クリーニングの質が高い
(5.0)
汗ぬき加工などのサービスが充実
(4.5)
総合評価
(5.0)

2位:リナビス

リナビス
ポイント
  1. 衣類に合わせた20種類の洗浄方法がある
  2. シミ抜きや送料、ボタン修理など8つのサービスが無料
  3. 自然乾燥で生地への負担を減らす
  4. 撥水加工や抗菌・消臭加工などなオプションが充実
  5. 最大9ヶ月無料の保管サービスがついている
CHECK
リナビスは、熟練の職人による見極めや技により、質が高いクリーニングを提供している業者です。衣類や素材に合わせて、20種類の中からふさわしい洗浄方法を選んでクリーニングしてくれます。シミ抜きや送料、再仕上げなどの無料サービスも充実しています。
リナビスの評価
料金がわかりやすい
(5.0)
クリーニングの質が高い
(4.5)
汗ぬき加工などのサービスが充実
(4.5)
総合評価
(4.5)

3位:クリコム

ポイント
  1. 完全個別洗いで衛生管理が行き届いている
  2. ハンドアイロン仕上げで購入時と同じような仕上がり
  3. 汗抜きや防臭などの加工メニューが充実
  4. 単品料金制で少量の依頼におすすめ
  5. こだわりの洗剤で汗も臭いもしっかり落とす
CHECK
クリコムは、汗抜きや防臭加工などオプションメニューが充実している業者です。また、完全な個別洗いと職人によるハンドプレス仕上げが自慢で、質が高いクリーニングが評価されています。単品制の料金システムなので少ない依頼に最適です。
クリコムの評価
料金がわかりやすい
(4.5)
クリーニングの質が高い
(4.5)
汗ぬき加工などのサービスが充実
(4.5)
総合評価
(4.5)

ブラウスの宅配クリーニング業者の料金相場!

ブラウスの洗濯を宅配クリーニング業者に依頼するときのクリーニング料金の相場を分析していきます。

先ほどご紹介した3つの宅配クリーニング業者の料金から、料金相場を見ていきましょう。

料金
リネット ブラウス550円〜
リナビス 5点 7,800円、10点 10,800円、20点 18,800円
クリコム ブラウス 基本600円~
デラックス仕上げ1200円〜 

ブラウスの宅配クリーニング料金を3社で比較してみると、料金相場は600円〜1200円程度になりました。

素材や加工、丈の長さによるオプション料金によっても相場が変わるので、追加したいメニューの確認をした上で依頼前に大体の予算を知っておくと良いでしょう。

ブラウスを洗濯するコツ!宅配クリーニングと比較すると?

素材によっては、家でも洗濯できるブラウスがありますが、上質素材のブラウスは家で洗濯ができなかったり、洗濯方法が難しかったりします。

ここで、ブラウスを洗濯するときのコツと宅配クリーニングとの比較をしていきます。

色移りしないブラウスの洗濯のポイント

ブラウスの洗濯で心配されるのが、色移りではないでしょうか。

他の洗濯物に、ブラウスの色が移ってしまうと、なかなか取れなくて大変です。

ここで、ブラウスの色移りを防ぐ3つのポイントをご紹介します。

色別に洗濯ものを分ける

理想は、ブラウス1着のみでの洗濯ですが、いくつかの洗濯物を一緒に回したいときは、色別に分けましょう。

濃い色の衣類と薄い色の衣類を分けて洗濯することで、色移りを防ぐことができます。

洗濯ネットを使用する

洗濯ネットにブラウスを入れて洗濯をすると、ブラウスの色が他の衣類につきにくくなります。

色別に衣類を分けずに洗濯したい場合は、洗濯ネットの使用をおすすめします。

また、ボタンのトレイやほつれ等も防止できるので、洗濯ネットはかなり役立ちます。

脱水後はなるべく早く干

脱水後に、ブラウスと他の衣類がくっついたままで放置しておくと、色移りする恐れがあります。

脱水が終わったら、すぐにたたんで干すことで、色移りだけではなくシワも防止できます。

ブラウスの洗濯マークの見方

ブラウスの洗濯に入る前に、洗濯マークの確認をしましょう。

洗濯マークには、家での洗濯方法や選択するときのルールなどが表示されています。
中には、家で洗えないものもあるので、必ずチェックしておきましょう。

ブラウスの洗濯マークには、次のようなものがあります。

  • 洗面器のマーク
  • 家で洗濯が可能。手洗いでも洗濯機でもOK。

  • 洗面器に手が書かれているマーク
  • 洗濯機の手洗いモードか、手洗いが可能。

  • 洗面器に数字が書かれているマーク
  • 例えば、30と言う数字が書かれていた場合は、30度までのぬるま湯で洗濯可能。

  • ×印が付いているマーク
  • 家での洗濯が不可。クリーニング業者ならOK。

残念ながら、×印が付いているマークがある場合は家で洗えないので、宅配クリーニング業者やクリーニング業者に依頼しましょう。

ブラウスの正しい洗濯方法

ブラウスの正しい洗濯方法は、洗濯マークの表示によって変わります。
それぞれの洗濯方法を説明します。

洗濯機マークがあるブラウス

洗濯機マークがついたブラウスは、次の手順で洗濯していきましょう。

  1. ブラウスを裏返しにしてから軽くたたみ、洗濯ネットに入れます。
  2. 洗濯機の弱洗いモードを洗濯したら、スタートボタンを押します。水張りが終わったら、おしゃれ着用洗剤を溶かします。
  3. 洗濯機の洗いとすすぎが終わった時点で一度ストップし、脱水を30秒にセットして、脱水が終わったら素早く取り出して、シワを伸ばします。

手洗いマークがあるブラウス

手洗いマークが付いているブラウスの洗い方は、次の通りです。

  1. 洗面器に水かぬるま湯(洗濯マークに数字がある場合は、その数字の水温)を入れて、おしゃれ着用洗剤を溶かします。
  2. ブラウスを洗面器の中に入れて、手洗いをします。手洗いの方法は、アコーディオンを弾くように、優しく横に広げたり中央に寄せたりしましょう。
  3. 洗面器の水かぬるま湯を入れ替えて、すすぎ洗いをします。洗剤がなくなるまで、何度も水かぬるま湯を入れ替えて、すすぎ洗いをします。
  4. 洗濯ネットにブラウスを入れて、洗濯機で脱水を30秒行います。
  5. 脱水が終わったら、素早くブラウスを取り出してから、シワを伸ばします。

シワにならないブラウスの干し方

ブラウスを干し方で、シワの有無が決まります。
シワができてもアイロンをかければ元通りになりますが、手間がかかりますね。
できれば、シワができない干し方でアイロンの手間を省きたいものです。

シワを防止するブラウスの干し方は、次のとおりです。

  1. 脱水状態からブラウスを取り出したら、肩の部分を持って振りさばき、シワを伸ばします。
  2. ハンガーにかけてから、シワ取りのスプレーをかけます。特に、型崩れしやすい襟や前身ごろなどに重点的にスプレーしましょう。
  3. 風通しの良い日陰に干しておきます。

このようにブラウスは、簡単に洗濯できそうな衣類ですが、実は違います。

素材の違いだけではなく、プリーツやフリルなどの装飾がある場合は、もっと洗濯が難しいです。

宅配クリーニング業者に依頼すれば、安い料金で上質なクリーニングを提供してくれるので、どんなブラウスでも購入時と同じような真新しい状態に戻ります。

良い宅配クリーニング業者を依頼するほどに、納得できる仕上がりが期待できるので、ブラウスを長持ちさせるためにも宅配クリーニング業者への依頼をおすすめします。

ブラウスの宅配クリーニングのQA!

ブラウスにビーズが付いているのですが、クリーニングしてもらえるのでしょうか?

ビーズがついていてもクリーニングは可能なところが多いです。ただ、素材別のオプション料金が発生することもあり、料金が少し高くなるかもしれません。

ブラウスの丈が長いのですが、クリーニング料金は高くなりますか?

業者によっては高くなるところもあり、ワンピースと同じ位の料金になることもあります。

クリーニング後、すぐにブラウスの確認をしたら、レースがほつれていました。何か対処はしてもらえるのでしょうか?

各業者の賠償基準に従って、対応となります。

ブラウスにシミが付いています。シミ抜きはオプションメニューですか?

シミ抜きサービスは無料で提供しているところが多くなりますが、落ちない場合もあります。

プラスのボタンが取れかけています。ボタンの修理は依頼できますか?

可能なところが多いですが、ボタンの修理はクリーニング前に、状態を確認して行います。