汗抜き加工可能でおすすめの宅配クリーニング業者ランキング!

ちゃんと洗濯しているのに、スーツやワイシャツが汗臭いのは、汗が染み込んでいるからかもしれません。

ドライクリーニングや家での洗濯では、汗が落とし切れない可能性があります。

特に、汗をかきやすい人は要注意です。

そこでおすすめなのが、宅配クリーニングの汗抜き加工です。

クリーニングにはドライクリーニングとウェットクリーニングがあります。

汗をしっかり落とせるのは、ウェットクリーニングであり、宅配クリーニング業者ではウェットクリーニングのことを汗抜き加工と言っています。

今回は、汗抜き加工可能な宅配クリーニング業者選びのコツや、汗抜き加工サービスのメリットとデメリットについてお話ししていきます。

汗抜き加工可能な宅配クリーニング業者選びのポイント!

ドライクリーニングは油性の溶剤を使って洗濯をするので、皮脂や油などの油性の汚れを落とすのに最適です。

一方、ウェットクリーニングは、水洗いで行われるクリーニング方法で、汗などの水性の汚れを落とすのが得意です。

つまり、汗抜き加工はウェットクリーニングで行われるため、生地に染み込んだ汗をしっかり落とすことができるのです。

ほとんどの宅配クリーニング業者では、汗抜き加工をオプションで受け付けています。

汗抜き加工可能な高いクリーニング業者ポイントは、3つあります。

  1. 洗濯の質が高い業者
  2. 納期が早い業者
  3. 汗抜き加工料金が安い業者

汗抜き加工は、衣類に染み込んだ汗をしっかり落としてくれる洗濯の質が高い宅配クリーニング業者に依頼するべきです。
また、汗抜き加工をオプションで追加すると納期が伸びる恐れがあるので、なるべくスピーディーに仕上げてくれる業者を選ぶことです。

さらに、汗抜き加工の料金が安いと、これからも快適に利用できます。

それぞれのポイントを詳しく説明していきます。

洗濯の質が高い

口コミを見てみると、どこの宅配クリーニング業者も洗濯の質の高さが評価されています。

クリーニング業者である限り、洗濯やプレスの質は一定の水準を保っていて当然ですが、細かく比べてみると、微妙に洗濯の質に違いがあります。

また、どこの宅配クリーニング業者も同じように思えますが、公式サイトをチェックしてみると、洗濯へのこだわりに違いがあることに気づくはずです。

生地に染み込んだ汗をすっきり落とすためには、洗濯の質が高い業者を選ぶべきです。

各業者の洗濯の質を見極めるためには、次の点をチェックすることです。

  • 洗濯方法について記載されているか
  • 洗濯方法の種類が多いか
  • どんなスタッフが洗濯をしているのか(有資格者や実績)

できるだけ詳しく洗濯方法が記載されており、洗濯方法の種類が多い業者なら間違いないです。

さらに、有資格者や実績があるスタッフが洗濯に携わっている宅配クリーニング業者を選べば、高品質な洗濯が期待できます。

納期が早い

ほとんどの宅配クリーニング業者の公式サイトには、記載されていますが、書き方があいまいで分かりづらい業者が多いです。

しかし、その中でもわかりやすく納期を記載しており、なおかつ早い業者を選ぶと、汗抜き加工を頼んでも納期が早い宅配クリーニング業者を選び出すことができます。

よくある納期の記載方法は、次の3つです。

  • 最短◯日
    1番多いのが「最短◯日」の記載です。
    これは、一番短い日数が◯日と言う意味です。
  • ◯日以内
    これは、最長で◯日かかりますと言う意味の表記です。
    7日なら、最長でも1週間以内にはお届けできると言う意味になります。
  • ◯日後~
    これは、最低でも◯日はかかると言う意味の表示です。
    3日であれば、早い仕上がりでも3日は必要だと言う意味になります。

この中で1番わかりにくいのが、「◯日〜」の記載です。

依頼するアイテムによっても納期の延長や分かりにくい場合があるので、できるだけ早い納期を望んでいるのなら、前もって業者に確認しておきましょう。

注意
パック料金制で宅配クリーニングを依頼した場合は、依頼した衣類によって納期が長くなることがあります。パック料金制の場合は、まとめて返送しなければいけないので1点でも納期が遅れると、すべての衣類の納期が遅れてしまうからです。そのため、パック料金制での依頼で、その中の1着だけでも汗抜き加工を注文する場合は、特に納期に気をつけておくべきです。

汗抜き加工料金が安い

汗抜き加工料金の相場は500円〜1000円程度です。

業者によって料金設定が違うので、依頼前に必ず汗抜き加工料金を確かめましょう。

汗抜き加工料金は、オプションメニューの項目に掲載されています。

1着に対していくらの加工料金がかかるのかが記載されているので、確かめてからピックアップした業者で比較してみましょう。

できるだけ、汗抜き加工料金が安い業者を選んだ方が、これからもリーズナブルな料金で快適に利用できます。

汗抜き加工可能な宅配クリーニング業者を比較!

汗抜き加工可能な宅配クリーニング業者の選び方のポイントを説明したところで、そのポイントをもとに人気の宅配クリーニング業者を比較していきたいと思います。

【洗濯の質】 【納期が早い】 【オプション料金が安い】
リネット 二重丸 丸 丸
クリラボ 丸 丸 丸
リナビス 二重丸 二重丸 丸
せんたく便 二重丸 丸 丸
白洋舎 らくらく宅配便 二重丸 三角 丸
デリウォッシュ 三角 丸 三角
クリーニングラボ 丸 丸 三角
クリコム 丸 丸 丸
美服パック 丸 丸 丸
ココデカウ 三角 三角 三角

このように一覧表にして比較してみると、3つのポイントを押さえている業者が少ないことに気づくはずです。

それぞれの業者の公式サイトを見ている限りでは、どこも同じように見えますが、ポイントを絞って比較していくと、これだけ差があるのです。

それでは、この中でも評価が高かった3つの宅配クリーニング業者の特徴やメリットを詳しくお話ししていきます。

汗抜き加工可能な宅配クリーニングおすすめ業者ランキング!

1位:リナビス

リナビス
ポイント
  1. 1点500円〜の汗抜き加工オプションあり
  2. 生地への負担を減らす自然乾燥方法などのこだわりがある
  3. 最大9ヶ月無料の保管サービスがついている
  4. パック料金制なので依頼点数が多いほど安くなる
  5. シミ抜きや再仕上げ、ボタン修理などの無料サービスが充実
CHECK
リナビスは、1着につき500円で汗抜き加工を受け付けている業者です。洗濯の質の高く評価されており、生地への負担を減らす自然乾燥方法などのこだわりを思っています。パック料金制なので依頼点数が多いほど安くなり、シミ抜きや再仕上げ、ボタン修理などの無料サービスが充実しているため、リーズナブルな料金で質の高いクリーニングを利用できます。
リナビスの評価
洗濯の質
(5.0)
納期が早い
(4.5)
汗抜き加工料金が安い
(5.0)
総合評価
(5.0)

2位:リネット

リネット
ポイント
  1. 汗抜き加工は1着につき+1000円で納期は7日後~
  2. ドライ+水洗いの2度洗いの汗抜き加工あり
  3. 単品制の料金システムでクリーニング代がわかりやすい
  4. プレミアム会員なら1着1400円〜最大8ヶ月の保管サービス利用可能
  5. 一流のアパレルブランドに選ばれるほど品質が高い
CHECK
リネットは、単品制の料金システムでクリーニング代がわかりやすく、一流のアパレルブランドに選ばれるほどの品質の高さが評価されている業者です。プレミアム会員なら1着1400円〜最大8ヶ月の保管サービス利用可能で、汗抜き加工は1着につき+1000円で利用できます。ドライ+水洗いの2度洗いの汗抜き加工で、油性の汚れも水性の汚れもしっかり落とせます。
リネットの評価
洗濯の質
(5.0)
納期が早い
(4.5)
汗抜き加工料金が安い
(4.5)
総合評価
(4.5)

3位:せんたく便


ポイント
  1. 集荷またはコンビニ持ち込みの宅配で楽々クリーニング依頼
  2. 衣類に合わせた洗浄方法を提供している
  3. 高級クリーニングが得意で仕上がりの質が高い
  4. 送料やシミ抜き、再仕上げが無料
  5. 汗抜き加工や花粉防止加工などのオプションが充実
CHECK
せんたく便は、集荷またはコンビニ持ち込みの宅配で利便性が高いクリーニング業者です。衣類に合わせた洗浄方法でしっかりと洗い上げ、汗抜き加工や花粉防止加工などのオプションメニューも充実しています。送料やシミ抜き、再仕上げが無料で利用しやすいと評判です。
せんたく便の評価
洗濯の質
(5.0)
納期が早い
(4.5)
汗抜き加工料金が安い
(4.5)
総合評価
(4.5)

汗抜き加工サービスのメリット・デメリット!

汗抜き加工サービスには、汗のシミや臭いを防止するメリットがありますが、わずかなデメリットもあります。

ここで、汗抜き加工サービスのメリットとデメリットをお話ししていきます。

汗抜き加工サービスのメリット

汗抜き加工サービスのメリットは、3つあります。

  • 黄ばみを防げる
  • 臭いを防げる
  • 防虫・防カビ対策ができる

黄ばみを防げる

衣類の生地に汗が染み込んで時間が経つと、汗が酸化して黄ばんできます。

いちど黄ばみがついてしまうと、クリーニングに出してもなかなか汚れが落ちないので、早めの対策が必要です。

その対策として、汗抜き加工が役立つのですね。

毎日家で洗濯しているシャツでも、よく汗をかく箇所は、次第に黄ばんでくるケースもあります。

定期的に、宅配クリーニングで汗抜き加工をすることで、衣類の黄ばみを防ぐことができます。

臭いを防げる

毎日ちゃんと洗濯をしているのに衣類の汗が落ちていないのは、生地の繊維に汗や皮脂などが絡み付いているからです。

本格的な汗抜きをせずに、洗濯だけをしていると、雑菌が繁殖することで臭いが発生します。

ちゃんと洗ったつもりなのに、なんとなく汗臭いのは、雑菌が繁殖しているからです。

定期的に、宅配クリーニングで汗抜き加工することで、黄ばみだけではなく臭いの予防もできます。

防虫・防カビ対策ができる

しっかり汗を落とせていない衣類をクローゼットの中に保管しておくと、保管スペースの湿度や温度によって虫やカビが発生する恐れがあります。

清潔な場所に、虫やカビは発生しません。

衣類に汗や皮脂が染み込んでいるから、虫やカビが寄ってくるのです。

宅配クリーニングの汗抜き加工をすると、結果的に防虫や防カビの効果も得られます。

汗抜き加工サービスのデメリット

汗抜き加工サービスのデメリットは、3つあります。

  • 通常よりも時間がかかる
  • 頻度が高いと色落ちの可能性がある
  • 費用がかかる

通常よりも時間がかかる

通常のドライクリーニングと比較すると、汗抜き加工のウェットクリーニングは時間がかかります。

コートなどの大きな衣類になるとは、さらに時間がかかり、1週間ほどかかるケースもあります。

素材によっては汗抜き加工の技術が必要で、それだけ、時間も必要になります。

そのため、汗抜き加工を依頼する場合は、納期を長く見ておく必要があります。

頻度が高いと色落ちの可能性がある

汗抜き加工を何度もしてしまう、衣類によっては色落ちする可能性があります。

そのため、適切な頻度で汗抜き加工を行う必要があります。

洗濯の質が高い宅配クリーニング業者に依頼すれば、なるべく色落ちしない方法で汗抜き加工をしてくれます。

しかし、洗濯方法にあまりこだわりを持っていない業者に頼んでしまうと、色落ちしてしまう恐れがあるので、そういう意味でも業者選びに注意しましょう。

費用がかかる

汗抜き加工はオプションメニューなので、必ず料金が発生します。

料金の相場は、500円〜1000円程度で、衣類の素材等によってもさらに値上がりする可能性があります。

1着につき、発生する料金なので、撥水加工を施す衣類が増えるほどに費用がかさみます。

汗抜き加工可能の宅配クリーニングのQA!

汗抜き加工だけを依頼することができますか?

ほとんどの業者では、クリーニングとセットで汗抜き加工の注文ができるシステムになっています。

既に黄ばみがついているのですが、汗抜き加工で取れますか?

いちど吐いてしまった黄ばみは、汗抜き加工ではなく染み抜き加工での処理になります。黄ばみの度合いによっては、落ちないこともあります。

なぜ抜け加工を依頼した衣類が色あせしていました。こういう場合はどのような対処をしてもらえますか?

業者に申し出れば、賠償基準に基づいて適切な対処をしてもらえます。

どんな衣類でも、汗抜き加工ができるのでしょう?

業者によって汗抜き加工ができない衣類の基準が違います。公式サイトを確認するか、問い合わせてみるとよいでしょう。

汗抜き加工はどれくらいの頻度で頼めばいいですか?

衣類の着用頻度や、汗のかき具合によって違いますが、クリーニング3回に1回のペースで依頼するといいでしょう。