防虫・防カビ加工可能でおすすめの宅配クリーニング業者ランキング!

ちゃんとお手入れをしている衣類だから、虫やカビがつくわけがない!と思い込むのは危険です。

湿気が多い季節は特に注意が必要で、保管スペースの環境を整えなければ、衣類の状態によっては虫やカビが発生する恐れがあります。

しかし、クリーニングの際に防虫・防カビ加工をしておけば、安心です。

中でも、リーズナブルで利便性が高い宅配クリーニング業者の防虫・防カビ加工がオススメです。

年々増え続けている宅配クリーニング業者では、防虫・防カビ加工をはじめ、様々なオプションメニューが用意されています。

お気に入りの衣類が虫やカビにやられてしまう前に、宅配クリーニングの防虫・防カビ加工で対策しませんか?

今回は、防虫・防カビ加工可能な宅配クリーニング業者選びのコツや防虫・防カビ加工サービスのメリットやデメリットをご紹介します。

防虫・防カビ加工可能な宅配クリーニング業者選びのポイント!

防虫・防カビ対策の定番といえば、市販の防虫・防カビカバー等の使用です。

衣類の保管の際に、防虫・防カビカバーをしておくことで、虫やカビが防げると言われています。

しかし、宅配クリーニング業者の防虫・防カビ加工は、カバーではなくいるのにそのものに加工を施すので、威力が違います。

パーフェクトな対策をするのであれば、宅配クリーニング業者の防虫・防カビ加工がおすすめです。

防虫・防カビ加工可能な宅配クリーニング業者を選ぶときは、次の3つのポイントを重視しましょう。

  1. 防虫・防カビ加工が可能な業者
  2. 防虫・防カビ加工の料金が安い業者
  3. 洗濯の質と料金のバランスが良い業者

防虫・防カビ加工可能な宅配クリーニング業者を選ぶときは、まず、防虫・防カビ加工のメニューがあるかを確認しましょう。

その上で、防虫・防カビ加工の料金が安く、洗濯の質も良い業者を選ぶと、安心して依頼することができます。

それでは、それぞれのポイントを詳しく説明していきます。

防虫・防カビ加工が可能

ほとんどの宅配クリーニング業者では、防虫・防カビ加工のメニューが用意されていますが、稀にサービスがないこともあります。

まずは、人気の宅配クリーニング業者の中から防虫・防カビ加工メニューを扱っている業者を選び出しましょう。

宅配クリーニング業者の防虫・防カビ加工メニューの有無は、次のように確認するとスムーズです。

防虫・防カビ加工メニューの確かめ方
  1. オプション加工メニューで確認する
  2. 無料サービスメニューの内容を確認する
  3. 依頼したい衣類のクリーニング料金の項目を確認する

ほとんどの業者では、有料で防虫・防カビ加工を受け付けているので、まずはオプション加工メニューの項目を確認しましょう。

中には、無料サービスで提供している業者もあるので、オプション加工メニューの中になければ、無料サービスの内容を確認しましょう。

オプション加工メニューや無料サービスの項目に表示が見当たらなければ、念のために、日本的なクリーニング料金か、衣類ごとのクリーニング料金の項目を確認してみましょう。

この3点をチェックして、表示がなければ、防虫・防カビ加工サービスは行っていない可能性が高いです。

防虫・防カビ加工の料金が安い

防虫・防カビ加工が有料の場合は、なるべく安い料金の業者を選んでおくことで、無理なく利用し続けることができます。

有料の防虫・防カビ加工の料金相場は、1着につき300円程度です。

または、複数パックのコースに数千円がプラスされている料金システムもあります。

防虫・防カビ加工可能な宅配クリーニング業者をピックアップしたら、その中でもできるだけ料金が安い業者を選び出しましょう。

市販の防虫・防カビ加工カバーなどを購入すれば、家でも簡単に対策ができるからこそ、宅配クリーニング業者の有料サービスを利用するのに、抵抗を感じる人がいるかもしれません。

しかし、市販の防虫・防カビ加工カバーなどと宅配クリーニング業者の防虫・防カビ加工の実は全く違い、宅配クリーニング業者の方が上質です。

衣類を長持ちさせられることを考えると、決して高い料金ではないので、あまりケチりすぎないようにしながら、できるだけ安い料金の業者を選ぶと良いでしょう。

洗濯の質と料金のバランスが良い

防虫・防カビ加工可能な業者をピックアップしたら、さらに洗濯の質と料金のバランスの良さを見極めることです。

防虫・防カビ加工料金はオプション料金になるため、基本的なクリーニング料金が発生します。

料金が安くても洗濯の質が悪ければ、安心して依頼できませんね。

また、防虫・防カビ加工も依頼するとなると、洗濯の質と同様に防虫・防カビ加工の質も気になるはずです。

洗濯の質と料金のバランスの確認方法は、次のとおりです。

洗濯の質と料金のバランス確認の3ステップ
1. 宅配クリーニング業者のクリーニング過程を確かめて、良い業者をピックアップ
2.選んだ宅配クリーニング業者の料金システムと一点あたりのクリーニング料金を割り出す
3.1点あたりのクリーニング料金が安く、無料サービスも充実している業者を選ぶ

宅配クリーニング業者の料金形態には、単品制とパック制があり、単品制は1点ずつ、パック制は5点や10点などの点数ごとに料金が設定されているので、依頼点数に合わせた料金形態を選んでから、1点あたりのクリーニング料金を分析しましょう。

防虫・防カビ加工可能な宅配クリーニング業者を比較!

防虫・防カビ加工可能な宅配クリーニング業者選びのポイントをご紹介したところで、そのポイントをもとに人気の業者を比較してみます。

【防虫・防カビ加工が可能】 【防虫・防カビ加工の料金が安い】 【洗濯の質と料金のバランスが良い】
リネット 二重丸 二重丸 二重丸
クリラボ 丸 丸 丸
リナビス 三角 三角 二重丸
せんたく便 二重丸 丸 二重丸
白洋舎 らくらく宅配便 丸 三角 二重丸
デリウォッシュ バツ バツ 三角
クリーニングラボ バツ バツ 三角
クリコム 三角 三角 丸
美服パック 三角 三角 丸
ココデカウ バツ バツ 三角

このように比較表で一覧してみると、3つのポイントが揃っている業者は意外に少ないです。

それぞれの宅配クリーニング業者の公式サイトをただ見比べているだけでは、確実な比較が難しいので、ぜひこの比較表を参考にしていただけるとうれしいです。

それでは次からは、この比較表の中でも評価が高かった3つの宅配クリーニング業者の特徴を詳しくお話ししていきます。

防虫・防カビ加工可能な宅配クリーニングおすすめ業者ランキング!

1位:せんたく便


ポイント
  1. 防虫・防カビ加工は10パック+4,000円、5パック+2,000円
  2. 詰め放題プランによっては1点あたり700円程度になる
  3. 高級クリーニングが得意で仕上がりの質が高い
  4. 送料やシミ抜き、再仕上げが無料
  5. 撥水加工や花粉防止加工などのオプションが充実
CHECK
せんたく便は10パック+4,000円、5パック+2,000円で防虫・防カビ加工を提供している業者です。基本的なクリーニング料金も、まとめて依頼することに安くなり、最安値では1点あたり700円程度になります。高級クリーニングが得意で、送料やシミ抜き、再仕上げなどの無料サービスも充実しています。
せんたく便の評価
防虫・防カビ加工が可能
(5.0)
防虫・防カビ加工の料金が安い
(5.0)
洗濯の質と料金のバランスが良い
(5.0)
総合評価
(5.0)

2位:リネット

リネット
ポイント
  1. 防虫・防カビ加工は1着400円〜注文可能で納期は1週間
  2. 単品制の料金システムでクリーニング代がわかりやすい
  3. プレミアム会員なら1着1400円〜最大8ヶ月の保管サービス利用可能
  4. 一流のアパレルブランドに選ばれるほど品質が高い
  5. シミ抜き無料で撥水加工はオプションで600円
CHECK
リネットは、一流のアパレルブランドに選ばれるほど品質が高いクリーニングで、単品制の料金システムにより、少量の依頼に最適な業者です。シミ抜きなどの無料サービスが充実しており、防虫・防カビ加工は1着400円〜で、納期は1週間と明確に記載されています。
リネットの評価
防虫・防カビ加工が可能
(5.0)
防虫・防カビ加工の料金が安い
(4.5)
洗濯の質と料金のバランスが良い
(5.0)
総合評価
(4.5)

3位:白洋舎 らくらく宅配便


ポイント
  1. 衣類1着に対して防虫・防カビ加工の注文可能
  2. 高級ブランドや素材別クリーニングに対応
  3. 高級ブランドクリーニングにて無料ボタン修繕を受付
  4. 日本で初めてドライクリーニングを導入した老舗業者
  5. 集配サービスありで注文しやすい
CHECK
白洋舎 らくらく宅配便は、高級ブランドや素材別クリーニングに対応しており、無料でボタン修繕も受け付けている業者です。日本で初めてドライクリーニングを導入した老舗業者でもあり、たくさんの洗浄方法を持って満足度の高い仕上がりを提供してくれます。
白洋舎 らくらく宅配便の評価
防虫・防カビ加工が可能
(5.0)
防虫・防カビ加工の料金が安い
(4.5)
洗濯の質と料金のバランスが良い
(4.5)
総合評価
(4.5)

防虫・防カビ加工可能サービスのメリット・デメリット!

大切な衣類を虫やカビから守ってくれる防虫・防カビ加工には、メリットもありますがデメリットもあります。

ここで、防虫・防カビ加工の特徴を知るためにも、メリットとデメリットをそれぞれに解説します。

防虫・防カビ加工サービスのメリット

防虫・防カビ加工サービスのメリットは、3つあります。

  • 虫食いを防げる
  • カビの繁殖を抑えられる
  • 保管に気を使い過ぎなくていい

それぞれのメリットを説明していきます。

虫食いを防げる

衣類の保管の際に、防虫剤などを入れていても、虫がつくことがあります。

衣類に虫がつくと、虫食いと言う現象が起こります。

虫食いとは、衣類に発生した害虫の幼虫が生地を食べることで起こります。

虫が衣類の生地を食べるので、食べた部分に穴が空いてしまうのですね。

衣類についた害虫の幼虫は、外から入ってきた成虫が衣類に卵を産むことで発生します。

幼虫から成虫に成長する段階で、餌が必要なため、衣類の生地を食べるのですね。

だからこそ、宅配クリーニングの防虫・防カビ加工サービスがおすすめなのです。

防虫剤は、衣類に添えて使用するものであり、衣類自体に加工を施こすものではありません。

宅配クリーニングの防虫・防カビ加工サービスを利用せずに、家で虫食いを防止するためには、次のような対策をしなければいけません。

対策方法
  • クローゼットやタンスの中を気温15度以下に保ち、30度を超えないようにする
  • 湿度は60%以下を保ち、風通しを良くする
  • ほこりや糸くずなどが出ないように常に清掃しておく

この3つの対策を続けるのは、意外に大変です。

特に、気温や湿度を管理するのが難しいので、特にお気に入りの衣類には、宅配クリーニングの防虫・防カビ加工がおすすめなのです。

カビの繁殖を抑えられる

タンスやクローゼットの中の気温や湿度をしっかり管理しておかなければ、虫ではなくカビが発生する恐れもあります。

カビが発生する環境は、次の通りです。

  • 気温20度以上
  • 湿度70%以上
  • ほこりや糸くずがたくさんある

さらに風通しを良くしなければ、梅雨などの湿気が高い季節は、カビが発生しやすいです。

だから、宅配クリーニング業者の防虫・防カビ加工がおすすめなのですね。

注意
衣類につくカビには、白カビと黒カビがあります。白カビは綿のような白い状態の上で、黒カビは、衣類の繊維の深いところまで入り込んでいるカビです。黒カビの方が取りにくく、宅配クリーニング業者のカビ取りを依頼しても、状態によっては断られるケースがあるので、早めの対策がおすすめです。

保管に気を使い過ぎなくていい

虫やカビを防ぐために、常に保管スペースの環境を良い状態に保つのは、難しい上に手間がかかります。

常に気をつかっていなければいけないので、それなりに気苦労もあります。

宅配クリーニングの防虫・防カビ加工をせずに、市販の防虫剤などで対策する場合は、気温と湿度を保つほかに、次のようなお手入れと管理をする必要があります。

お手入れ方法
  • 保管スペースの清掃をする
    クローゼットやタンスの中にほこりや糸くずなどがたまらないように、定期的に掃除をする必要があります。
    害虫にとってほこりや糸くずは餌なので、クローゼットやタンスの中が糸くずなどで汚れていると、害虫が寄りやすくなります。
  • 洗濯後はしっかり衣類を乾かす
    最近は、部屋干し用の洗剤が販売されるほど、部屋干し派の人が増えているようです。

    除湿機などを使えば、部屋干しでもしっかり乾燥できますが、半乾き状態で収納すると、虫やカビが発生しやすくなるので要注意です。

    天日干しや陰干しであっても、必ずしっかり乾燥させてから収納しなければ、湿度が高くなり、虫やカビの発生のリスクが高まります。

    乾燥方法に関係なく、防虫・防カビのためにはしっかり乾かすようにしなければいけません。

  • 洗濯していない衣類にはアイロンをかける

    着用頻度が少ないため、洗濯をせずに収納する衣類には、汗や湿気が含まれている可能性が高いです。

    そのため、アイロンがけをしてから収納しなければ、長期保管の場合は虫やカビが発生する恐れがあります。

  • 天気が良い日に衣替えをする
    衣替えをするときは、湿度が低くて天気が良い日を選ぶ必要があります。

    湿度が高い梅雨や雨の日に衣替えをすると、衣類に湿気が含んだ状態で保管してしまう恐れがあります。

    防虫・防カビのためには、湿度が低くて天気が良い日に衣替えをするのがおすすめです。

このように、宅配クリーニングで防虫・防カビ加工もせずに対策をするためには、かなりの手間がかかります。

だからこそ、宅配クリーニングの防虫・防カビ加工サービスには、メリットがいっぱいなのですね。

防虫・防カビ加工サービスのデメリット

防虫・防カビ加工サービスのデメリットは、2つあります。

  • 料金がかかる
  • 納期が長くなる

それぞれのデメリットを説明していきます。

料金がかかる

宅配クリーニング業者の防虫・防カビ加工サービスは、ほとんどの場合、有料でのサービスになるので、料金がかかります。

防虫・防カビ加工サービスの料金相場は、1着につき300円程度です。

これまでに、市販の防虫・防カビアイテムで対策をしてきた人にとっては、かなりの出費のように思えますが、結果的にはそうではありません。

それは、市販の防虫・防カビアイテム使用よりも、宅配クリーニング業者の防虫・防カビ加工サービスの方が、断然効果が高く、持続性もあるからです。

市販の防虫剤は、クローゼットやタンスの中に入れておくことでガス化で充満することにより、防虫対策をしてくれます。

それによって、十分な対策が出来るように思いますが、クローゼットやタンスを開閉することで効果が薄れます。

しかし、宅配クリーニング業者の防虫・防カビ加工は、衣類自体に施す加工なので、クローゼットやタンスの開閉に関係なく効果が持続します。

少し費用がかかったとしても、効果や持続性の面で考えると、宅配クリーニング業者の防虫・防カビ加工での対策がおすすめです。

納期が長くなる

防虫・防カビ加工をオプションで追加すると、通常の納期よりも長くなるケースがあります。

衣類の素材や形状によって納期が左右されることもあるので、急ぎの場合は、前もって納期を確認しておくとよいでしょう。

防虫・防カビ加工可能の宅配クリーニングのQA!

既に虫食いにあっている衣類は、元には戻せませんか?

既に被害に遭っている衣類のケアの受付は、宅配クリーニング業者では行っていません。

ロングコートの防虫・防カビ加工も依頼できますか?

かなりデリケートな素材のロングコートでない限り、依頼はできます。ただし、大きいコートであれば、料金と時間が追加される恐れがあります。

市販の防虫剤などで虫がついたことがないのですが、やっぱり宅配クリーニングの防虫・防カビ加工を利用した方がいいでしょうか?

必ず利用しなければいけないわけではないですが、利用した方が衣類が長持ちします。

防虫・防カビ加工を依頼すると、かなり納期が長くなりますか?

業者や衣類によって違うので、一度問い合わせてみてください。

宅配クリーニングの防虫・防カビ加工は、無料で行われていないのですか?

ほとんどの業者が有料で受け付けています。