リビングの網戸を外さずに掃除できる簡単な方法とは・・・!

網戸の掃除ってついついサボりがちになってしまいますが、花粉やほこりが付着していると、換気をしているにも関わらず室内に汚れが舞い込んでしまいます。

外に出て網戸を外して洗剤をつけてなど、手間がかかってしまうイメージが強いのか、汚れたままなのはいけないのはわかっていてもつい掃除を敬遠してしまいがちです。

そこで今回は、網戸を外さなくてもできる簡単な網戸の掃除方法を紹介していくので、換気しても汚れが舞い込まないピカピカ網戸にしていきましょう。

網戸は外さずに簡単に掃除できる!必要な道具はコレ!

網戸を外さないで掃除なんてできるの!?」と疑ってしまう気持ちもわかりますが、簡単に掃除する方法では一切外さずに掃除をすることができます。

掃除をするまえに以下の必要な道具を揃えておきましょう。

網戸掃除に必要な道具
  • 毛が細いブラシ
  • フロアワイパー
  • メラミンスポンジ
  • 掃除機

毛が細いブラシはカー用品で販売されている洗車ブラシがおすすめです。

もし手元になければハケや歯ブラシでも代用できます。

フロアワイパーに関してはウェットタイプのシートを使うので用意しておきましょう。

掃除機に関しては網戸に使うときはブラシ付きのノズル、サッシの汚れを取るときは細いノズルを使用しますので用意しておいてください。

誰でも簡単!10分で終わる網戸の掃除方法!

では、本題である網戸の掃除方法について解説していきましょう。

簡単で誰でもできる掃除法なので、網戸が汚れているなと感じたらまずは一度ためしてみてください。

網戸の掃除方法その1:ブラシを使って汚れを落とす

まずは、網目に付着しているホコリ・塵・花粉といった汚れをあらかた落とすために、ブラシを使っていきましょう。

室内に汚れが入らないようにするため、窓は締め切っているか確認して外側からおこなっていきます。

方法は簡単で、ブラシを右から左といったように横に流しながら上から下まで順番に掃いていくだけです。

そうすることで大まかな軽い汚れは落ちるので掃除の効率がよくなります。

MEMO
せっかくブラシを使っているので、網戸だけではなくサッシや溝のホコリも取り除いておきましょう。

網戸の掃除方法その2:フロアワイパーで汚れを落とす

ブラシでの掃除が終わったら、次にフロアワイパーでさらに網戸の汚れを落としていきます。

フロアワイパーにウェットタイプのシートをつけて、上から下に掃除をしていきましょう。

順番は比較的汚れの少ない室内側から始めて、終わったら外側という流れです。

MEMO
掃除中はウェットタイプのシートをよく確認して、汚れがかなりついているようならその都度シートを交換したほうが汚れは落ちやすいです。

あまり力を入れすぎると網戸が壊れてしまうので、フロアワイパーの真ん中部分を持って優しく掃除をしていきましょう。

網戸の掃除方法その3:取り切れない汚れはメラミンスポンジでこする!

メラミンスポンジを使うと、網戸に張り付いている汚れを効率よく落とすことができます。

ただし、結構時間がかかってしまうことが多いので、メラミンスポンジで網戸をこする場合は時間に余裕があるときだけでいいでしょう。

メラミンスポンジを使うときは水につけて絞ってから使うようにしてください。

MEMO
サッシやこまかな部分の取りにくい汚れもメラミンスポンジを使えば簡単に落とせるので、徹底的にキレイにしたい場合にも活用するといいでしょう。

網戸の掃除方法その4:落ちたホコリを掃除機で吸い取る

ここまでくると汚れはほとんど取れているので、仕上げに掃除機を使って残りの汚れを吸い取っていきます。

網戸に汚れがある場合はブラシ付きのノズルを使いましょう。

特に網戸の下にホコリなどがポロポロと落ちていると思うので、吸い取りながらサッシの部分は細いノズルをうまく使ってキレイにしていきます。

これで網戸の掃除は完了です。

ラクカジちゃん

これで1つの網戸に10分もかからないから、リビングの網戸はパパっと掃除できちゃうね!

網戸掃除をするタイミングは「風のないくもりの日」がベスト!

網戸掃除をしようと決めたときにするのが一番のタイミングかもしれませんが、できれば「風のないくもりの日」に掃除をするのがいいでしょう。

風が強いと外のホコリや塵、花粉が舞ってしまうので、掃除をしてもすぐに汚れが付着してしまい効率が悪いです。

くもりの日は湿気が多いために空気中に汚れが散布せず、汚れが落としやすいというのが理由としてあげられます。

ラクカジちゃん

くもりではなくても雨がふり終わった後も湿気が多いから掃除しやすいよ!

網戸掃除はどのぐらいの頻度でやる?3~4ヶ月に1回がベスト!

網戸掃除はどのぐらいの頻度でやればいいのか知りたい方もいるかもしれません。

正直、網戸掃除は住んでいる地域によって変わり、花粉が多くつきやすいところやコンクリートが多くホコリ・塵が舞いやすいところだとそれだけ掃除頻度は高くなります。

平均するとだいたい3~4ヶ月に1回網戸掃除をすればベストなのではないでしょうか。

ラクカジちゃん

網戸の汚れ具合をみて掃除する頻度を自分の中で決めておくのが一番だね!

網戸周りを徹底的にキレイにしたいならプロに依頼してみよう!

今回紹介したのは網戸周りを簡単に掃除する方法です。

かなり汚れがひどい場合は、今回の方法だけでは取り切れない可能性もあるでしょう。

そうなると、手間も労力も増えてきてしまうので正直めんどくさくなってしまいますよね。

そんなときは、プロの掃除屋さんに依頼してみるのもいい選択です。

ハウスクリーニング業者は窓・サッシのクリーニングに網戸の掃除も承っているところがあるので、気になる方は検討してみてもいいでしょう。

一度ハウスクリーニングで網戸周りをキレイにしてもらった後は、今回紹介した掃除方法でキレイな状態をキープする、というのが理想の形ですね。

当サイトではおすすめのハウスクリーニング業者をランキングにしているので、気になる方はぜひ以下の記事もチェックしてみてください。